1266件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-06 川崎市議会 平成31年  2月文教委員会-02月06日-01号 提案要旨でございますが、宮前区野川地区におきまして住居表示を実施するため、地方自治法に基づき、町区域の設定及び変更を行うものでございます。  それでは、提案の内容につきまして、文教委員会資料に基づき御説明申し上げますので、お手元のタブレット端末1(2)、(3)、議案第26、27号というPDFファイルをお開きください。2ページをごらん願います。   もっと読む
2018-09-13 熊本市議会 平成30年第 3回予算決算委員会−09月13日-02号 この事業は、歴史的・社会的理由により生活環境等の安定・向上が阻害されている地域の方々の住環境整備の促進を目的として、同和対策事業特別措置法に基づき、みずから居住するための住宅建設等を行う者に対し、償還期間最長25年の貸付を行う事業でございます。   もっと読む
2018-08-29 川崎市議会 平成30年  8月文教委員会-08月29日-01号 下から4段目の23款3項2目市民文化費貸付金収入でございますが、収入済額は1万2,500円で、これは同和世帯更生資金貸付金の償還金でございます。予算現額と比較いたしますと、2,500円の増となっております。  次に、52ページをお開きください。 もっと読む
2018-06-26 川崎市議会 平成30年 第2回定例会-06月26日-07号 本市ではバリアフリー法に基づき、主要駅を中心とした8地区を基本構想策定地区、基本構想を策定していない地区11地区を推進構想対象地区として、高齢者、障害者等の移動を支援するバリアフリー化を推進しています。最初に、横断歩道箇所の歩道との段差ゼロ化についてです。 もっと読む
2018-05-14 浜松市議会 平成30年  5月 厚生保健委員会-05月14日−01号 ◎健康福祉部次長(福祉総務課長) 1の住宅新築資金等貸付事業の概要についてですが、かつて同和対策事業として実施したもので、同和地区と周辺地域との住環境の格差を改善するために国が制度化したものです。 もっと読む
2018-05-08 京都市議会 平成30年  5月 文化環境委員会(第3回)-05月08日−03号 あなたは同和地区,部落の出身なのかと,あなたの住んでる所は同和地区なのかというようなことを聞くことが実態調査じゃないという風に附帯決議は言ってるわけです。つまり,そういう意識がなくなってる所にもう1回改めてそういうことを言うことによって何が起きるのかということで,新たな差別を生み出してはならないと,こういうように指摘をしているんだけども,この指摘については,部長はどういう風に受け止めますか。 もっと読む
2018-03-16 広島市議会 平成30年度予算特別委員会−03月16日-13号 北口地区の住民は,ようやく区画整理事業によるまちづくりが始まるというふうな形で期待をいたしております。北口地区のまちづくりに関する来年度の予算としては,基本設計や換地設計等に係る経費が計上されてると伺っております。  では,この土地区画整理事業の全体事業費や事業施行期間についてお聞かせをいただきたいと思います。 もっと読む
2018-03-13 京都市議会 平成30年  3月 文化環境委員会(第18回)-03月13日−18号 だけども,5年前,同和と部落について行った調査については,私は甚だ遺憾だと思ってるんですけど,あのときの同和と部落に関する意識調査の中身はどうでしたか。 ○委員長(大道義知)   土井部長。 もっと読む
2018-03-06 堺市議会 平成30年第 1回定例会-03月06日-04号 平成26年度に地域の方々で構成する堺環濠都市北部地区町なみ再生協議会との協働により、当地区においてアンケート調査を実施いたしました。回答いただいた方々のうち約27%が修景を行いたい、条件等によっては修景を検討したいとの回答をいただき、連絡先もお答えいただいた方々に対しては補助制度の案内を行うなど、個別の啓発も実施してまいりました。以上でございます。 ◆9番(渕上猛志君) 議長。 もっと読む
2018-02-19 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年  2月 総合政策委員会-02月19日−01号 また、地区抽出における検討のポイントとしまして、周辺環境への影響、農振法などの法規制等をはじめとする8つのポイントを考慮し、これらの視点から5地区を候補地区といたしました。  資料の右側をごらんください。  候補地区である5地区につきましては、こちらの地図に赤丸にて表示しております。 もっと読む
2018-02-08 川崎市議会 平成30年  2月文教委員会-02月08日-01号 提案要旨でございますが、高津区及び宮前区野川地区におきまして、住居表示を実施するため、地方自治法に基づき、町区域の設定を行うものでございます。  それでは、提案の内容につきまして、お手元に配付してございます文教委員会資料②に基づき御説明申し上げますので、資料の1ページをお開き願います。こちらは野川地区の住居表示に関する検討経過でございます。 もっと読む
2017-12-11 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成29年 12月 市民生活委員会-12月11日−02号 教育委員会におきましては、教職員、児童生徒を対象に男女平等にかかわる女性の人権問題や障害者、外国人、同和問題、性的少数者の人権問題など、人権尊重に係る教育を推進していると伺っております。  これまで学校への働きかけにつきましては、男女共同参画推進センターにおきまして、デートDV出前講座を実施しており、若年層の啓発に取り組んでいるところでございます。 もっと読む
2017-12-08 京都市議会 平成29年 11月 定例会-12月08日−04号 しかし,かねてから指摘しておりますとおり崇仁地区の市営住宅については,新築未入居物件が多く散見されるなど現状の施設を十二分に活用しているとは言えない状況が続いており,現在でも今すぐ使える活用可能住戸が57戸も存在しております。この57戸をすぐさまに活用すれば,今回の施設整備も3分の1以上が削減されることになります。   もっと読む
2017-12-04 北九州市議会 平成29年12月 定例会(第4回)-12月04日−02号 設問項目数は、市職員で58、学校職員が62項目の膨大なもので、個別人権問題は、女性、子供、高齢者など21項目が上げられていますが、同和問題は10項目に及び、質問23では、同和地区であることを理由に、購入を考えていた家を買うことを取りやめる、質問25では、住宅を選ぶ際に、同和地区の地域内にある同和地区と同じ小学校区になることを避けるかどうかを尋ねており、同和地区の存在を前提にしています。 もっと読む
2017-11-07 京都市議会 平成29年 11月 文化環境委員会(第11回)-11月07日−11号 ◎文化芸術都市推進室美術館再整備担当部長(川口伸太郎)   美風審の景観専門小委員会の設置目的についてでございますが,風致地区内での大規模な建築計画につきまして,外観等がその風致に合致しているかどうか,それをチェックする,そういう場であるという風に考えております。 ○委員長(大道義知)   井坂委員。 もっと読む
2017-10-06 京都市議会 平成29年 10月 決算特別委員会第3分科会(第5回)-10月06日−05号 ていましたら,人権研修という項目が出てきて,資料を求めましたら,去年の10月に部落解放研究全国集会というものに参加をされたと,参加費と交通費が支出されていたということなんですけども,参加費の事前の振込先は,部落解放同盟各都府県連から一括で下記の口座へ振り込み願いたいということで,東京の部落解放同盟中央本部に振込みと,こんな風になったりしているわけですけれども,僕は,政府においても,京都市においても,同和行政 もっと読む
2017-10-06 京都市議会 平成29年 10月 決算特別委員会第1分科会(第5回)-10月06日−05号 ◎地域自治推進室長(猪田和宏)   募集事務につきましては,今言いましたように,地方自治体の事務になっておりますので,例えば,近畿地区の関係の職員でありますとかが集まって会議が開かれるというのがございまして,そこに出席させていただくための旅費という形で支出をさせていただいているところでございます。 ○主査(平山よしかず)   森田委員。 もっと読む
2017-08-22 京都市議会 平成29年  8月 文化環境委員会(第8回)-08月22日−08号 私も早速見に行ったんですが,テーマは,同和問題について考えてみませんかというテーマになっていました。なぜこの時期に同和問題だったんでしょうか。 ○委員長(大道義知)   土井部長。 ◎くらし安全推進部長(土井保志)   失礼いたします。今回ゼスト御池の方で,人権啓発パネル展ということで開催させていただいております。 もっと読む
2017-05-19 京都市議会 平成29年  5月 定例会-05月19日−03号 現に伏見の醍醐地区にはその兆候が現れてきています。需要減に伴う供給過剰がもたらす混乱,利用者に不安や混乱を招かないように配慮しながら,どのようにソフトランディングするかは今後の課題であります。そういう状況の中,昨今の保育の量的拡大が保育士などの質の低下を招いていると言われています。 もっと読む
2017-03-24 京都市議会 平成29年  2月 定例会-03月24日−05号 契約書にある情報発信スペースの提供等が博物館法に定める美術館本来の目的から逸脱し改正前の本市の実施要綱にも反するとの指摘,ネーミングライツの導入等京都マラソンにおける市負担ゼロに向けた取組の検討,文化庁移転を契機とした京都版アーツカウンシル導入の積極的な検討,ライフサイクルコストの導入等スポーツ施設の効率的,効果的な管理運営の実現に向けた中長期的な方針,部落差別解消推進法が求める対応をせず,本市の同和行政終結後 もっと読む