73件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

浜松市議会 2018-02-27 平成30年  2月 定例会(第1回)-02月27日−02号

しかし、平成30年を迎えた今、堺屋太一氏が約20年前に予測小説「平成三十年」の中で描いた、抜本的な変革を先送りしたことで、課題の十分な解決に至らず、環境変化への対応に立ちおくれた我が国の姿が、現実のものになろうとしております。  現在国を挙げて進めている地方創生の取り組みについても、各自治体が成果をいかに上げるかが一層重要となっています。

広島市議会 2017-12-22 平成29年12月22日平和推進・安心社会づくり対策特別委員会−12月22日-01号

堺屋太一さんの言葉です、団塊の世代。非常に良いネーミングだと思います、ここに固まっておりますので。そしてその後、出生数と出生率って、ものすごく下がっているんです。これは少子化ではないです。定義をいきますと、少子化というものは、合計特殊出生率人口置換水準2.07です。これを長期間、かなり下回っていること、これが定義です。

大阪市議会 2015-03-12 平成27年2・3月定例会常任委員会(都市経済)-03月12日−03号

カット、老人憩いの家の助成廃止、屋内プールの統廃合、区民センターの統廃合-の中止を求める陳情書      (5) 陳情第251号 「大阪市音楽団」等の文化事業の発展を望むことに関する陳情      (6) 陳情第278号 大正スポーツセンター等の存続を求める陳情書      (7) 陳情第419号 城東屋内プール・トレーニングルームの統廃合の見直しを求める陳情書      (8) 陳情第518号 堺屋太一特別顧問

大阪市議会 2015-03-01 平成27年2・3月定例会常任委員会(都市経済)-目次

有料化、赤バス予算カット、老人憩いの家の助成廃止、屋内プールの統廃合、区民センターの統廃合-の中止を求める陳情書    (5) 陳情第251号 「大阪市音楽団」等の文化事業の発展を望むことに関する陳情    (6) 陳情第278号 大正スポーツセンター等の存続を求める陳情書    (7) 陳情第419号 城東屋内プール・トレーニングルームの統廃合の見直しを求める陳情書    (8) 陳情第518号 堺屋太一特別顧問

大阪市議会 2014-05-15 平成26年5月定例会常任委員会(都市経済)-05月15日−01号

予算カット、老人憩いの家の助成廃止、屋内プールの統廃合、区民センターの統廃合-の中止を求める陳情書      (5) 陳情第251号 「大阪市音楽団」等の文化事業の発展を望むことに関する陳情      (6) 陳情第278号 大正スポーツセンター等の存続を求める陳情書      (7) 陳情第419号 城東屋内プール、トレーニングルーム統廃合の見直しを求める陳情書      (8) 陳情第518号 堺屋太一特別顧問

大阪市議会 2014-05-01 平成26年5月定例会常任委員会(都市経済)-目次

有料化、赤バス予算カット、老人憩いの家の助成廃止、屋内プールの統廃合、区民センターの統廃合-の中止を求める陳情書    (5) 陳情第251号 「大阪市音楽団」等の文化事業の発展を望むことに関する陳情    (6) 陳情第278号 大正スポーツセンター等の存続を求める陳情書    (7) 陳情第419号 城東屋内プール、トレーニングルーム統廃合の見直しを求める陳情書    (8) 陳情第518号 堺屋太一特別顧問

浜松市議会 2014-02-25 平成26年  2月 定例会(第1回)-02月25日−02号

人口減少が経済文化を発展させた例は多いと、ルネッサンス文化を例にとり、作家の堺屋太一氏はみずからの著書で述べています。さらに、超高齢社会はビッグチャンスであるとも指摘しています。30年先には、高齢世代人口の4割を占める最大の階層になります。時間的にも余裕があって、大変大きな金融資産を保有している。

大阪市議会 2013-03-25 平成25年2・3月定例会常任委員会(文教経済)-03月25日−03号

存続に関する陳情書     (170) 陳情第513号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書     (171) 陳情第514号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書     (172) 陳情第515号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書     (173) 陳情第516号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書     (174) 陳情第518号 堺屋太一特別顧問

大阪市議会 2013-03-01 平成25年2・3月定例会常任委員会(文教経済)-目次

大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書   (170) 陳情第513号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書   (171) 陳情第514号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書   (172) 陳情第515号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書   (173) 陳情第516号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書   (174) 陳情第518号 堺屋太一特別顧問

大阪市議会 2012-07-27 平成24年7月臨時会常任委員会(文教経済)-07月27日−05号

存続に関する陳情書      (49) 陳情第513号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書      (50) 陳情第514号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書      (51) 陳情第515号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書      (52) 陳情第516号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書      (53) 陳情第518号 堺屋太一特別顧問

大阪市議会 2012-07-20 平成24年7月臨時会常任委員会(文教経済)-07月20日−04号

存続に関する陳情書      (49) 陳情第513号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書      (50) 陳情第514号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書      (51) 陳情第515号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書      (52) 陳情第516号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書      (53) 陳情第518号 堺屋太一特別顧問

大阪市議会 2012-07-19 平成24年7月臨時会常任委員会(文教経済)-07月19日−03号

存続に関する陳情書      (49) 陳情第513号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書      (50) 陳情第514号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書      (51) 陳情第515号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書      (52) 陳情第516号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書      (53) 陳情第518号 堺屋太一特別顧問

大阪市議会 2012-07-18 平成24年7月臨時会常任委員会(文教経済)-07月18日−02号

存続に関する陳情書      (49) 陳情第513号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書      (50) 陳情第514号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書      (51) 陳情第515号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書      (52) 陳情第516号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書      (53) 陳情第518号 堺屋太一特別顧問

大阪市議会 2012-07-13 平成24年7月臨時会常任委員会(文教経済)-07月13日−01号

存続に関する陳情書      (45) 陳情第513号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書      (46) 陳情第514号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書      (47) 陳情第515号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書      (48) 陳情第516号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書      (49) 陳情第518号 堺屋太一特別顧問

大阪市議会 2012-07-01 平成24年7月臨時会常任委員会(文教経済)-目次

大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書    (45) 陳情第513号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書    (46) 陳情第514号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書    (47) 陳情第515号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書    (48) 陳情第516号 現状の「大阪市子どもの家事業」存続に関する陳情書    (49) 陳情第518号 堺屋太一特別顧問

大阪市議会 2012-03-12 平成24年3月定例会常任委員会(計画消防・通常予算)-03月12日−04号

この大阪のグランドデザインに関して、新聞記事なども見かけますし、府市統合本部の会議で、大阪のグランドデザインについてということで、堺屋太一さんからも意見書が出たということで、ちょっと書類はいただいているんですけれども、こういうのを見てますと、中身見てたら、打ち出しは非常に興味を引くものなんですけれども、中身が、何か昔のバブル再来を期待しているのかなというような内容にも感じております。

新潟市議会 2012-03-05 平成24年 3月 5日総務常任委員会-03月05日-01号

◆佐々木薫 委員  上山さんとか堺屋太一さんの視点からすれば,いい悪いではないんですよ,方向性は。核心に迫る部分で非常にわかりやすくすると,比較,対比することほど,物事ははっきり像が見えるわけで,そういったところを上山さんがもっと深く研究指導して研究すれば鋭い切り口がいっぱい出てくると思うので,ぜひ考えていただきたいと思います。