運営者 Bitlet 姉妹サービス
11373件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-15 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-03月15日-05号 培ってきた技術等を生かす取り組みについて、民間の認可保育で事故が発生した際の対応について、公立保育以外で事故が発生した際の保険会社からの支払いの確認について、それぞれ質疑がありました。   もっと読む
2019-03-14 堺市議会 平成31年第 1回定例会−03月14日-05号 │ │ 待機児童の解消についてですが、認定こども園などを2018から2020年度において、創設│ │16カ所、増改築1カ所、分園3カ所、大規模修繕3カ所などを整備するとしています。また、小│ │規模保育については特区を活用し、3歳以上の園児を受け入れる事業10カ所に開設経費を補助│ │、私立幼稚園においては保育を必要とする満2歳児の受け入れに要する経費を3カ所に補助すると│ │しています。 もっと読む
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月文教委員会−03月08日-01号 また、病院から児童相談に連絡があったなどということも明記されておりました。  皆さん方が示されてきたA4の1枚の資料と、事故調査報告書、また議事録、これはかなりの乖離があるために、もう少し丁寧な御説明をいただかないことには2億2,000万円、これはあくまで市が肩がわりしているようなものですけれども、当該職員に求償を行わないというところに行き着きません。説明を求めたいと思います。 もっと読む
2019-03-07 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月07日-04号 また、原則として広告物の掲出は認めておりませんが、バス事業者がみずから設置するバス停留のベンチに、ベンチの整備促進と維持管理に要する費用への充当を目的として掲出する場合には可能となっております。バス事業者から新たな形状のベンチの設置の相談があった際には、広告物の掲出の可能性等も含めて協議してまいります。以上でございます。 もっと読む
2019-03-06 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月06日-03号 次に、児童虐待等についての人権オンブズパーソンの役割と解決に向けた方策についてでございますが、一定の権力的な手法でなければ解決できないものについては、児童相談や警察に解決を委ねております。 もっと読む
2019-03-05 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月05日-02号 DV被害の相談対応延べ件数は年々増加し、2017年度1,536件、2018年度は4月から1月まで10カ月間でも前年度より多い1,586件です。これとはリンクしない形で、児童相談や保健福祉センターに寄せられる児童虐待相談・通告の中で、子どもの面前での配偶者暴力を含む心理的虐待も2017年度、児童相談と区役所合わせると、過去最多の1,666件にも上ります。 もっと読む
2019-03-04 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月04日-01号 ◆片柳進 委員 続いて、性自認と性的指向にかかわる施策、LGBTの相談窓口について市民文化局長に伺います。各地でLGBTなど性自認・性的指向にかかわる相談に取り組む自治体がふえています。県内でも横須賀市や小田原市、鎌倉市などがパートナーシップ制度に取り組む方向に新たに進んでいます。世田谷区や多摩市、横須賀市などはLGBT相談に取り組んでいます。 もっと読む
2019-02-26 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月26日-04号 面前DVは子どもに対する心理的虐待の一つですが、児童虐待対策とDV被害者支援の連携は適切に図られているのか伺います。  児童相談職員の資質向上、児童相談に配置予定の常勤弁護士の役割、警察OBの活用、児童相談と区役所の情報共有ネットワーク化の質問については、他会派のやりとりで理解しましたので、答弁は結構です。  次に、鷺沼駅周辺再編整備事業について、藤倉副市長に伺います。 もっと読む
2019-02-25 川崎市議会 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号 次に、児童虐待対策についての御質問でございますが、初めに、緊急安全確認の取り組み状況についてでございますが、本調査は児童相談や学校、保育等において実施する調査でございまして、各施設において面会による対象児童の安全確認を行うこととなっております。 もっと読む
2019-02-20 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月20日-04号 ◎子ども青少年局長(岡崎尚喜君) 児童虐待対策のうち、東京都目黒区、千葉県野田市の事案についての御質問でございますのでお答えいたします。  新聞報道などによりますと、当該虐待事案への対応の問題点としましては、児童相談による介入や支援対応、関係機関との連携の不備などが上げられております。 もっと読む
2019-02-19 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月19日-03号 これは実は、足りぬ保育何とかしてという、当時保育難、私の入居当時は各階段に必ず1人ぐらいはおなかの大きい方、妊婦がいらっしゃったそんな時代でした。まさに団地はベビーブームだったんですね。保育はできないということで、私たちはこの新聞で呼びかけて、住民で保育をつくるという活動を始めたその1つなんです。実は私の家も提供しておりました。その保育の1こまがあります。   もっと読む
2019-02-18 堺市議会 平成31年第 1回定例会-02月18日-02号 ◎子ども青少年局長(岡崎尚喜君) 平成29年度の児童虐待相談対応件数は、子ども相談が1,621件、各区子育て支援課の家庭児童相談室が1,306件、合計2,927件となっており、5年前の平成25年度の2,123件と比べまして約1.4倍にふえてございます。  市民からの虐待通告は児童相談全国共通ダイヤル189、いちはやくなどにより、主に子ども相談が受けてございます。   もっと読む
2019-02-12 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月12日-01号 障害者福祉サービスにつきましては、質の高い相談支援体制の充実を図るため、サービスの利用に必要な計画相談に係る支援体制の強化に取り組むとともに、障害者と企業の両面からの就労支援に向けて、企業向け雇用相談窓口の設置など障害者雇用支援を強化してまいります。 もっと読む
2019-02-12 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月12日-01号 365日、年中無休で仕事をして、公務中心にかまけて、家族が支えている会計事務について、何ら相談に乗ってやれなかったこと、そして乗ってやれる環境になかったことが、私はざんきにたえません。不適切な会計処理で市民の皆さんに対して申しわけないと思っております。私のわがまま勝手なライフスタイルが家族にしわ寄せを起こしていることが一番残念でございます。 もっと読む
2019-02-06 川崎市議会 平成31年  2月文教委員会-02月06日-01号 主なものといたしましては、2行目、区政事業費は3億6,801万5,000円で、多摩区役所生田出張の建てかえ整備を進めるほか、参加と協働による地域課題解決の新たな仕組みの区域レベルの拠点となる場、(仮称)ソーシャルデザインセンター及び地域で誰もが気軽に出会える場(仮称)まちのひろばの創出に向けた検討を進め、順次モデル実施を行います。   もっと読む
2019-02-06 川崎市議会 平成31年  2月健康福祉委員会-02月06日-01号 次に、左側、2目障害者福祉事業費は442億1,229万6,000円で、主な内容は、右側、障害者(児)介護給付等事業費、133ページ上段に参りまして障害者医療事業費、4つ下、地域生活支援等事業費の中の障害者社会参加総合推進事業費におきまして、障害福祉サービスの利用に必要な計画相談に係る支援体制の強化を図るため、一定の要件を満たした指定特定相談支援事業等に対する支援を行うほか、枠内中段の障害者雇用・就労促進対策事業費 もっと読む
2019-02-04 川崎市議会 平成31年  2月総務委員会−02月04日-01号 一方、歳出は、待機児童対策の継続的な推進、学校トイレ改修工事等の教育環境整備の推進による増などによりまして、対前年度比で約225億円の増となったところでございます。   もっと読む
2018-12-27 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月27日-06号 西原氏は、昭和34年の生まれで、昭和57年に同志社女子大学家政学部を卒業後、熊本市総合女性センター総合相談室に勤務され、その後、くまもと市男女共同参画会議委員として尽力されました。現在は、特定非営利活動法人こころのサポートセンター・ウィズ理事長として活躍されております。  草野氏は、昭和40年の生まれで、昭和58年に熊本信愛女学院高等学校を卒業されました。 もっと読む
2018-12-20 堺市議会 平成30年第 4回定例会−12月20日-05号 2.認知症診断直後は、相談できる人がいないといった人が多く存在しており、診断直後の空白期間が生じている。この空白期間については、本人が必要とする支援や情報につながることができるよう、医療と介護等の有機的な連携、認知症ケアパスや認知症サポーターの活用等による支援体制の構築を図ること。 もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回厚生委員会−12月19日-01号 今回、予算にも5本の委託事業を出しておりますが、自立相談支援事業と家計相談支援事業はセットで公募に出しておりますので、事業数としては4本になります。4本それぞれに公募をかけまして、今回契約している分につきましては、それぞれ4本に1者ずつの応募があっております。それぞれ、その1者と現在契約しているというような状況でございます。4本とも、業者は全て別業者というふうになっております。 もっと読む