17497件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2019-12-23 令和 元年12月定例会本会議−12月23日-06号

      財務部長      朝 妻   博    北区長       若 杉 俊 則      東区長       堀 内 貞 子    中央区長      渡 辺 東 一      江南区長      米 山 弘 一    秋葉区長      夏 目 久 義      南区長       渡 辺   稔    西区長       笠 原 明 夢      西蒲区長      鈴 木 浩 行    消防

仙台市議会 2019-12-20 令和元年第4回定例会〔 委員会審査報告書 〕 2019-12-20

─┼─────┤ │第145号議案│専決処分事項に関する件              │承  認 │ │       │ 令和元年度仙台市一般会計補正予算(第3号)   │     │ │       │  第1条 歳入歳出予算の補正中         │     │ │       │       歳入 全部             │     │ │       │       歳出 第8款 消防

仙台市議会 2019-12-20 令和元年第4回定例会(第7日目) 名簿 2019-12-20

藤 守 也     経済局長    遠 藤 和 夫   文化観光局長  天 野   元     都市整備局長  小 野 浩 一   建設局長    小 高   睦     青葉区長    加 藤 邦 治   宮城野区長   小 林   仁     若林区長    白 川 由利枝   太白区長    佐 藤 伸 治     泉 区 長   鈴 木   昭   会計管理者   中 塚 正 志     消防局長

堺市議会 2019-12-20 令和 元年第 6回定例会-12月20日-05号

 生   徹   財政局長     坂 本 隆 哉       市民人権局長   光 齋 かおり   文化観光局長   宮 前   誠       環境局長     池 田 浩 一   健康福祉局長   隅 野   巧       子ども青少年局長 岡 崎 尚 喜   産業振興局長   花 野 健 治       建築都市局長   窪 園 伸 一   建設局長     中 辻 益 治       消防局長

神戸市議会 2019-12-20 開催日:2019-12-20 令和元年大都市行財政制度に関する特別委員会 本文

先ほど申し上げました事務委託の場合ですと,委託してしまうと,例えば消防なら消防事務委託してしまうと,権限も含めて委託先の団体に移ってしまって,委託先の団体がその団体の名のもとに事務を執行するんですが,その代替執行の場合は,今の例でいきますと,消防の代替執行委託したとしても事務は移りませんで,別の団体が自分の団体の名前でその事務を執行してくれるという,あるいは執行してもらうという,そういう制度であります

仙台市議会 2019-12-18 総務財政委員会 審査順序表 2019-12-18

│       │       歳入 第18款 国庫支出金             │ │       │          第19款 県支出金              │ │       │          第22款 繰入金               │ │       │          第25款 市 債               │ │       │       歳出 第 8款 消防

川崎市議会 2019-12-18 令和 1年 第5回定例会−12月18日-09号

向坂光浩     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−  経済労働局長    中川耕二  環境局長      斉藤浩二  健康福祉局長    北 篤彦  こども未来局長   袖山洋一  まちづくり局長   岩田友利  建設緑政局長    奥澤 豊  港湾局長      北出徹也  臨海部国際戦略本部長            鈴木 毅  交通局長      邉見洋之  病院局長      田邊雅史  消防局長

仙台市議会 2019-12-17 令和元年第4回定例会(第6日目) 名簿 2019-12-17

藤 守 也     経済局長    遠 藤 和 夫   文化観光局長  天 野   元     都市整備局長  小 野 浩 一   建設局長    小 高   睦     青葉区長    加 藤 邦 治   宮城野区長   小 林   仁     若林区長    白 川 由利枝   太白区長    佐 藤 伸 治     泉 区 長   鈴 木   昭   会計管理者   中 塚 正 志     消防局長

川崎市議会 2019-12-17 令和 1年 第5回定例会-12月17日-08号

さらに、10月12日8時に消防局特別警防体制2号を発令し、消防局に消防警戒本部、各消防署に方面警戒本部を設置し、190名の増員と消防隊等24隊の増強を行うとともに、各消防団が消防団警戒本部等を設置し、多数の災害に対応するための体制としたところでございます。その後、23時に災害対策本部の設置にあわせ、警戒本部から指揮本部体制に移行したものでございます。

新潟市議会 2019-12-16 令和 元年12月16日市民厚生常任委員会-12月16日-01号

また,当然ですが,建築基準法消防法の規定を遵守した建物及び設備とすることが必要です。  住環境の整備としては,入居者定員は5人以上とすること,また炊事設備定員に適した浴室等の設備を設けるとともに,居室面積は1人当たり7.43平方メートル以上とすることとしています。これは4畳半に該当します。  

川崎市議会 2019-12-16 令和 1年 第5回定例会-12月16日-07号

◎市長(福田紀彦) 防災会議の委員についての御質問でございますが、防災会議は、災害対策基本法及び本市の防災会議条例に基づき、現在、指定地方行政機関神奈川県警察官教育長消防長及び消防団長、指定地方公共機関代表者、本市の職員、その他市長が防災上必要と認める者等、65名の委員で構成されております。

神戸市議会 2019-12-13 開催日:2019-12-13 令和元年外郭団体に関する特別委員会 本文

につきまして,施設の機能を転換して重度心身障害児の施設に整理しようということで取り組んでいるところでございまして,私どもとしてもできるだけ早く,スピード感を持ってオープンしていきたい,このように考えて事業に取り組んでいるところではございますが,御存じのとおり,現在の老人健康センターとして使ってた施設が,合築の施設となっている関係上,例えば,実施設計を行っていくときにも整備工事中の既存施設での方の避難計画とか消防計画

川崎市議会 2019-12-13 令和 1年 第5回定例会-12月13日-06号

管理事務所から受けた情報につきましては、危機管理室に連絡員として派遣されておりました職員を通じて、上下水道局消防局、各区の道路公園センター、危機管理担当に情報提供を行っているところでございます。以上でございます。 ○副議長(花輪孝一) 吉沢議員。 ◆11番(吉沢直美) ありがとうございました。

新潟市議会 2019-12-12 令和 元年12月定例会本会議-12月12日-05号

      財務部長      朝 妻   博    北区長       若 杉 俊 則      東区長       堀 内 貞 子    中央区長      渡 辺 東 一      江南区長      米 山 弘 一    秋葉区長      夏 目 久 義      南区長       渡 辺   稔    西区長       笠 原 明 夢      西蒲区長      鈴 木 浩 行    消防

川崎市議会 2019-12-12 令和 1年 第5回定例会−12月12日-05号

−−−−−−−−−−  経済労働局長    中川耕二  環境局長      斉藤浩二  健康福祉局長    北 篤彦  こども未来局長   袖山洋一  まちづくり局長   岩田友利  建設緑政局長    奥澤 豊  港湾局長      北出徹也  臨海部国際戦略本部長            鈴木 毅  会計管理者     山田秀幸  交通局長      邉見洋之  病院局長      田邊雅史  消防局長

新潟市議会 2019-12-11 令和 元年12月定例会本会議−12月11日-04号

      財務部長      朝 妻   博    北区長       若 杉 俊 則      東区長       堀 内 貞 子    中央区長      渡 辺 東 一      江南区長      米 山 弘 一    秋葉区長      夏 目 久 義      南区長       渡 辺   稔    西区長       笠 原 明 夢      西蒲区長      鈴 木 浩 行    消防

福岡市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第2日)  本文 開催日:2019-12-11

そのような状況を受け、平成25年12月に消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律施行され、住民の積極的な参加のもとに、消防団を中核として地域防災力の充実強化を図ることが明文化されました。その後も平成28年の熊本地震平成29年の九州北部豪雨、ことし10月の台風第19号など、大規模化、激甚化する自然災害により、改めて消防団の必要性が再認識されているところです。