2223件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2019-03-15 平成31年 第1回定例会-03月15日-05号

公的年金のマクロ経済スライドの導入で年金は減額され続け、今でも厳しい生活をさらに追い詰めています。後期高齢者の医療費の窓口負担が1割から2割に引き上げられれば、さらに高齢者の生活と健康に大きな影響を及ぼすことになります。生活実態を見ない75歳以上の医療費負担の原則2割化に反対の意見書を国に提出すべきであり、採択に賛成です。  

堺市議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会−03月14日-05号

百舌鳥古墳群を世界遺産に登録しようとするときに、このような博物館に指定管理者制度│ │を導入するのは、どうなんでしょうか。これまでどおり、市直営で博物館としての機能を充実して│ │いただくよう求めておきます。                              

福岡市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第6日)  本文 開催日:2019-03-13

都心循環BRT導入の検証結果を待たず、ロープウエーありきの検討経費を計上することはやめ、市民が強く要望している生活交通の調査費に変更すべきとの意見。耐風性や安価な整備費の根拠がでたらめであり、景観が壊れ、大企業ばかりがもうかる計画はきっぱりと断念すべきとの意見。導入の検討は拙速であり、多額の公金が使われることがあってはならず、市民の声にしっかり耳を傾けるべきとの意見。

福岡市議会 2019-03-12 平成31年条例予算特別委員会 本文 開催日:2019-03-12

そこで浮上したのが、昨年の市長選挙において市長が公約で掲げた、博多駅とウォーターフロント地区を結ぶ大博通りへのロープウエー導入である。そして市長は、現在審議中の予算案に、ロープウエーの実現可能性に関する検討のための経費5,000万円を計上した。しかしながら、我が会派は、現段階でロープウエー導入に絞り込んで検討を進めることは時期尚早と考えている。

横浜市議会 2019-03-08 平成31年 国際・経済・港湾委員会

窓口の方に、外国人の方が来られたときに対応するのに通訳が非常に重要だと思うのですが、ちょっと飛躍しますが、今機器がいっぱい出ているので、導入について具体的に国際交流、多文化共生も含めて考えたときに、国際局としても、こういった機器がいいとか、こういったものがあるとか、市民局と対応してその辺をきちんとしないと、区のほうも困るのではないかと思いますが、その辺はどうやりますか。

川崎市議会 2019-03-07 平成31年 予算審査特別委員会-03月07日-04号

かねてより求めていた週1回ALTと授業を行うことについては、外国語活動が小学校3年生・4年生に拡大したために困難になることを数年前から指摘し、サポート人材の導入を求め、今年度は英語強化教員の配置も行われております。まず、今年度導入された英語強化教員の現場における効果について伺います。

堺市議会 2019-03-01 平成31年 3月 1日総務財政委員会-03月01日-01号

それから、何度もこれは議論していることですけども、それぞれの納税の義務ですとか、財政赤字ですとか、自治体の借金というものについては、この総務財政委員会でも本会議のほうでも御質問させていただいたことありますけども、納税は社会的な便益、これは個人にとっては利益を得るためのものであって、また事実、堺は赤字ではなくて、そもそも財政における赤字というのは、何か経営的な失敗で出てしまった赤字というものでは財政上

堺市議会 2019-03-01 平成31年度予算審査特別委員会(健康福祉分科会)−03月01日-01号

わかりません、答えられませんだったんですけれども、当時の田中財政局長が研究すると答えろと、担当課長に指示してくださって、それから3カ月もたたずに、12月の議会だったんで、SIBの話したとき、もう3カ月後には、これ調査のお金をつけていただいて、議員、これはやるべきや、おもしろいよと、田中さんにも言っていただいたんですけど、その前の年に我々より1年先に、神戸、川西が、神戸が2年先で、川西が1年前でSIBを導入

堺市議会 2019-02-18 平成31年第 1回定例会-02月18日-02号

次世代モビリティ等導入事業は、SDGs未来都市として誰一人取り残さない社会の実現に向け、高齢者のひきこもり防止や買い物など、日常の生活拠点間の円滑な移動手段の1つとして、次世代モビリティ導入の実証実験を行うものでございます。実証実験では、高齢の方を初めとした地域にお住まいの方に、実際、モビリティに乗車いただくことにより、ニーズ等の把握を行う予定としております。

川崎市議会 2019-02-06 平成31年  2月文教委員会-02月06日-01号

会計処理の透明化の向上、給食費徴収業務に係る教職員の負担軽減を図るため、公会計化の導入に向け検討を進め、平成33年度から実施する計画としているところでございます。  1つ下に参りまして、「就学援助事務のシステム化」についてでございます。これまで各学校で実施してきた事務処理や請求等の手続をシステム導入により簡略化、効率化するもので、平成31年度より実施してまいります。  

仙台市議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第2日目) 本文 2018-12-12

この法改正により、宮城県において検討が進められておる、県に事業認可を残したまま、県の上工下水九事業を一本化して民間事業者に運営権を設定する、みやぎ型管理運営方式の導入が可能となります。  本市においては、配水量の約四分の一が、宮城県が運営する仙南・仙塩広域水道からの受水であり、仮にこのみやぎ方式が導入された場合、本市の水道事業にも影響があるものと思われます。  

堺市議会 2018-12-07 平成30年第 4回定例会−12月07日-04号

いろいろと交通軸のLRTのことを言うていただいていますけれど、そもそも阪堺線のLRV導入に反対したのは誰でしょうか。公約でLRV導入を掲げながら、この議会で反対したというのは、私は許されんと思いますよ。市民の皆さんを裏切っているんちゃうかと思います。しっかりとそのあたりも踏まえて、議論していきたいと思います。 ◆33番(水ノ上成彰君) 議長。 ○議長(山口典子君) 33番水ノ上成彰議員。

千葉市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2018-12-07

意見書の個別意見にも、法人参入の促進、農業競争力の強化、地産地消の推進などが上がっておりましたが、失敗を恐れず、さまざまな試みを行いながら、本市農業の未来を見据えてバックアップしていただくことを要望いたしまして、これからの農業についてを終了させていただきます。  続きまして、教員のメンタルヘルスについて、2回目以降伺ってまいります。  

川崎市議会 2018-12-05 平成30年 第4回定例会-12月05日-03号

失敗を恐れずに新たな可能性を求めて果敢に挑戦する試行錯誤の姿勢こそ、これからの公務員には求められます。そこで、入札制度における試行的取り組みに関する財政局長の見解を伺います。  次に、ふるさと納税の返礼品規制の厳格化について伺います。