運営者 Bitlet 姉妹サービス
906件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-08-23 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-08月23日−01号 地球温暖化対策につきましては、水素エネルギーの普及を促進するため、燃料電池自動車の購入費助成を行ったほか、再生可能エネルギー等の利用促進を図るため、住宅のスマート化や中小規模事業者が行う設備導入の取り組みを支援してまいりました。   もっと読む
2018-07-25 神戸市議会 開催日:2018-07-25 平成30年福祉環境委員会 本文 また,平成29年度に開催した神戸の地域エネルギーを未来に繋ぐ懇談会で提言された水素の環境価値を取引するモデルケースの運用などを行ってまいります。  次に,水素スマートシティ神戸構想の推進でございます。  水素エネルギーは,利用段階で地球温暖化の原因となる二酸化炭素を排出しないことから,将来の有望なエネルギーとして期待されております。 もっと読む
2018-07-24 京都市議会 平成30年  7月 文化環境委員会(第8回)-07月24日−08号 つは,国の方が先日定めましたエネルギー基本計画におきまして,国の方は22から24パーセントを目安としておりますが,やっぱり指定都市とは連携しまして30パーセントとする目標を定めるべきではないかという提言,あるいは自然性エネルギーを最大限導入に向けました対策としまして,やっぱりイノベーションの創出,あるいは地産地消型の分散型エネルギーの普及拡大,またFIT制度の適切な運用とか,幾つかの要望,また最後,水素社会 もっと読む
2018-07-04 神戸市議会 開催日:2018-07-04 平成30年経済港湾委員会 本文 3.ものづくりの振興につきまして,(1)次代のリーディング産業育成ですが,2)水素産業への参入促進として,FCフォークリフト及び水素燃料電池船の実証事業の展開や,3)航空機産業のサプライチェーン構築,また,4)ロボット産業都市の推進に取り組んでまいります。   もっと読む
2018-06-28 相模原市議会 平成30年  6月定例会議-06月28日−06号 3月11日の午後5時48分ごろ、廃棄物処理工場の倉庫内におきまして、コンテナに保管されておりました廃棄物でありますマグネシウムと水が反応いたしまして、水素ガスが発生し、静電気の放電により出火したものでございます。この火災により、倉庫の屋根90平方メートルを焼損したものでございます。   もっと読む
2018-06-11 札幌市議会 平成30年大都市税財政制度・人口減少対策調査特別委員会−06月11日-記録 また、北海道の豊富な自然を生かした再生可能エネルギーの地産地消を進めるため、太陽光や水素といった次世代のエネルギー導入を進めてまいります。  19ページをごらんください。  9項目めの環境負荷低減に向けた取り組みの推進についてでございます。  1として、都心の低炭素化に向けたまちづくりへの支援、2として、水素社会の早期実現に向けた支援、3として、アスベスト対策の支援を要望いたします。   もっと読む
2018-05-16 札幌市議会 平成30年(常任)総務委員会-05月16日-記録 また、24の分散型エネルギー導入推進費では、学校への太陽光発電設備の設置のほか、将来的な水素社会の実現を見据え、燃料電池の普及に向けた調査を実施いたします。  これらの事業を含めた環境都市推進部の平成30年度歳出予算額は、中段の表に記載のとおり、9億3,700万円余となっております。 もっと読む
2018-04-24 京都市議会 平成30年  4月 文化環境委員会(第2回)-04月24日−02号 次に,5の水素エネルギー普及促進事業。 もっと読む
2018-03-29 札幌市議会 平成30年第 1回定例会−03月29日-06号 将来的なCO2の大幅な削減に向け、電気自動車や燃料電池自動車の動力源に、化石燃料由来ではなく、再生可能エネルギーから製造した電気や水素の利活用を進めていくべきだが、どう取り組んでいくのか。CO2削減に当たっては、歩いて暮らせるまちづくりの推進が重要であり、自家用車から公共交通機関への転換など、さまざまな施策を網羅的に進める上で環境局がイニシアチブを発揮していくべきではないのか。 もっと読む
2018-03-27 札幌市議会 平成30年第一部予算特別委員会−03月27日-10号 また、温暖化対策においては、電気自動車や燃料電池自動車の普及だけでは不十分であり、今後も、再生可能エネルギーの比率を高めるよう努めるとともに、特に、燃料電池自動車に関し、購買意欲が損なわれないよう、早期の水素ステーションの増設と温暖化対策へのさらなる啓発の取り組みを行うべきであります。   もっと読む
2018-03-23 札幌市議会 平成30年第一部予算特別委員会−03月23日-09号 パリ協定の採択、発効を機に、国際的に脱炭素化の動きが加速している中、我が国では、エネルギー安全保障と温暖化対策の切り札として水素エネルギーの利活用を推進しており、平成26年に世界に先駆けて燃料電池自動車の販売が開始されて以降、4大都市圏を中心に水素ステーションの整備が進められ、自動車における水素エネルギーの利活用が広がってきております。 もっと読む
2018-03-23 福岡市議会 平成30年条例予算特別委員会 本文 開催日:2018-03-23 また、現地での行程については、都市に関連したテーマのセッションに参加を行い、水素リーダー都市や福岡100などの本市の先進施策の発表を行うとともに、他のさまざまなテーマのセッションにも参加しながら、参加者同士の意見交換や、他国の首相などとの個別会談、さらには取材を受けたメディアに対する本市の先進施策の紹介などを行ったものである。 もっと読む
2018-03-23 相模原市議会 平成30年  3月定例会議-03月23日−07号 また、住宅用スマートエネルギー設備導入奨励事業に関して、近年の奨励金交付件数の推移が、次世代クリーンエネルギー自動車等購入奨励事業に関して、奨励金の交付実績が、水素供給設備整備事業に関して、市内における供給体制、定置式水素ステーションの設置に対する補助の考え方が、環境等調査測定費に関して、昨年11月に境川で発生した小魚の大量死に関する調査結果や市の課題認識が尋ねられました。   もっと読む
2018-03-15 神戸市議会 開催日:2018-03-15 平成30年予算特別委員会〔30年度予算〕 (意見表明) 本文 なお,日本共産党神戸市会議員団が提案した予算の編成替えを求める動議は,市長提案の予算から,不要不急の大型開発や,三宮一極集中の施策を中止すること,医療産業や水素など,成長産業や外国・外資系企業の誘致への行き過ぎた支援の経費を削減すること,市民サービスの削減などでため込んだ財政調整基金などを活用することで財源をつくり出しています。 もっと読む
2018-03-13 広島市議会 平成30年度予算特別委員会−03月13日-10号 下水管の破損の原因は,主に経年劣化によるものと硫化水素による腐食劣化があります。本市のデルタ市街地の地中は硫化水素の成分を多く含んでいるという特性があるため,この硫化水素の影響で下水管が腐食しやすくなり,他の都市と比べても対策の必要性が特に高いと考えております。   もっと読む
2018-03-12 京都市議会 平成30年  3月 予算特別委員会(第5回)-03月12日−05号 同時に,10年後,20年後,無人運転の水素バスが都大路を自由に走っている,人間はお年寄りや障害のある人をサポートしている,こんなまちが来るかもしれない。当時まだ日本のマスコミでは一切自動運転というのはほとんど報道がなかったんですけど,そういうことも含めて,LRTの問題もBRTの問題も未来の交通体系全体を議論しようというのを蓄積し,今回の社会実験を含めた取組に進化していくと。   もっと読む
2018-03-12 広島市議会 平成30年度予算特別委員会−03月12日-09号 仕組みといたしましては,都市ガス等から取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させて発電し,発電した際に生じた熱も給湯に活用することができる設備で,一般的な家庭からの温室効果ガス排出量を約25%減らすことができます。このため本市は,家庭における温室効果ガス排出量の削減及びこの設備の普及拡大を図ることを目的に,平成27年度に家庭用燃料電池設置補助事業を創設いたしました。   もっと読む
2018-03-06 相模原市議会 平成30年  3月 環境経済委員会-03月06日−01号 環境共生部の主な事業としては、次期環境基本計画等の策定や、定置式水素ステーションの整備への補助など水素社会の実現に向けた取り組みを進めていく。また、相模総合補給廠共同使用区域内のスポーツ・レクリエーションゾーンの造成工事など、整備に向けた取り組みを進めてまいりたいと考えている。   もっと読む
2018-03-02 札幌市議会 平成30年(常任)総務委員会−03月02日-記録 業務・産業分野のモデル事業展開におきましては、一定量の水素の消費が見込まれるため、安定的な水素調達が必要となります。市内において水素製造のポテンシャルが低いことに加え、相当量の水素を札幌市に安定的に届ける供給者も現在は存在していない状況でございます。今後のモデル事業展開、水素の市内利用拡大に向けては、道内市町村でつくられる水素を札幌市で利用する水素サプライチェーンが必要と考えております。 もっと読む
2018-03-01 京都市議会 平成30年  3月 予算特別委員会第3分科会(第6回)-03月01日−06号 ◎下水道部長(西野彰一)   腐食のおそれの高い箇所と申しますのは,下水が長時間滞留をしやすい場所で,こういう所につきましては硫化水素が発生しやすいということで,それがひいては水中の生物の生化学反応によりまして硫化水素が硫酸に変わっていくと,それで水が酸性になることによってコンクリートが腐食をするという風なメカニズムがございます。 もっと読む