運営者 Bitlet 姉妹サービス
5306件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-07 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月07日-04号 そこで、宮前区の図書需要と利用実績について教育次長にお伺いいたします。以上です。 もっと読む
2019-03-06 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月06日-03号 これらの状況を踏まえ、私は平成22年から当議会におきまして、特例病床制度の活用によって、3次救急を除く重症患者を24時間365日体制で受け入れる機能を備えた重症患者救急対応病院の整備を求めておりました。その後、平成24年に川崎幸病院が重症患者救急対応病院として指定されたわけであります。 もっと読む
2019-03-05 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月05日-02号 道路は日常生活や都市の社会経済活動を支えるとともに、災害時の物資輸送や救命救急活動などの緊急活動道路としても大変重要な都市基盤でございますので、今後も計画的な道路整備に努めるとともに、災害救助市の指定後も関係局と連携した取り組みを進めてまいります。以上でございます。 ◆老沼純 委員 それぞれ御答弁ありがとうございます。 もっと読む
2019-03-04 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月04日-01号 12款1項消防費の中の救急救助活動について伺います。本市は人口増加する中で救急件数も年々増加をしています。過去3年間の救急件数を伺います。先日の他会派の質疑の中で、救急車の現場到着時間の平均は8.4分とありました。新年度予算案では、多摩消防署宿河原出張所の救急隊増隊に合わせ、救急車の配置が示されました。運用開始に向けた取り組みと導入後の想定される効果を伺います。 もっと読む
2019-02-26 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月26日-04号 次に、本計画では、市域全体における輸送需要の高まりを示した上で、北部地域や臨海部における交通アクセスの向上とともに、駅を中心とした利便性の向上や交通結節点機能強化の対応など、将来にわたって市民生活を支える公共交通の強化が求められているとしています。 もっと読む
2019-02-25 川崎市議会 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号 また、前回の改定時においては駆け込み需要に伴う景気の腰折れが顕著でありましたが、今回見込まれる駆け込み需要と平準化に向けた対応を伺います。  また、このたびの予算案に新たに盛り込まれた事業の一つに、路線バスネットワークの充実に向けた路線再編の検討が含まれています。 もっと読む
2019-02-19 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月19日-03号 近畿大学医学部附属病院には、泉ヶ丘での開設後も、救急医療や災害医療など本市を含めた南大阪地域の医療の充実により一層大きな役割を果たしていただけるものと期待をしております。以上でございます。 ◆19番(西川良平君) 議長。 ○議長(山口典子君) 19番西川良平議員。 ◆19番(西川良平君) 本市におきましても、まさしく人口の高齢化は急速に進んでいくことが予想されております。 もっと読む
2019-02-18 堺市議会 平成31年第 1回定例会-02月18日-02号 また、東西交通につきましては、市全体の持続的な発展を支える公共交通網の形成に係る都心交通のあり方として、堺駅、堺東駅を結ぶ3ルート3機種をお示ししていることから、社会実験の実施結果や需要の推移を踏まえ、市として最もふさわしいものを選択してまいりたいと考えております。 もっと読む
2019-02-12 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月12日-01号 一方、歳出面においては、社会保障や防災・減災対策、都市機能の充実などによる財政需要が増加しておりまして、当面は収支不足の対応として減債基金からの借り入れが想定される厳しい状況が続くものと見込んでおります。このような財政状況におきましても、当面続く人口増加、その先に確実に訪れる人口減少など、さまざまな課題を一つ一つ解決していくことが重要であると考えております。 もっと読む
2019-01-24 川崎市議会 平成31年  1月健康福祉委員会-01月24日-01号 お医者さんも、あちこちの病院から、例えばこっちの病院、あっちの病院、日がわりでお医者さんが来ていただいて、診療していただいている、それでも一生懸命、救急患者さんの受け入れもふやしていただいているので、地域医療に対して相当貢献していただいていることは十分承知しているのですが、ただ、先ほど当初御説明したように、お医者さんが全国に1万何千人も抱えているから、もしこういうのができても、そこからのやりくりで大丈夫 もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回厚生委員会−12月19日-01号 外来や救急など、診療の開始につきましては、10月7日月曜日からとしております。これは、多くの医師の異動が10月1日であること、また新任の研修やスタッフの連携の確認など、医療の質と安全を十分に確保する期間を考慮して決定したものでございます。  なお、NICUは10月1日から入院治療を開始いたします。  続きまして、2ページをお願いいたします。   もっと読む
2018-12-19 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月19日-09号 また、消防・防災施設整備事業等資金融資事業につきましては、本市の消防車両や救急車両の購入などの資金に充てておりまして、使途や借入額に一定の制限はあるものの、他の民間資金や公的資金に比べ、有利な条件で借り入れることができることから、共済会から借り入れを行っているものでございます。 もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回総務分科会−12月19日-01号 それと、救急関係の資機材がございます。 ◆北口和皇 委員  救急関連資機材というのは、具体的にどのようなものですか。何をするためのものですか。 ◎西岡和男 首席審議員兼救急課長  救急隊の資機材につきましては、救急隊が危険なところに入るための防護服関係でございます。 ◆北口和皇 委員  それは何点ですか。 もっと読む
2018-12-18 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月18日-05号 例えば、少々うがった見方でございますが、人口減を背景に税収が目減りした場合には、自治体の基準財政需要額を補完し、行政運営を維持するために交付税がその調整機能を発揮するわけでございますが、この中には、市域の公有財産に応じて算定基準があるはずです。細かい点では、中心市街地人口や宅地の価格指数や経済状況にかかわる評価点。 もっと読む
2018-12-18 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月18日-08号 夜間休日、直接警察署または消防署に連絡してくれというのは、見守る側にとっては非常にハードルが高いといいましょうか、空振りだった場合、近所に警察の車、また、救急車が来て大騒ぎになるというようなことがもし空振りだったらどうしようとか、また、新聞配達員の方なんかは、早朝、新聞を配ったときに、たまっているなと気づいて、連絡しようと思っても、その時間帯は閉庁時間ということで、その中ですぐに連絡するかというと、 もっと読む
2018-12-17 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月17日-04号 本市におきましては、夏目漱石、小泉八雲ともに民間団体による顕彰等の活動が熱心に行われておりますが、今後はこれらの民間団体とも連携しながら、例えば県外にお住まいの熊本大学や旧制五高の関係者に対し積極的に広報を行う等、新たな需要の掘り起こしに取り組んでまいります。   もっと読む
2018-12-17 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月17日-07号 国では医療機関に広域災害救急医療情報システム――EMISへの登録を義務づける方向で検討しております。全国では7%の病院が未登録であり、診療所の多くは参加していないとの報道がありました。本市における病院、診療所等、医療機関の登録状況を伺います。 ○副議長(後藤晶一) 健康福祉局長。 もっと読む
2018-12-14 堺市議会 平成30年12月14日健康福祉委員会-12月14日-01号 ◎花田 幼保運営課長  本年4月1日に施行されました子ども・子育て支援法の一部を改正する法律により、都道府県は保育の需要に応ずるための市町村の取り組みを支援するため、当該都道府県、関係市町村等により構成される協議会を組織することができるとされました。 もっと読む
2018-12-14 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月14日-06号 そこで、訪問の理由づけになり、救急搬送の際に必要なツールをまとめて保管できる救急医療情報キットについて提案をします。浜松市では、これを平成23年に、高齢者実態調査を実施するタイミングに合わせて導入しました。さいたま市では、やはり平成23年に、救急搬送の際、ひとり暮らしの高齢者などが親族とスムーズに連絡がとれず、搬送に時間を要することが多いなどの課題解決のため、消防局が主導し導入したということです。 もっと読む
2018-12-13 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-12-13 このような中、国において平成27年度から福岡空港滑走路増設事業に着手されることとなり、より一層交通需要の高まりが見込まれるため、福岡県、福岡市、福岡北九州高速道路公社の3者で協議を重ね、平成27年3月に事業に取り組むことについて合意し、検討を開始したものでございます。 もっと読む