9144件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2019-12-23 令和 元年12月定例会本会議−12月23日-06号

      観光国際交流部長 上 村   洋    環境部長      長 浜 裕 子      福祉部長      佐久間 なおみ    こども未来部長   山 口 誠 二      保健衛生部長    野 島 晶 子    経済部長      長 井 亮 一      農林水産部長    二 神 健次郎    都市政策部長    柳 田 芳 広      建築部長      鈴 木 芳 典    土木部長

神戸市議会 2019-12-20 開催日:2019-12-20 令和元年大都市行財政制度に関する特別委員会 本文

具体的には病院とかの連携もありますでしょうし,それから土木職員の一括採用ですね,一種の共同採用みたいなですね。恐らくさっきの大都市圏,それから地方圏ということでありますと,今後地方圏においては,この近接型ですね,それから遠隔型,それから二層制の柔軟化というのは,地域によって濃淡はありますけど,より今後もっともっと進めていかなければいけないということになるだろうと思います。  

仙台市議会 2019-12-18 都市整備建設委員会 本文 2019-12-18

まず、第118号議案令和元年度仙台市一般会計補正予算(第4号)第1条歳入歳出予算の補正中、歳出第7款土木費、第11款災害復旧費、第2条繰越明許費中、第11款災害復旧費第1項災害復旧費、土木施設災害復旧、第4条市債の補正、第120号議案令和元年度仙台市下水道事業会計補正予算(第1号)及び第145号議案専決処分事項に関する件のうち、令和元年度仙台市一般会計補正予算(第3号)第1条歳入歳出予算の補正中、歳出

新潟市議会 2019-12-18 令和 元年12月18日環境建設常任委員会−12月18日-01号

土木総務課,道路計画課です。企業の安定的な経営に貢献し,除雪または災害・緊急時に速やかに対応するためにも,繰越明許費と債務負担行為の設定を併用して,より一層の工事平準化を要望します。 ◆倉茂政樹 委員  日本共産党新潟市議会議員団を代表して賛否表明を行います。  

新潟市議会 2019-12-16 令和 元年12月16日環境建設常任委員会−12月16日-01号

初めに,土木部の審査を行います。最初に,土木部長から総括説明をお願いします。 ◎吉田和弘 土木部長  土木部所管の議案の概要と人件費補正について説明します。  初めに,議案第103号令和元年度新潟市一般会計補正予算関係部分についてです。道路の維持補修及び新設改良工事について,施工時期の平準化を図るため補正を行うとともに,繰り越しの設定を行うものです。

新潟市議会 2019-12-13 令和 元年12月13日環境建設常任委員会-12月13日-01号

建築部共通資料1ページ,2,歳入,土木債,建築債です。歳出で説明した公共建築物保全適正化推進事業の財源として,記載のとおり増額補正をお願いするものです。  次に,3,繰越明許費補正です。先ほど説明した保全工事について,年度内の完了が困難であるため,補正予算の全額について繰越明許費の設定をお願いするものです。

新潟市議会 2019-12-11 令和 元年12月定例会本会議−12月11日-04号

議長(佐藤豊美) 吉田土木部長。                  〔吉田和弘土木部長 登壇〕 ◎土木部長(吉田和弘) 新潟市内のスケートボード問題のうち,全市でのクレーム発生状況についてですが,本市では近年,東区中央区西区において,スケートボードの騒音や通行迷惑行為の苦情,相談が寄せられています。

新潟市議会 2019-12-10 令和 元年12月定例会本会議−12月10日-03号

土木部なり都市政策部,教育委員会などの部署が横断的に取り組むのは非常に大変な仕事かと思いますが,高岡市の職員に聞いたら,それにはやはり担当者の熱意が非常に重要になってくると言っていました。今後,本市においても,住民の機運が高まってきた際には,ぜひ文化財を点として活用していくのではなく,周辺地域を巻き込んで,面として戦略ある活用をお願いして,次の質問に移ります。  

福岡市議会 2019-12-10 令和元年第5回定例会(第1日)  資料 開催日:2019-12-10

                令和元年第4回福岡市議会定例会採択請願  ┏━━━┯━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┓  ┃番 号│  件     名  │      処理の経過及び結果        │  所管局  ┃  ┠───┼───────────┼───────────────────────┼───────┨  ┃ 元 │           │ 生活交通

堺市議会 2019-12-09 令和 元年第 6回定例会−12月09日-04号

公務中に職員交通事故を起こすと、事故の内容によっては懲戒処分などの問題が出てくるものではないかと思います。公用車による事故市民の信用失墜につながる行為であります。職員の皆さんには引き続き十分注意していただきたいと思います。  また、本市では現在安全・安心のまちづくりの推進に向けて防犯カメラの設置を進めています。

新潟市議会 2019-12-09 令和 元年12月定例会本会議−12月09日-02号

      観光国際交流部長 上 村   洋    環境部長      長 浜 裕 子      福祉部長      佐久間 なおみ    こども未来部長   山 口 誠 二      保健衛生部長    野 島 晶 子    経済部長      長 井 亮 一      農林水産部長    二 神 健次郎    都市政策部長    柳 田 芳 広      建築部長      鈴 木 芳 典    土木部長

新潟市議会 2019-12-03 令和 元年12月定例会本会議−12月03日-01号

      観光国際交流部長 上 村   洋    環境部長      長 浜 裕 子      福祉部長      佐久間 なおみ    こども未来部長   山 口 誠 二      保健衛生部長    野 島 晶 子    経済部長      長 井 亮 一      農林水産部長    二 神 健次郎    都市政策部長    柳 田 芳 広      建築部長      鈴 木 芳 典    土木部長

新潟市議会 2019-12-03 令和 元年12月定例会本会議-12月03日-目次

について(市長)…………………………………………………………………………63     (1) にいがた都市交通戦略プラン策定の意義について     (2) にいがた都市交通戦略プランから見えてきた優先課題について    2 債権管理について(税務監)……………………………………………………………………………66     (1) 2020年4月に改正民法債権法)が施行予定であるが,債権管理業務への影響

熊本市議会 2019-11-15 令和 元年11月15日庁舎整備に関する特別委員会−11月15日-01号

まず、本庁機能につきましては、執務室、会議室、それから表の下の方の庁舎共有部につきましては、国土交通省の基準をもとに、算定しております。  なお、執務室が大分大きく増館になっておりますけれども、こちらは現在の民間ビルの賃貸により分散しています機能を集約化したところが大きいものでございます。  

新潟市議会 2019-10-21 令和 元年決算特別委員会−10月21日-04号

困難を有する若者支援は今後ますます重要になることから,交通費など待遇の向上を検討されたい。  芸術創造村・国際少年センターについて,現在の収支では将来にわたり財政を圧迫する要因となる。PRの強化など,課題解決に早急に取り組むとともに,抜本的な改革を行われたい。  教職員多忙化の軽減,解消について,多額の執行残が見込まれる場合は,臨時職員を採用するなど,人員の増加に取り組まれたい。  

新潟市議会 2019-10-17 令和 元年決算特別委員会第4分科会−10月17日-06号

次に,土木土木総務課です。橋梁の点検,補修工事の実施が多い中,対策の達成率がまだまだ不十分と思われます。重要度を誤らず優先順位を決め,早期に点検,補修の完了をお願いするものです。  最後に,土木道路計画課です。新潟中央環状道路を初めとする幹線道路の整備は,市民のニーズです。他事業とのバランスを保ち効果的な歳出のもと,引き続き推進を望むものです。

新潟市議会 2019-10-16 令和 元年決算特別委員会第4分科会−10月16日-05号

なお,土木部の審査に当たっては,質疑の内容により,東部地域及び西部地域土木事務所長からも答弁をお願いしたいと思います。  最初に,土木総務課の審査を行います。土木総務課長から説明をお願いします。 ◎古俣弘和 土木総務課長  土木総務課の平成30年度決算について説明します。  課ごとに抜粋した資料に基づいて説明します。なお,予算科目の款項及び金額は記載のとおりですので,読み上げを省略します。

新潟市議会 2019-10-15 令和 元年決算特別委員会第4分科会−10月15日-04号

次の生活交通確保維持・強化事業は,生活交通である路線バスの運行費への補助,区バスの運行,地域主体となって運営する住民バスへの運行費の補助のほか,生活交通のさらなる強化に向けた社会実験を行ったものです。また,生活交通バリアフリー化として,区バス使用する小型ノンステップバスを購入しました。補足資料の2ページ,2,生活交通確保維持・強化事業に関する取り組み内容を記載しています。