5394件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会本会議-06月24日-05号

さらに,児童相談所の体制強化や,警察などの関係機関との連携強化などにより,児童虐待の早期発見に努め,犯罪などから市民の皆様の安全な暮らしを守るまちづくりに,全庁を挙げて取り組んでいきます。                〔内山幸紀議員 発言の許可を求む〕 ○副議長(佐藤誠) 内山幸紀議員。                   

新潟市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会本会議-06月20日-03号

民間団体が行った調査によると,ギャンブル依存症が関係し起きた事件の事例は,横領などの企業犯罪,強盗や殺人へ発展した重大事件,児童虐待,ネグレクトによる児童被害,少年犯罪が挙げられます。また,児童被害については,親がパチンコに行っている間に子供が車の中に置き去りにされて熱中症で死亡する事件など,これからの季節に心配される痛ましい事件です。  

新潟市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会本会議−06月19日-02号

次に,児童虐待についてお伺いします。  連日,次から次へと幼い命が奪われるという報道が目につきます。通報,保護のおくれが一つの命を奪うことになりかねません。行政の一瞬の判断ミスや連絡のおくれなどが問題として挙がりますが,果たして本市は大丈夫なのかと,市民は大変心配しています。  

新潟市議会 2019-06-14 令和 元年 6月14日市民厚生常任委員協議会−06月14日-01号

自立した生活への支援,あんしん連絡システム事業や在宅介護支援,紙おむつ支給事業などを実施し,在宅での自立した生活や介護を支援するとともに,地域における相談・支援体制の充実,高齢者虐待防止事業として高齢者虐待の未然防止を図るため,関係職員に対する研修や関係機関との連携を進めます。  

新潟市議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会本会議-06月13日-目次

(2) 新潟三越撤退後の古町・本町地区について     (3) 工業団地の進捗状況について    3 本市の文化政策について(市長)     (1) 地域の伝統文化や文化的イベントについて     (2) Noismについて    4 子育て政策について(市長)     (1) 現在の保育園の入園状況について     (2) ひまわりクラブの指定管理について     (3) 児童福祉法等改正を受けた

札幌市議会 2019-05-14 令和 元年第 1回臨時会−05月14日-02号

耐震性能が低い学校に通う児童生徒や保護者に対し、不安を考慮した丁寧な説明が必要と考えるが、どのように対応したのか。避難所としても活用されることを踏まえ、未実施が判明した時点で速やかに情報提供すべきだったと考えるが、なぜ公表がおくれたのか。

新潟市議会 2019-03-22 平成31年 2月定例会本会議−03月22日-09号

2 市は,学校教育において,児童若しくは生徒又は保護者等が,ろう者をはじめ,中途失聴者,難聴者その他手話を必要とする人である場合,手話を使用しやすいよう,また,その児童又は生徒が手話を学びやすい環境となるよう必要な措置を講ずるよう努めるものとします。 3 市は,学校において児童,生徒及び教職員に対して手話を学ぶ機会を提供するよう努めなければなりません。  

新潟市議会 2019-03-18 平成31年 3月18日文教経済常任委員会−03月18日-01号

次に,学校支援課,特別支援教育支援員の配置について,特別な支援を必要とする児童生徒の増加に対応するため,支援員の配置基準を見直したことは,限られた予算を最大限に生かしつつ,現場に応えようとする姿勢であることを高く評価します。一方,意向調査の進め方が配慮に欠けた点では,真摯に反省し,学校から丁寧な聞き取りを行った上で,必要な支援員を配置するよう要望する。  

新潟市議会 2019-03-18 平成31年 3月18日市民厚生常任委員会−03月18日-01号

こども未来部児童相談所,児童福祉司の増員によって,児童相談所の機能強化を期待します。特に野田市虐待死亡事件にあるように,DV・虐待対応が進むことを期待します。同時に新しい社会的養育ビジョンでは,施設養護から里親委託に大きくかじが切られましたが,里親支援員の配置においても,国基準を満たすよう今後の措置,増員を求めます。  

新潟市議会 2019-03-15 平成31年 3月15日文教経済常任委員会−03月15日-01号

18年度の新潟市における5月1日現在の特別支援学級数は,市立小・中・特別支援学校合わせて483クラス,児童数は2,024人と年々増加しています。'12年の文部科学省の調査によると,通常学級に在籍し,知的発達におくれのないものの学習面,各行動面で著しい困難を示すとされた児童生徒数は,全体の6.5%となっています。

新潟市議会 2019-03-14 平成31年 3月14日市民厚生常任委員会−03月14日-01号

また,児童虐待防止の取り組みとしてCAPプログラムや関係者を対象とした研修会なども実施していきます。  次に,第3款民生費,第1項社会福祉費,第1目社会福祉総務費,地域保健福祉活動の推進は,北区と東区在住の保護司で構成する新潟東地区保護司会への補助金で,次の社会福祉諸経費は,当課の事務費です。  次に,第2項児童福祉費,第1目児童福祉総務費,児童福祉諸経費は,児童福祉業務に係る事務費です。  

堺市議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会−03月14日-05号

│ │ なお、昨年4月1日時点の未利用児童数が767人で、10月1日時点の未利用児童数が1,5│ │19人、そしてその後もふえています。保育料の無償化が進む中、さらに入所希望がふえると予測│ │され、特に北区では未利用児童数がゼロから2歳児で突出して多く、中区では3から5歳児で突出│ │して多い状況です。

福岡市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第6日)  本文 開催日:2019-03-13

児童虐待について、児童虐待ゼロに向けて、事件発生の予防と早期発見、早期対応、子どもの保護体制の充実に取り組むとともに、児童虐待防止に関する条例を制定すべきとの意見。  保健福祉行政については、生活保護を受給している高齢者世帯への支援強化について、個別の課題に応じた自立支援に取り組まれたいとの要望。

静岡市議会 2019-03-13 平成31年 厚生委員会 本文 2019-03-13

28 ◯杉山児童相談所長 児童虐待のケースについては、子供の安全を最優先に考えて、必要に応じて一時保護、施設入所等の措置をとっております。子供を家庭に帰す、戻すときにも、保護者と面接を重ねる中で、チェックをしっかりして安全性を確認するなどして、特に慎重に対応しているところでございます。  

横浜市議会 2019-03-13 平成31年 政策・総務・財政委員会

副市長にお聞きしますが、児童相談所は今鶴見の件もあって、区役所と児童相談所の関係でも大変になっています。こども青少年局も学習指導員とか心理判定員が嘱託職員ということは、多分児童相談所関係だとわかります。今の横浜市の置かれている子育て支援という点では、児童相談所の関係者も含めて対応する件数も多いことから、今回も21人ふやしています。でも、やはり足りていないのではないかと思うのですが、いかがですか。

福岡市議会 2019-03-12 平成31年条例予算特別委員会 本文 開催日:2019-03-12

第1に、子どもの医療費助成の対象年齢の拡大、自己負担額の軽減、保育所の一層の整備、保育士の処遇改善の充実、教育費の保護者負担のさらなる軽減、児童福祉司の大幅増員、地域の実情に即した介護施設のさらなる整備、少人数学級の実施学年の拡大、学校の特別教室へのエアコンの設置、公立夜間中学の設置の手だて、公共交通空白地域等へのコミュニティバス等の導入、原子力災害に対する防災計画の見直しなど、生活保障を充実させることを

新潟市議会 2019-03-11 平成31年 3月11日市民厚生常任委員会−03月11日-01号

次の地域における相談・支援体制の充実は,高齢者虐待防止事業として,養介護施設などの管理者向け研修や高齢者の総合相談に応じる高齢者あんしん相談センターの運営事業費であり,次の快適な住まいへの支援は,高齢者向けの住宅リフォーム助成を実施するものです。  次の高齢者の生きがいづくりの推進は,敬老事業や全国健康福祉祭選手団派遣事業を行います。  

新潟市議会 2019-03-11 平成31年 3月11日文教経済常任委員会−03月11日-01号

学校現場は,児童虐待などの非常に深刻な事案もふえています。専門スタッフが継続的に子供にかかわれるように,常勤雇用にして,その上で専門スタッフと教員がそれぞれの専門性を生かした連携をすることで,子供たちへの支援を拡充させるべきと考えますが,どう考えますか。 ◎高居和夫 教育次長  スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーは,兼業は認められていて,大学の先生や県との兼務等を実際に行っています。

堺市議会 2019-03-08 平成31年度予算審査特別委員会-03月08日-03号

堺市の児童虐待の実態ですが、子ども相談所等に寄せられた通告数、相談件数など、どのようになっているか、具体的にお答えください。 ◎菅原 子ども相談所次長  平成29年度におけます子ども相談所での児童虐待の通告受理件数は954件、相談対応件数は1,621件となっております。