運営者 Bitlet 姉妹サービス
3340件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月14日-03号 〔議長退席、副議長着席〕  本市におきましては、保育士を目指す養成校の実習生の受け入れを公立保育所で積極的に行いますとともに、平成25年度からは保育士再就職支援コーディネーターを熊本県社会福祉協議会に配置いたしまして、保育士の資格を持ちながらも保育所等で働かれていない潜在保育士を対象に、研修会や就職説明会等を開催いたしまして、就職先のあっせんを通して再就職へつなげるなど、保育士の掘り起こしを行ってきたところでございます もっと読む
2018-10-23 神戸市議会 開催日:2018-10-23 平成30年文教こども委員会 協議事項・名簿 .陳情第198号    東灘区民センター小ホールの閉館に係る陳情(関係分) 4.報     告  平成31年度兵庫県予算に対する提案・要望について(関係分) (こども家庭局) 1.陳情第197号    東灘区民センター小ホールを閉館しないことを求める陳情(関係分) 2.陳情第198号    東灘区民センター小ホールの閉館に係る陳情(関係分) 3.陳情第199号    子ども・子育て支援新制度に係る学童保育 もっと読む
2018-10-02 京都市議会 平成30年 10月 決算特別委員会第2分科会(第2回)-10月02日−02号 個別の施策概要につきましては,後ほど御説明いたしますが,保育所の新増設や私立幼稚園の預かり保育の拡充等により,国定義で5年連続待機児童ゼロを達成し,学童クラブにおいても7年連続待機児童ゼロを達成いたしました。  また,保育士等の処遇改善の更なる充実,各区役所・支所に子どもはぐくみ室を設置し,コンシェルジュ機能を担う職員を育成しました。   もっと読む
2018-09-26 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月26日−06号 結果、10校から3校への統廃合、それから学童保育や自校給食の実施、それから跡地の利用が進められてきました。合併問題、政令市移行に伴う線引き、区の設置による町の名称の廃止など、国のあめとむちの政策によって翻弄されて、町民同士の対立を生む激しい論争や厳しい局面に何度も立たされてきました。 もっと読む
2018-09-26 千葉市議会 2018.09.26 平成30年決算審査特別委員会教育未来分科会 本文 本年度5月末現在ですが、幼稚園、保育所等からの個別の教育支援計画を踏まえて、各学校で支援計画を作成した小学校1年生は48人です。また、今年度9月現在ですが、特別支援学校を除き、小学校では931人、中学校では303人、合わせて1,234人の児童生徒の個別の教育支援計画が作成されております。   もっと読む
2018-09-25 札幌市議会 平成30年(常任)文教委員会−09月25日-記録 最初に、このたびの地震の被害で公立・私立保育園の復旧費や復旧補助金が組まれており、やはり補修する被害が保育園で出たということですから、改めて考えさせられました。  地震が起こったのは、午前3時を過ぎた時刻でした。 もっと読む
2018-09-21 千葉市議会 2018.09.21 平成30年決算審査特別委員会教育未来分科会 本文 民間保育園などに対し、給付費の支給及び助成を行いました。  16の保育士等の確保ですが、一部拡充及び一部新規事業で、決算額は3億8,035万2,000円でございます。増加する保育士需要などに対応するため、保育士就学資金等貸し付けや、資格取得支援、潜在保育士などの再就職支援、宿舎借り上げに対する助成などを実施いたしました。   もっと読む
2018-09-13 熊本市議会 平成30年第 3回予算決算委員会−09月13日-02号 ということで、子供と高齢者にかかわる質問が2点、そして学童保育としての児童育成クラブについてということで3点質問をしていきたいと思っています。  資料は、平成29年の決算状況報告書と教育委員会の昨年度の事業報告に沿って質問をしていきたいと思っています。  1点目、子供たちを犯罪から守るためにということで、2つ質問をします。1点目は市民局長に、2点目は教育長にお尋ねしたいと思っています。   もっと読む
2018-09-12 千葉市議会 2018.09.12 平成30年教育未来委員会 本文 美浜区においては、本市事業では別に教育的要素の高い事業者が参入する傾向がありまして、こういうのも待機児童解消には一助となるということで、歓迎するものではありますが、やはり行政が担う学童というのは、保護者が運営主体であった時期、それから社協が一括委託をされていた時期の、あくまで保健事業としての役割、家庭としての役割という位置づけを担保していただきたいと考えています。   もっと読む
2018-09-01 神戸市議会 平成30年第2回定例市会(9月議会)(第5日) 本文 神戸市は学童保育として活用するために小ホールを廃止するとしていますが,学童保育を設置することは,市が独自で責任を持つべきことです。多くの利用者に愛されている小ホールを犠牲にする理由にはなりません。   もっと読む
2018-07-25 京都市議会 平成30年  7月 教育福祉委員会(第9回)-07月25日−09号 ◆副委員長(玉本なるみ)   保育園や学童保育に関わってなんですが,暑さ対策について,熱中症対策についての質疑をします。 ○委員長(しまもと京司)   くらた委員。 ◆委員(くらた共子)   私は,保育園のブロック塀問題に関わって質疑をいたします。 ○委員長(しまもと京司)   ほかにごさいませんか。  それでは,ただ今お申出のあった質問について,玉本副委員長,くらた委員が行うこととします。   もっと読む
2018-07-11 京都市議会 平成30年  7月 教育福祉委員会(第8回)-07月11日−08号 あと,公立保育園から民間移管した保育園におけるブロック塀の対応について。あと,伴って夏のプールの開設の在り方について。  以上です。 ○委員長(しまもと京司)   山本委員。 ◆委員(山本陽子)   保育所,保育園,学童保育の地震,豪雨災害の対応についてです。 ○委員長(しまもと京司)   平山たかお委員。 もっと読む
2018-06-27 京都市議会 平成30年  6月 教育福祉委員会(第7回)-06月27日−07号 その中で小学生の放課後の過ごし方というテーマにはなっているんですけれども,委員の方からは,市の事業である学童保育や放課後まなび教室のニーズ調査に偏っているのではないかという御指摘がありました。 もっと読む
2018-06-22 福岡市議会 平成30年第3回定例会(第5日)  本文 開催日:2018-06-22 学童保育には幼児とは違って、仲間をつくって逸脱や悪さをしながら遊びをするギャングエイジの子どもたちの発達、成長に責任を持ってかかわるという独特の難しさがあります。 もっと読む
2018-06-21 千葉市議会 2018.06.21 平成30年第2回定例会(第8日目) 本文 さらに、保育施設と同様、国による補助の拡充が必要であることから、待機児童問題に直面している自治体等と連携し、国に対する一層の働きかけを要望するとの意見が述べられ、採決の結果、賛成多数をもって、原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上で、教育未来委員長報告を終わります。(拍手) ◯議長(小松崎文嘉君) 都市建設委員長、23番・酒井伸二議員。               もっと読む
2018-06-21 福岡市議会 平成30年第2委員会 開催日:2018-06-21 4 ◯ 学童保育は幼児と異なり、いわゆるギャングエイジの発達成長に責任を持って、子どもたちの自主的な仲間づくりや生活や遊びを支援する複雑なかかわりが求められることから、支援員は本来、保育士や学校教諭と同様の高い専門性が必要であると考えるが、専門性を維持するための取り組みを尋ねる。 もっと読む
2018-06-20 千葉市議会 2018.06.20 平成30年第2回定例会(第7日目) 本文 きょう、子供を保育園に送っていきましたが、一番最初の子供が生まれた2006年と今と比べて、子供を送るのに男性が非常にふえているなというのを、きょう、行きの車の中で妻とも話してきたところです。これは時代が変わったのか、それとも、市長が率先してやっているからなのか、いろいろあるかもしれませんが、やはり、この件、リーダーシップは非常に重要でございます。この件は高く評価したいと思っております。   もっと読む
2018-06-13 千葉市議会 2018.06.13 平成30年教育未来委員会 本文 教員免許保有者38%、続きまして保育士26%、幼稚園教諭19%、その他実務経験者17%でございます。 ◯委員長(石井茂隆君) 田畑委員。 ◯委員(田畑直子君) ありがとうございます。 もっと読む
2018-06-07 相模原市議会 平成30年  6月定例会議-06月07日−02号 次に、議案第69号相模原市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について伺います。  家庭的保育事業等では、原則3歳未満の乳幼児が対象となることや、定員規模が小さいことから、保育所等との連携が求められております。連携の内容として、集団保育の体験機会の設定や代替保育の提供、卒園後の受け入れ先の確保等があると承知しております。 もっと読む
2018-05-30 横浜市議会 平成30年 こども青少年・教育委員会 あと学童についてですが…… ○斎藤[真]委員長 今の答弁をしようとしていたので、先に答弁いいですか。 ◎宮谷青少年部長 済みません、補足いたしてもよろしいですか。 先ほどの御質問で、17時以降の平均の利用人数の実績が12.3名とお答えいたしました。あわせてですが、17時より前の平均の利用人数ですけれども、65.1人という形になっております。 もっと読む