運営者 Bitlet 姉妹サービス
653件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-27 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月27日−07号 次の質問は、高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種について、お伺いいたします。  肺炎は、日本人の死因第3位の疾患で、しかも、肺炎によって亡くなる方の約95%が65歳以上となっております。 もっと読む
2018-09-26 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月26日−06号 次に、小児ワクチンの再接種費用助成についてです。  定期の予防接種を受けた小児が白血病に罹患し、骨髄移植を受けた場合などに予防接種の効果がなくなってしまいます。このような小児が改めて予防接種をする場合に、全て自己負担で接種することになります。最近、この予防接種の費用を償還払いする自治体がふえているようです。本市においても費用助成をするべきと考えますが、市長の見解を伺います。   もっと読む
2018-09-25 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月25日−05号 おたふく風邪につきましては、ワクチン接種による予防効果と副反応が発生するリスクなどについての検討が行われておりまして、広く接種をするに当たりましてはより安全性が高いワクチンの開発が課題となっております。また、ロタウイルスにつきましては、予防接種の費用対効果や副反応の発生リスクなどが課題となっておりまして、国において継続的に検討がなされているところでございます。  以上でございます。 もっと読む
2018-09-12 川崎市議会 平成30年 第3回定例会-09月12日-03号 次に、移転による本市への効果につきましては、同センターは農業分野の課題解決につながる研究開発を支援する組織であることから、製造業や情報通信業等の事業者や、環境、ライフサイエンス等の研究開発を行う機関など、市内に立地する幅広い事業者等の研究開発力の向上を促進する効果が期待されるところでございます。 もっと読む
2018-08-30 川崎市議会 平成30年  8月総務委員会−08月30日-01号 最下段の指標等の成果分析でございますが、指標1の川崎区の従業者一人あたりの製造品出荷額につきましては、平成29年工業統計調査結果の数値にて算出したものでございまして、製造品出荷額につきましては、本市の主要10業種のうち全体の過半数を占める石油、化学、鉄鋼産業におきまして、中でも石油で約3割、化学で約2割減額に転じており、また、川崎区の従業者数につきましても3%程度減となりました。 もっと読む
2018-06-25 川崎市議会 平成30年 第2回定例会-06月25日-06号 先生によると、こうした患者は定期的に採血をしており、その際に抗体測定検査を項目に加えることで必要なワクチンは何かを知ることができるということです。抗体測定検査は1項目につき2,000円程度であり、また必要な血液量も0.数ccで足りることから、診察の際の採血で10種類全てのワクチン抗体検査が可能であり、費用も2万円程度で済むということです。 もっと読む
2018-06-07 相模原市議会 平成30年  6月定例会議-06月07日−02号 また、市民に対しましては、市ホームページにおきまして、流行状況やワクチン接種の効果などを周知しまして、予防啓発を行っております。  次に、ワクチンの需給の見通しについてでございますが、国におきましては、ワクチンの需給状況につきまして、現時点では全国的な不足は生じないと見通しを示しているところでございます。 もっと読む
2018-03-23 相模原市議会 平成30年  3月定例会議-03月23日−07号 保健予防費の予防接種事業に関して、子宮頸がんワクチンの接種状況を含めた事業全体の予算の積算方法が、難病患者医療費給付事業に関して、難病法の大都市特例により移譲される特定医療費助成の負担割合、支給認定事務への影響が尋ねられました。  精神保健福祉費のひきこもり地域支援センター事業に関して、支援の課題とひきこもり支援ステーションにおける今後の取り組みが尋ねられました。   もっと読む
2018-02-26 川崎市議会 平成30年 第1回定例会-02月26日-02号 また、今季はメーカーからのワクチンの供給がおくれたことを受けて、本市では高齢者等が予防接種を一部公費負担を受けられる期間を1月31日までと1カ月間延長しました。流行ピーク期に合わせた柔軟な対応が求められていますが、来年度以降の対応を伺います。  次に、川崎市高齢者・障害児者福祉施設再編整備基本計画・第1次実施計画案の策定について伺います。 もっと読む
2018-02-22 京都市議会 平成30年  2月 定例会-02月22日−02号 製造大手で働くTさんは,1年契約,半年契約の更新を繰り返し6年目になります。今年4月からの無期雇用転換を前に,昨年の契約更新時の3月までの雇用契約書には,本契約終了後の契約更新は行わないと記載され,無期転換逃れの脱法行為が平気で行われています。   もっと読む
2018-02-14 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年  2月 定例会-02月14日−04号 しかしながら、LED灯以外の公衆街路灯につきましては、全灯調査の結果、老朽化の進行、さらには水銀に関する水俣条約の発効による水銀灯の製造禁止などの課題があり、早期にLED灯への交換が必要な状況でございます。その対応策といたしまして、民間事業者の資金、ノウハウを活用したESCO事業の導入を検討しているところでございます。 もっと読む
2018-02-07 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年  2月 定例会-02月07日−02号 今回、補正予算をお願いしますのは、日本脳炎ワクチン第1期と成人用肺炎球菌ワクチンの予防接種の委託料となります。平成29年度予算は、平成26年度と平成27年度決算額をもとに積算しておりますが、当初の見込みを上回る接種数となり、委託料の不足が生じたものです。   もっと読む
2017-12-13 堺市議会 平成29年12月13日健康福祉委員会-12月13日-01号 ◎竹内 感染症対策課長  今期のインフルエンザワクチンにつきましては、国によります製造株の決定のおくれから、例年に比べましてワクチンのメーカーからの出荷時期がおくれております。本市の状況を市内のワクチン卸売業者へ確認いたしましたところ、11月までは昨年度の納品実績を上限とするなど、医療機関の希望する数量のワクチンが納品されない状況となっておりました。   もっと読む
2017-10-13 札幌市議会 平成29年第二部決算特別委員会−10月13日-04号 そして、3点目の費用負担については、ワクチンの種類や医療機関で設定が異なるということですが、やはり、数千円から1万円というのは高額と言えるのではないでしょうか。お子さんの予防接種のスケジュールを見ますと、生後1カ月を過ぎますと、少なくとも3種類のワクチンの接種開始時期が到来しております。複数のワクチンを全て自己負担するというのは、かなりの出費になると思います。 もっと読む
2017-09-29 川崎市議会 平成29年 決算審査特別委員会(全体会 第2日)−09月29日-12号 日常生活支援総合事業について、介護保険料普通徴収の収納率及び滞納者への対応について、動物愛護基金積立金について、臨時福祉給付金事業について、がん検診事業について、地域みまもり支援センターの活動内容について、シルバー人材センター及びだいJOBセンターにおける高齢者雇用について、特別養護老人ホームの状況及び高齢社会における扶助費の急増抑制策について、高齢者外出支援乗車事業費の利用実績等について、子宮頸がん予防ワクチン もっと読む
2017-09-25 名古屋市議会 平成29年  財政福祉委員会-09月25日−01号 ◎高倉健康福祉局健康部主幹 本市におきましては、子宮頸がんワクチンについては平成22年10月から独自に全額助成事業を開始しておりますが、国においては、その翌月、平成22年11月より子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進臨時特例交付金を創設し、市町村の助成事業に係る2分の1を基金により助成しております。   もっと読む
2017-09-19 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成29年  9月 保健福祉委員会-09月19日−02号 助成額は雄4,000円から雌は8,000円、それからほかの猫に感染させるおそれのある感染症にかかわる予防ワクチン等を手術と同時に実施した場合は1,000円を上限として上乗せして助成しております。実際に手術にかかる費用は動物病院によって異なりますけれども、平均すると大体手術費の4割ぐらいを助成できているのではないかと考えております。昨年、796匹に対して助成を行いました。 もっと読む
2017-09-19 川崎市議会 平成29年 決算審査特別委員会(健康福祉分科会 第1日)−09月19日-06号 次に、作業工賃についてでございますが、本市内の事業所においては、利用者の障害特性に応じて食品や雑貨の製造を行っており、地域のイベントや障害者団体が開催する販売会に出店するなど、工賃向上に向けた取り組みを進めているところでございます。 もっと読む
2017-09-19 名古屋市議会 平成29年  9月 定例会-09月19日−20号 さて、これまで子宮頸がんワクチンによる健康被害を訴えていらっしゃる方々、そして、その御家族に市会議員の立場から、寄り添うことを第一に、市独自調査の実現と健康被害救済制度の審査が速やかに行われるよう国へ働きかけをするなど、微力ながら活動してまいりました。   もっと読む
2017-06-27 広島市議会 平成29年第 2回 6月定例会−06月27日-04号 このほか,新潟県では県内にUターン転職した人を対象に助成,栃木県では物づくり人材確保へ,県内製造業に就職する学生を対象に助成,鳥取県では県内の製造業,情報通信業,建設業などに就職する学生や卒業生に助成,山口県では理系大学院生などを対象に県内製造業への就労を条件に返済補助など,若者の地方移住や学生の定住につなげようと,奨学金の返済支援制度を活用する県が多くなっております。   もっと読む