運営者 Bitlet 姉妹サービス
46件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-02-27 浜松市議会 平成30年  2月 定例会(第1回)-02月27日−02号 しかし、平成30年を迎えた今、堺屋太一氏が約20年前に予測小説「平成三十年」の中で描いた、抜本的な変革を先送りしたことで、課題の十分な解決に至らず、環境変化への対応に立ちおくれた我が国の姿が、現実のものになろうとしております。  現在国を挙げて進めている地方創生の取り組みについても、各自治体が成果をいかに上げるかが一層重要となっています。 もっと読む
2017-12-22 広島市議会 平成29年12月22日平和推進・安心社会づくり対策特別委員会−12月22日-01号 堺屋太一さんの言葉です、団塊の世代。非常に良いネーミングだと思います、ここに固まっておりますので。そしてその後、出生数と出生率って、ものすごく下がっているんです。これは少子化ではないです。定義をいきますと、少子化というものは、合計特殊出生率が人口置換水準2.07です。これを長期間、かなり下回っていること、これが定義です。 もっと読む
2014-02-25 浜松市議会 平成26年  2月 定例会(第1回)-02月25日−02号 人口減少が経済や文化を発展させた例は多いと、ルネッサンス文化を例にとり、作家の堺屋太一氏はみずからの著書で述べています。さらに、超高齢社会はビッグチャンスであるとも指摘しています。30年先には、高齢世代が人口の4割を占める最大の階層になります。時間的にも余裕があって、大変大きな金融資産を保有している。 もっと読む
2012-03-05 新潟市議会 平成24年 3月 5日総務常任委員会-03月05日-01号 ◆佐々木薫 委員  上山さんとか堺屋太一さんの視点からすれば,いい悪いではないんですよ,方向性は。核心に迫る部分で非常にわかりやすくすると,比較,対比することほど,物事ははっきり像が見えるわけで,そういったところを上山さんがもっと深く研究,指導して研究すれば鋭い切り口がいっぱい出てくると思うので,ぜひ考えていただきたいと思います。   もっと読む
2012-02-29 堺市議会 平成24年第 1回定例会-02月29日-03号 14番上村太一議員。(拍手) ◆14番(上村太一君) (登壇)おはようございます。大阪維新の会堺市議会議員団を代表いたしまして、2巡目の質問をさせていただきます。  さて、昨年の11月に大阪市長・大阪府知事選挙、いわゆるダブル選挙が行われました。この選挙におきまして、我々の大きな方向性について理解を大阪府民の皆様にいただき、民意を得ることができました。 もっと読む
2012-02-29 千葉市議会 2012.02.29 平成24年第1回定例会(第4日目) 本文 前定例会でも申し上げましたが、我々みんなの党と大阪維新の会は、後見人の堺屋太一氏を初め、特別顧問など政策スタッフも多く兼任しており、必然的に主義、主張もほぼ共通しております。  まずは、公務員改革の職員基本条例についてであります。   もっと読む
2012-02-28 堺市議会 平成24年第 1回定例会−02月28日-02号 ところで、きのうの産経新聞にですね、大阪府市特別顧問を務めておられます堺屋太一さんのインタビューが掲載されておりました。ごらんになった方も多いかと思いますけども、その中で堺屋氏は、橋下大阪市長は織田信長や平清盛のような資質を持っていると評しておりました。織田信長と堺市の歴史といえば、将軍足利義昭を奉じて信長が上洛した際に、堺に2万貫の矢銭を課したという逸話が有名でございます。 もっと読む
2011-12-09 堺市議会 平成23年12月 9日総務財政委員会−12月09日-01号 そして私は、先ほども野村委員もちょっとおっしゃっておりましたが、なぜこのような条例ができ上がってきたのかなというように考えまして、私は体制維新という堺屋太一さんと橋下さんの共著になってますけど、端から端まで読ませてもらいました。非常に勉強になったわけですけど、是非はともかく、非常に勉強になりました。   もっと読む
2009-12-08 横浜市議会 平成21年 経済観光・港湾委員会 運営主体ですが、上海万博日本産業館出展合同会社、代表は堺屋太一氏でございます。この館のテーマは、ベターライフフロムジャパン、日本が創るより良いくらし、それから建築デザインコンセプトは、きれイ、かわいイ、きもちいイとなっております。これは、日本の産業の高い技術力と美意識、日本の製品やサービスの高級感、地域の生活風景の美しさを表現するというコンセプトを表現しているものでございます。  もっと読む
2009-09-28 千葉市議会 2009.09.28 平成21年第3回定例会(第6日目) 本文 それで、何でこんな問題が起きてるのかといったら、これはね、通産省出身の堺屋太一が団塊の世代という小説の中で、団塊の世代って知ってらっしゃるでしょう。戦地から帰ってきて、昭和21年、22年、23年、産めよふやせよ。ベビーブームはばーんと爆発したの。そして今、その卒業する方々が2年前に、千葉市役所でもそうですよ。 もっと読む
2009-09-25 千葉市議会 2009.09.25 平成21年決算審査特別委員会第2分科会 本文 通産省を卒業した堺屋太一が団塊の世代という小説を書いているんですけれども、その団塊の世代で、こう言っているんだよね。数字をきちっとつかんでいるんだよね。子供をたくさん産んだ戦後の昭和21年、22年、23年、戦地から帰ってきた人たちが、とにかく産めよ、励めよということで、子供をいっぱいつくった、育児ブームというかね。それが3年後に、この3年後ですから、2012年から急激にまたふえてくる。 もっと読む
2008-05-20 大阪市議会 平成20年5月定例会常任委員会(財政総務)-05月20日−01号 市長も御存じのように、作家の堺屋太一さんと先日さまざまな懇談をさせていただいたときに、大阪市役所のことをぼろくそおっしゃっておりました。とにかく、大阪市役所の職員というのは汗を流したがらない、自分ところに仕事をしたがらない、とにかく今の大阪市役所は改革しなければならないというお話をされておりまして、簡単にその意識改革というのは私は大変難しいんではないかなと思っております。 もっと読む
2008-03-11 大阪市議会 平成20年3月定例会常任委員会(文教経済・通常予算)-03月11日−02号 世界に向けて大阪の元気を発信しようというこの御堂筋パレードのアイデアは、昭和58年当時、大阪21世紀協会の松下幸之助会長の諮問に応じて、梅棹忠夫氏や堺屋太一氏、佐治敬三氏らが名を連ねた大阪21世紀協会の企画委員会で発案されたものでございます。 もっと読む
2007-02-28 大阪市議会 平成19年2・3月定例会常任委員会(建設港湾・通常予算)-02月28日−02号 その記事では、三休橋筋の土佐堀通から中央大通まで、たしかあれは45本から50本のガス灯を設置する計画で、これは大阪ガスが創業100年記念事業として地元に寄附することや、堺屋太一氏を囲む中小企業者らの勉強会、これうずの会というようですが、ここからも2,000万円を負担するという内容でありました。   もっと読む
2006-09-20 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成18年  9月 決算特別委員会-09月20日−03号 また、大臣経験者の作家である堺屋太一氏は、東南アジアの女性の優秀さと勤勉さが際立っているということを、著書の中で何遍も言っているのですが、特に中国、ベトナムでは、公営企業の経営者の過半数は女性であるということや、シンガポールでも、企業のトップは女性が数多いということを言っておりますが、日本と韓国の場合は、江戸時代以降の儒教の影が色濃いためという書き方で、なかなか女性の進出が難しいと言っております。 もっと読む
2006-09-12 京都市議会 平成18年  9月 定例会(第5回)-09月12日−02号 作家の堺屋太一氏が1976年,昭和51年に発表した団塊の世代から30年がたちました。先ほども述べましたが,昭和23年1月生まれの私もその一人です。団塊の世代は,戦後我が国の経済成長と共に歩み続けた世代であると共に数多くの流行商品,文化社会現象の中心にいました。また,高い進学率,男女平等社会,自由社会の中で多様な価値観をはぐくんできた世代であります。 もっと読む
2006-03-07 堺市議会 平成18年第 2回定例会−03月07日-03号 さて、最後でございますけれども、堺屋太一さんが名づけた団塊世代について質問をしたいと思います。  まず、団塊世代とはどのような世代であると認識をしていらっしゃいますか。また、該当する本市市民の数はどれくらいですか。地域的特性などがあれば、あわせてお示しを願いたいと思います。そしてまた、団塊世代を対象とした施策を本市はどのように考えていらっしゃるんでしょうか。 もっと読む
2005-12-12 岡山市議会 平成17年11月定例会-12月12日−07号 戦後60年たちましたが,大戦後間もない昭和22年から24年のベビーブーム時代に生まれた世代は「団塊の世代」と言われ,その団塊の世代とは,作家の堺屋太一さんが1976年に発表した小説「団塊の世代」によって登場した言葉であります。私も団塊の世代でございますが,議場の皆さんの中にも団塊の世代が多くいらっしゃると思います。  学校時代は,入学試験でほかの世代にはない競争の時代を生き抜いてまいりました。 もっと読む
2005-03-11 堺市議会 平成17年度予算審査特別委員会−03月11日-04号 裏山委員の質問と余り重ならないような形でお話ししたいと思いますけども、堺、昨年、開庁記念でも基調講演が堺屋太一さんのがありましたけれども、今の堺の観光ではだれも来ないと、そういう既存の神社仏閣ではだれも来ないということをはっきり申しておりましたし、またやはり、私も常々から言っておるように、やはり堺には目玉がないということで、そういうものを何かつくらん限りは、今の既存のものでやったら絶対来ることはないんだと もっと読む
2005-03-07 川崎市議会 平成17年 予算審査特別委員会-03月07日-01号 作家で元経済企画庁長官でもあります堺屋太一さんは、月刊誌で「私が考える日本の最優先課題」として、歩いて暮らせるまちづくりを挙げ、住宅も商店もオフィスも混在する方向に転換すべきだと述べられていました。これは市長が施政方針演説の中でも示されました、「より快適で暮らしやすい地域環境の創造をめざし、市民がいつまでも地域に住みつづけたいと思えるような環境づくりを進めてまいります。」 もっと読む