6051件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2019-07-25 令和 1年  7月総務委員会−07月25日-01号

これは、臨時福祉給付金事業や、学校給食センターの取得に係る国庫補助金が減となった一方で、民間保育所認定こども園等の受入枠の増、障害者自立支援給付費の増による国庫負担金、及び京浜急行大師線連続立体交差事業に係る国庫補助金が増となったことなどによるものでございます。  次に、繰入金でございますが、決算額は、474億2,300万円で、前年度と比較して、132億3,500万円の増となっております。

川崎市議会 2019-07-03 令和 1年 第3回定例会−07月03日-08号

また、今後の整備スケジュールにつきましては、道路管理者と公道認定道路工事等の時期について調整を図り、施工可能な路線から工事に着手することとしており、公道認定された路線について、来年度から順次工事に着手する予定としております。以上でございます。 ○副議長(花輪孝一) 勝又議員。 ◆46番(勝又光江) ありがとうございます。  この日光台に住んでいる方からはこんな話を伺いました。

岡山市議会 2019-07-02 07月02日-11号

について 甲第26号議案 市道路線の認定について 甲第27号議案 市道路線の認定について 甲第28号議案 市道路線の認定について 甲第29号議案 市道路線の認定について 甲第30号議案 市道路線の認定について 甲第31号議案 市道路線の認定について 甲第32号議案 市道路線の認定について 甲第33号議案 市道路線の認定について 甲第34号議案 市道路線の認定について 甲第35号議案 市道路線の認定について

川崎市議会 2019-07-01 令和 1年 第3回定例会-07月01日-06号

新たに要介護認定区分3・4・5の認定を受けた方、身体障害者手帳1・2・3級の交付を受けた方にはダイレクトメールを送っているとのことですが、これまでこの制度の対象でありながら制度を知らなかった人が、ホームページや「ふれあい」の冊子から、この支援制度にたどり着くことは難しいのではないかと考えます。障害の重い方の中には、そもそも避難所に行くことが難しいと諦めている方もいます。

川崎市議会 2019-06-28 令和 1年 第3回定例会-06月28日-05号

総務企画局長(大澤太郎) 職員の業務負担軽減の取り組みについての御質問でございますが、全庁的な業務改革・改善の取り組みとして、本年4月に設置した総務事務センターにおいて、各局区で行っている出張旅費認定事務、非常勤嘱託員任用事務等の集約化を順次進めるとともに、契約事務や公印申請事務を初めとする全庁に共通する事務のさらなる効率化や、AIやRPA――コンピューターによる定型事務の自動化など、新たなICT

川崎市議会 2019-06-27 令和 1年 第3回定例会−06月27日-04号

川崎火災予防条例の一部を改正する条例の制定について   議案第89号 川崎情報公開・個人情報保護審査会委員の選任について   議案第90号 等々力補助競技場改修工事請負契約締結について   議案第91号 東扇島堀込部護岸築造その1工事請負契約締結について   議案第92号 川崎区における町の名称の変更について   議案第93号 川崎消費者行政推進委員会委員の選任について   議案第94号 町田市道路線の認定

川崎市議会 2019-06-21 令和 1年  6月健康福祉委員会-06月21日-01号

( 理事者一部交代 )         ───────────────────────── ○押本吉司 委員長 次に、健康福祉局関係の議案の審査として、「議案第83号 川崎介護保険条例の一部を改正する条例の制定について」及び「議案第102号 令和元年度川崎介護保険事業特別会計補正予算」を議題といたします。  

堺市議会 2019-06-21 令和 元年第 4回臨時会−06月21日-01号

さらに、ひとり暮らし高齢者や、いわゆる老々介護世帯のごみ出し支援など、高齢者が安心して暮らしていただくための施策を市民の意見を聞きながら検討を進めます。  また、障害のある全ての世代の方々が毎日を充実し、希望を持って暮らせるよう、子育てから学校教育、就労、生活に至るまでのサポート体制の強化をめざします。  

仙台市議会 2019-06-20 健康福祉委員会 名簿 2019-06-20

クラブ事業推進室長     富田 悠輔  障害企画課長            菅原 俊      幼稚園担当課長         加藤 誠  障害者支援課長           高橋 聡      運営支援課長          綾部 正行  高齢企画課長            白岩 靖史     環境整備課長          佐藤 浩行  地域包括ケア推進課長        松本 啓伸     認定給付課長

仙台市議会 2019-06-20 健康福祉委員会 本文 2019-06-20

放課後児童支援員は、保育士などの基礎要件に該当した上で、かつ認定資格研修を修了した者とされております。  なお、この認定資格研修の実施主体につきまして条例改正を御提案しているところでございます。  表の3段目に記載のとおり経過措置がございまして、条文では平成32年、すなわち令和2年の3月31日までに研修修了予定の者については、研修受講前でも支援員に位置づけられることとなっております。

川崎市議会 2019-06-20 令和 1年 第3回定例会−06月20日-03号

介護人材確保についてです。昨年度より本市では外国人人材確保として外国人介護人材雇用支援事業を行っています。明らかになった課題と今後の取り組みを伺います。あわせて今年度より外国人介護人材インターンシップの受け入れ支援等により、海外大学と市内介護事業所のルートづくりを進めるとのことです。取り組みを伺います。  高齢者の遺品整理についてです。

福岡市議会 2019-06-18 令和元年第3回定例会(第4日)  本文 開催日:2019-06-18

92 ◯保健福祉局長(舟越伸一) 厚生労働省が公表しております例に倣い、要介護認定を受けている方のうち、意思疎通が多少困難で日常生活に支障を来している状態である日常生活自立度II以上の方を認知症高齢者といたしますと、2015年が3万2,000人、2025年が5万5,000人、2040年が8万3,000人となります。

福岡市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第3日)  本文 開催日:2019-06-17

8 ◯保健福祉局長(舟越伸一) 福岡市内の障がい福祉サービスの事業所数につきましては、平成31年4月1日現在で、居宅介護などの訪問系サービス事業所が298カ所、生活介護などの日中活動系サービス事業所が263カ所、入所施設である障がい者支援施設が13カ所、グループホームが83カ所、その他重度障がい者に対して包括的な支援を行う事業所などが4カ所となってございます

福岡市議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第2日)  本文 開催日:2019-06-14

私は日本共産党市議団を代表して、本市の要介護認定事務の集約化及び委託化について、ことし1月に施行された障がい者差別解消条例が生かされていない問題について質問します。  質問の第1は、要介護認定事務の集約化、委託化問題についてです。介護認定は、申請者である高齢者が安心して生活していくために、どのようなサービスがどれだけ必要なのかを決定します。

川崎市議会 2019-06-06 令和 1年  6月総務委員会-06月06日-01号

また、非公開とした会議が1,558回でございますが、この中には、介護認定審査会の非公開分1,198回が含まれております。  3の傍聴人の数は206人でございます。  次に、152ページをごらんください。参考資料、平成30年度川崎審議会等の会議の公開に関する条例の運営状況内訳でございますが、執行機関別の会議の開催状況等については記載のとおりとなっております。  

川崎市議会 2019-06-05 令和 1年  6月総務委員会−06月05日-01号

(1)の改正内容でございますが、アの不正行為に起因して納付不足額が生じた場合における賦課徴収の特例については、自動車メーカーの不正の手段によって受けた燃費性能の認定等が取り消されたことに起因して納付不足額が生じた場合の賦課徴収の特例を(ア)のとおり環境性能割について、また(イ)のとおり種別割について、それぞれ設けるものでございます。  

川崎市議会 2019-05-31 令和 1年  5月大都市税財政制度調査特別委員会−05月31日-01号

障害者制度改革に係る財政措置等について」でございますが、1は、生活介護サービス等の報酬について、現状を踏まえた適切な単価を設定すること、2は、地域生活支援事業について十分な財政措置を講ずること、3は、障害者就業・生活支援センターの設置・運営費について十分な財政措置を講ずることを要請するものでございます。  1枚おめくりいただきまして、9ページをお開きください。