運営者 Bitlet 姉妹サービス
4099件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回厚生分科会−12月19日-01号 それから、その下、障がい者虐待防止センター夜間・休日電話対応業務でございますが、この電話対応業務につきましては、通常は、昼間につきましては、私ども、障がい保健福祉課の方で虐待に関する通報の方は受信をさせていただいておりますが、夜間・休日につきましては、業務を委託することによりまして24時間365日の通報体制を確保していく業務でございます。ここは、限度額293万円で計上させていただいております。   もっと読む
2018-12-18 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月18日-05号 例えば、自衛隊や介護施設並びに保育施設、あるいは民間企業等への一定期間の派遣など、可能な限り模索することも有効策と感じています。人の生命を重んじ、社会で生き残りをかけて闘う勇気や行動力を培う一助になるはずです。 もっと読む
2018-12-14 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月14日-03号 一定の評価はしますが、無償化だけではなくて、保育士の確保、保育の質の向上等、さまざまな課題を克服するための施策が必要と考えているところです。国も、保育士確保に向けて、人件費の補助制度等を実施していますが、その効果も上がらず、保育士不足は全国的な課題となっています。潜在保育士が全国で七十何万人いるということですけれども、保育士が見つからないというのが現状です。   もっと読む
2018-09-26 千葉市議会 2018.09.26 平成30年決算審査特別委員会教育未来分科会 本文 本年度5月末現在ですが、幼稚園、保育所等からの個別の教育支援計画を踏まえて、各学校で支援計画を作成した小学校1年生は48人です。また、今年度9月現在ですが、特別支援学校を除き、小学校では931人、中学校では303人、合わせて1,234人の児童生徒の個別の教育支援計画が作成されております。   もっと読む
2018-09-25 千葉市議会 2018.09.25 平成30年決算審査特別委員会保健消防分科会 本文 なお、養成におきましては、職員の研修や突発的な休暇等により、休日者が出た場合も対応できるように、また退職等により不足する資格者を補うような形で計画的に養成しております。  以上です。 ◯主査(三須和夫君) 福永委員。 ◯委員(福永 洋君) わかりました。消防団のほうも、それは影響がないのかどうかについても、あわせてお願いします。 ◯主査(三須和夫君) 総務課長。 もっと読む
2018-09-25 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月25日−05号 未来を担う子供たちが健やかに成長することを願い、チルドレンファースト、子供が第一であるという理念の中では、子供を育て、育むための経済的な支援や、子供の居場所確保、保育や幼児教育の充実など、保護者が安心して子供を産み育てられるような施策が必要であります。子供の貧困が問題となる中で、特に医療が最優先課題であり、経済的視点という面から見ても、小児医療費助成制度は最も重要な施策であると考えます。 もっと読む
2018-09-21 千葉市議会 2018.09.21 平成30年決算審査特別委員会環境経済分科会 本文 啓発とか理解促進ということで、公立の保育所ですとか、市内の民間保育所ですとか、市内の幼稚園に啓発の冊子を配ってということがあったと思うんですが、その目的と効果、それから今後の啓発するという方向性について伺いたいと思います。 ◯主査(蛭田浩文君) 生活文化スポーツ部長。 もっと読む
2018-09-21 千葉市議会 2018.09.21 平成30年決算審査特別委員会教育未来分科会 本文 保育保育費負担金、公立保育所使用料のほか、国県負担金の児童手当収入、保育等に係る施設型給付費収入などでございます。  次に、一般会計の歳出についてでございます。138ページをお願いいたします。  歳出決算額の合計は、一番下の計欄になりますが、予算現額502億7,100万円に対しまして、支出済額は484億円でございます。 もっと読む
2018-09-21 千葉市議会 2018.09.21 平成30年決算審査特別委員会都市建設分科会 本文 例えば、道路であるとか歩道であるとか、あるいは保育所であるとかといったような既存ストックがすぐれている点。ただ、一どきに入居が進んだことから、高齢化が急に進んでいるというような状況にあります。 もっと読む
2018-09-20 京都市議会 平成30年  9月 予算特別委員会第1分科会(第2回)-09月20日−02号 しかしながら,本市といたしましても,道路に面するものですとか,公園,幼稚園,保育所,小中高,各種学校ですね,これらに面するものなどにつきましては専門家を派遣し,安全性の確認を行うとともに,除却に対する助成制度による支援を行うなど,市民の皆様の生命を守ることを最優先に考え,緊急的な安全対策の支援を図っているところでございますので,引き続き取組を進めてまいりたいと思っております。 もっと読む
2018-09-13 熊本市議会 平成30年第 3回予算決算委員会−09月13日-02号 行事やイベントは大抵土日、休日に集中しておりまして、地域の話し合いといえば大体夕方以降に行われることが一般的であります。休むときには休んで、しっかり体力調整をしていただきたいと思います。  御答弁にもありましたが、今後は区ごとの特色がわかるような指標の設定があってもよいかなと思っております。今後の推移を見ながらぜひとも検討していただきたいと思います。   もっと読む
2018-09-12 千葉市議会 2018.09.12 平成30年教育未来委員会 本文 ◯委員(田畑直子君) 成果についても、昨日出ておりまして、業務効率化につながっているということですが、現場の負担として、例えば、休日保育における保育所間の児童の情報共有であったり、行政に申請、提出する業務書類が負担軽減ということが求められているんですが、このようなことについての効率化にはつながるのかどうかを確認させてください。 ◯委員長(石井茂隆君) 幼保運営課長。 もっと読む
2018-09-12 熊本市議会 平成30年第 3回予算決算委員会-09月12日-01号 国民健康保険会計につきましては、訪問催告や夜間・休日の電話催告の民間委託及び差し押さえの強化等による収納率の上昇や、前期高齢者交付金の増加等により、昨年度の単年度収支1億5,276万円の赤字から18億3,163万円の黒字となり、大幅に収支が改善しております。 もっと読む
2018-09-10 熊本市議会 平成30年第 3回定例会−09月10日-05号 このほか、ワーク・ライフ・バランスでは、優秀な人材がやめないで済むと感じている企業が多くあり、事業所におけるワーク・ライフ・バランスの取り組みは、前回よりも進んでいる状況ですが、ワーク・ライフ・バランスを推進する上で本市に望むことを見ると、やはり、保育施設や介護支援サービスの充実が最も多く、また、子育て家庭に対する経済的支援や相談体制の充実がこれに次いでいます。   もっと読む
2018-08-30 京都市議会 平成30年  8月 まちづくり委員会(第9回)-08月30日−09号 また,日常生活エリアでは,1に,日常生活を支える商業施設,病院,保育所などが身近にあり,公共交通での移動もスムーズで,2に,既存ストックの活用等が進み,京都ならではの暮らしが継承されるとともに,豊かな自然と調和した居住環境を維持していること,3に,ニュータウンの再生,活性化や若年子育て層のニーズにあった住宅供給など,暮らしてみたくなる生活空間の確保を目指すものです。   もっと読む
2018-07-25 京都市議会 平成30年  7月 教育福祉委員会(第9回)-07月25日−09号 それから,問12ですけれども,あなたの休日の過ごし方,さ細なことで申し訳ありませんけれども,6番目の学校の宿題や資格などを取るための勉強をするというのと,習いごとや塾,資格などを取るための講習を受けるというのは,似たような,だから,いわゆる学生さんが答えるのが6で,働いている人が答えるのが17なのかなというようなことを思ったりもするけど,三つまでしか選べないという中で,資格を取るためとか,ちょっと統一 もっと読む
2018-07-02 千葉市議会 2018.07.02 平成30年大都市制度・新庁舎整備調査特別委員会 本文 6の児童福祉施策の拡充については、幼児教育・保育の無償化について、国の責任において着実に推進することを提案するとともに、待機児童対策を初め、子ども・子育て支援新制度の充実などのため、財政措置の拡充など、必要な措置を講ずることを提案するものです。   もっと読む
2018-06-28 広島市議会 平成30年第 2回 6月定例会−06月28日-05号                               └広島市議会定例会┘  総務委員会  請願 ┌─────┬────────────────────────────────┐ │ 受理番号 │         件            名         │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │  18  │「被爆国首相よ8月6日9日を人類総ザンゲの日として休日 もっと読む
2018-06-28 相模原市議会 平成30年  6月定例会議-06月28日−06号 本市といたしましても、子供のころから食に対する基本的な知識や習慣を身につけることを促すなど、子供の健全な食生活の実践に向け、家庭や保育所、学校、地域等で食育の推進を図ってまいりたいと考えております。  次に、学校給食についてでございます。 もっと読む
2018-06-27 京都市議会 平成30年  6月 教育福祉委員会(第7回)-06月27日−07号 休日参観も事前にございましたので,そうした中で引取訓練も実施した学校も多くございます。そうした学校につきましては比較的円滑に取組ができたという声も聞いております。 もっと読む