2085件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北九州市議会 2019-03-08 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月08日−05号

主なイベントとしては、3月9日、グランドオープン前日のプレイベントとして、門司港駅のライトアップ点灯式とジャズの演奏などを行い、翌10日にはグランドオープンとして、駅前広場での多彩なステージイベントや懐かしのボンネットバスの運行、また、門司港の歴史をたどる思い出写真の展示、また、ふぐ汁や門司港駅開業105周年にちなんだ10.5メートルのロールケーキなどの振る舞い、地元のブランド産品の直売会やノミの

北九州市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月04日−01号

記1 調査事件 ○ 地方について  国においては、少子高齢化・人口減少という我が国が直面する大きな課題に取 り組むため、平成26年に制定したまち・ひと・しごと法に基づき、まち・ひ と・しごと総合戦略を策定し、東京一極集中の是正、若い世代の就労・結婚・ 子育ての希望の実現、地域の特性に即した地域課題の解決の3つの視点を基本に 魅力ある地方を目指すこととしている。  

川崎市議会 2019-02-25 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号

平成29年6月の地方自治法の改正により、都道府県及び政令指定都市は、平成32年4月1日までに内部統制の方針を定め、必要な体制を整備することが義務づけられました。この自治体内部統制制度は、地方自治体はリスクを洗い出す仕組みが不十分であるとの指摘を踏まえ、これまで総務省において検討がなされてきたものですが、本市における本制度への取り組みの現状について伺います。  

堺市議会 2018-12-21 平成30年12月21日大都市制度・広域行政調査特別委員会−12月21日-目次

└─────────┘ 出欠席委員 ……………………………………………………………………………………  3 開催通知 ………………………………………………………………………………………  4 開  会(午後 1時) ……………………………………………………………………  5 発言時間の取り扱いについて(簡易採決) ………………………………………………  5 大都市行政の実態に対応する行財政制度、地方

堺市議会 2018-12-21 平成30年12月21日大都市制度・広域行政調査特別委員会−12月21日-01号

記  日    時   12月21日(金) 午後1時  場    所   第三・第四委員会室  案    件   大都市行政の実態に対応する行財政制度、地方を促進する地方自治制度及び区役所のあり方を含めた都市制度並びに関西広域連合をはじめとする広域行政に関する施策等について 〇午後1時開会 ○野村 委員長  皆さんこんにちは。

熊本市議会 2018-12-18 平成30年第 4回定例会−12月18日-05号

例えば、地方分権社会の行方でありますとか入管難民法改正による影響でありますとか、また高齢化社会における行政支援のあり方として、高齢者の25%にまで達すると言われている認知症患者の自立支援やターミナルケアなど、いわゆる終末医療政策を中心に掲げる予定で実は先月まで政務調査を重ねていたところでございました。

千葉市議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会(第10日目) 本文 開催日: 2018-12-14

一つに、廃棄物の主なものはごみであります。このごみの排出抑制や再資源化等の対策への取り組みを進めることを求めておきます。  二つに、意見聴取で「人件費及び経費を確保できないため、ごみの分別や減量に取り組むことは難しいが」という意見が事業者から出されていたことを加味し、事業者任せにせず、チェーン店の本社等への協力の呼びかけ、及び働きかけも含めた支援を求めておきます。  

熊本市議会 2018-12-13 平成30年第 4回定例会−12月13日-02号

1期目を振り返りますと、就任1年目には、市長選におけるマニフェストの実現に向けて、今後の市政運営の基本方針となります第7次総合計画、熊本市しごと・ひと・まち総合戦略などを策定いたしました。  就任2年目、いよいよこれらに基づいた施策事業を推し進めていこうという矢先、熊本地震の発生によりまして大きな政策転換を余儀なくされました。  

北九州市議会 2018-12-12 平成30年12月 定例会(第4回)-12月12日−04号

また、地方公共団体間の財政力格差の是正を目的に導入された地方法人税   は、単なる地方間の税収の再配分となる制度であり、受益と負担の関係に反   し、真の分権型社会の実現の趣旨にも反する不適切な制度である。地方公共   団体間の財政力格差の是正は、法人住民税などの地方税収を減ずることなく、   国税からの税源移譲等、地方税財源拡充の中で地方交付税なども含め一体的   に行うこと。  

静岡市議会 2018-12-12 平成30年 清水都心まちづくり特別委員会 名簿 2018-12-12

        さいとう 佳代 君     同        堀     努 君     同        早 川 清 文 君     同        望 月 厚 司 君     同        鈴 木 和 彦 君      ──────────────────────────────   出 席 説 明 員    企画局次長               前 田 誠 彦 君    企画局理事(地方担当