運営者 Bitlet 姉妹サービス
972件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-27 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月27日−07号 本市には、不妊治療休暇の制度がないため、年休だけでは足りずに、治療の継続が難しくなったり、土曜日等に集中して心身の負担が増すなど、当事者は困難な状況に置かれています。周辺の横浜市や川崎市では療養休暇の運用拡大による不妊治療休暇が措置され、他の県費教職員にも休暇保障があります。熊本市など、条例による制度化をした例も少なくありません。 もっと読む
2018-09-25 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月25日−05号 次に、不妊、不育症について伺います。以前、不妊に悩む相談体制について質問させていただきました。日本では、不妊に悩むカップルは5.5組に1組と言われ、何らかの不妊治療を受けている人は50万人と推測されています。近年、日本で不妊に悩む人は、減少するどころか、ふえているとさえ言われています。  また、その一方、流産、死産や、早期新生児死亡を繰り返す不育症で、子供を持てないことを悩んでいる人もおられます。 もっと読む
2018-09-20 千葉市議会 2018.09.20 平成30年決算審査特別委員会保健消防分科会 本文 次に、117ページ、10の不妊対策です。  1の不妊専門相談センターについてですが、(1)の医師、助産師による面接相談は延べ25件、(2)の保健師による電話相談は延べ174件でした。  2の特定不妊治療費助成についてですが、体外受精及び顕微受精の治療に対して助成するもので、助成件数は949件でした。  次に、11の健康づくりです。   もっと読む
2018-06-20 千葉市議会 2018.06.20 平成30年第2回定例会(第7日目) 本文 本当に治療したかなどの医療受診の事実確認はどのようにしているのか、お願いいたします。 ◯議長(小松崎文嘉君) 保健福祉局次長。 ◯保健福祉局次長(山口淳一君) 海外療養費の申請を受ける際は、申請書のほか、治療した医師が作成した診療内容明細書、病院への支払いを示す領収書や渡航事実を確認するためのパスポートなどをお持ちいただき、全て原本を確認しております。 もっと読む
2018-05-31 京都市議会 平成30年  5月 定例会-05月31日−04号 諮第2号 人権擁護委員の推薦について 第9 諮第3号 人権擁護委員の推薦について 第10 市会議第1号 下水道施設の改築に係る国庫補助の継続に関する意見書の提出について 第11 市会議第2号 ヘルプマーク及びヘルプカードの更なる普及推進を求める意見書の提出について 第12 市会議第3号 日本年金機構の情報セキュリティー対策の見直しを求める意見書の提出について 第13 市会議第4号 旧優生保護法による不妊手術 もっと読む
2018-05-30 横浜市議会 平成30年 こども青少年・教育委員会 とにかく早期発見と早期の支援開始が非常に大切なのだということなのですけれども、その意味でここに記載されている取り組み自体は大いに評価したいと思うのですが、問題は切迫感、スピード感だと思っていまして、ここの指標の部分にあります診断から治療の入り口となる地域療育センターの初診待機時間が4年間の目標をかけて半月の短縮、また保育所等訪問・巡回支援人数も4年間でプラス240名の増ということで、さまざまな課題、 もっと読む
2018-03-20 京都市議会 平成30年  2月 定例会-03月20日−04号 医療的ケア児保育支援事業の実施保育所における看護師の確保を支援する方策,全ての児童が希望の保育所に入所できるよう待機児童ゼロの認識を改める必要性,学童う歯対策を含め,子ども医療費支給事業の拡充に向けて府と連携し取り組む考え,所得制限を設定せずに子ども医療費無料化を実現する必要性,児童養護施設退所者支援に係るハンドブックを活用した入所者への支援及び退所後の支援施策の周知の充実,ニーズを的確に把握し,不妊治療相談事業 もっと読む
2018-03-16 福岡市議会 平成30年条例予算特別委員会第2分科会 質疑・意見 開催日:2018-03-16 不妊治療は病休扱いにできないのか。 [答弁]  県では病気休暇として取得できたが、本市では不妊治療は病気休暇として取り扱っていない。 153 [質疑・意見]  県費から市費になって制度改悪が多い。 もっと読む
2018-03-15 熊本市議会 平成30年第 1回厚生分科会−03月15日-02号 これは、障がい児(者)が身近な歯科診療所で、安心して必要な歯科治療、保健指導を受けられるようにするために、障がいの状態に応じた知識や技能を有する歯科医師及び歯科衛生士を育成し、障がい児(者)歯科診療の充実を図るものでございまして、29万円をお願いしております。  次に、星印の70番でございます。障がい者プラン策定経費でございます。 もっと読む
2018-03-14 福岡市議会 平成30年条例予算特別委員会第2分科会 質疑・意見 開催日:2018-03-14 74 [質疑・意見]  不妊治療について、これまでNPO法人等の外部団体がセミナーを開催する際に、後援をしていたが、30年度は不妊専門相談センターの活用を含め、どう取り組んでいくのか。 もっと読む
2018-03-13 浜松市議会 平成30年  3月 厚生保健委員会-03月13日−01号 ◎児童相談所長 施設にも定員があるので、入り切れない場合もありますし、子供の特性を考えたときに一般の児童養護施設には適さない場合、児童心理治療施設や、児童自立支援施設への入所調整に時間を要しているということです。 ◆鈴木恵委員 条例改正により、一時保護の延長については社会福祉審議会の意見聴取から家庭裁判所の承認制に変わることについての影響をどのように考えていますか。 もっと読む
2018-03-12 静岡市議会 平成30年 厚生委員会 本文 2018-03-12 不妊治療費助成についてお聞きします。資料2の90ページ、子ども家庭課です。今年度の予算と比較しましての不妊治療費助成と今年度の利用実績が、どのようになっているか教えてください。 もっと読む
2018-03-05 福岡市議会 平成30年第1回定例会(第4日)  本文 開催日:2018-03-05 治療しながら前向きに生きていける社会を実現したいという強い思いであり、その質問どおり、あなたは前向きに最後まで頑張り続けましたが、突然私たちの前からいなくなったのです。同期の私にとって、まことに無念の情を禁じ得ません。あなたの胸に最後まで去来していたのは市民への深い愛情であり、また、未来を担う子どもたちのための政治ということであったに違いありません。   もっと読む
2018-03-02 京都市議会 平成30年  3月 予算特別委員会第2分科会(第8回)-03月02日−08号 私からは,不妊治療に関して質問をさせていただきたいという風に思っておるんですけれども,その前に,京都市が今どういう,京都市と言うか京都府になっちゃうんですけども,昨今の晩婚化というのが言われてると思うんですけども,それは皆さん認識として同じなんですけども,調べてみると,京都府というのは,平均結婚年齢が,全国で1位が東京,神奈川,埼玉,千葉,山梨,長野に続いて5番目,5位タイで男性の場合高いんですよね もっと読む
2018-02-28 相模原市議会 平成30年  3月定例会議-02月28日−02号 早期発見、早期療育の観点から、この検査に助成することは高く評価しているところでありますが、聴覚障害があると発見された場合、どのように治療や支援につなげていくのか伺います。  4点目は、子供の貧困対策についてであります。 もっと読む
2018-02-23 福岡市議会 平成30年第1回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-02-23 また、子育て世代包括支援センターや不妊専門相談センターなどにおける相談への対応に加え、新たに一般不妊治療費の助成を行うなど、妊娠や出産、子育てに対する切れ目のない支援を行います。  さらに、子育て世帯の住みかえに要する費用の助成制度を創設するとともに、市営住宅における入居枠を拡大するなど、子育てしやすい環境づくりを進めます。   もっと読む
2018-02-15 広島市議会 平成30年第 1回 2月定例会-02月15日-01号 ② 安心して子どもを産み育てることのできる環境づくりについては,まず,「妊娠・出産への支援」として,不妊治療に対する助成を行うとともに,妊産婦のニーズに応じた相談や育児技術の習得支援など,妊婦・出産,子育て期にわたる切れ目のない支援を行います。    次に,「待機児童対策」として,保育園等の整備費補助を行い,平成31年度当初における受入枠を553人分拡大します。     もっと読む
2018-01-26 札幌市議会 平成30年(常任)厚生委員会−01月26日-記録 また、特に譲渡に向けては本格的に取り組んでいる印象でございまして、レントゲンも完備しており、治療を実施する体制をとっておりました。また、診察室と手術室が別々でありまして、手術可能な部屋は2部屋あります。全国で共通の課題となっているいわゆる野良猫対策の一つとして、動物愛護センター職員が不妊治療を行ってもおりました。   もっと読む
2017-12-22 広島市議会 平成29年12月22日平和推進・安心社会づくり対策特別委員会−12月22日-01号 不妊治療もあります。そして医療費の無料化や保育園もあります。一つ一つ大事だと思います。では、それらをやっていたかやっていないかによりまして出生率、その後、回復したかどうか、これを分析しました。影響はなかったです、結論を言いますと。  しかし、ある分析をすると影響が出ました。これは何かと言いますと、先ほど来申し上げた様々な施策があります。その数です。 もっと読む
2017-12-19 相模原市議会 平成29年 12月定例会議-12月19日−04号 ◎小林和明福祉部長 高齢者はさまざまな基礎疾患があることが多く、治療中の疾患の状況や服用している薬の情報など、患者本人の医療情報を関係者が共有していくことが重要であるというように考えてございます。 もっと読む