182件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2013-09-13 平成25年 9月定例会本会議−09月13日-03号

なお,地域内の生活交通の充実の具体策については区バスの運行や住民バスへの支援,デマンド交通の運行によって地域の公共交通の空白・不便地域の解消を図っているほか,都心アクセスの強化では各地域の主要駅における結節点整備やパークアンドライド駐車場の拡充,越後線の増便社会実験などを進めています。  

仙台市議会 2013-09-10 平成25年第3回定例会(第3日目) 本文 2013-09-10

沿線のにぎわい創出に向けては、大学との協定第一号として東北工業大学と連携協定を結び、地域の課題解決や魅力の掘り起こしを目指すということであります。毎年十一月初旬には、八木山フェスタという動物公園、ベニーランド、八木山市民センターを中心とした地域おこしの取り組みがありますが、東北工業大学は積極的に一員として参加し、みずからの大学にも関心を持ってもらうことにもつなげています。

神戸市議会 2013-08-26 開催日:2013-08-26 平成25年外郭団体に関する特別委員会 本文

123 ◯理事(山下てんせい) 公園緑化協会が指定管理している神戸総合運動公園の附帯駐車場のことについてなんですけれども,神戸総合運動公園の附帯駐車場,非常にあっちこっちにばらばらにありまして,結果的に行ってみないとあいているかどうかわからないという状況があるんですけれども,特に,総合運動公園の駅前の駐車場に関して,昨今,パークアンドライドという考え方が

新潟市議会 2013-08-23 平成25年 8月23日公共交通調査特別委員会-08月23日-01号

◎渡辺健氏 再編については,先ほど申しましたとおり,おおむね5年をかけて実施をしていくという中で,そのバス路線がどうなるかという部分については,先ほどの御質問とかぶるところになるのですが,なかなか弊社としてこうですという部分は言えないところがあるのですが,一方で新潟市と運行事業協定というものを結ぶ予定になっていますので,そこの中でどういう形で締結できるかという,その中に何を盛り込むかというところにも

北九州市議会 2013-06-14 平成25年 6月 定例会(第2回)-06月14日−03号

一方、駅のすぐそばという立地からパークアンドライド、つまり門司駅を利用して電車で移動される方の中継地点としての利用もあるでしょうし、そのように促すことも可能だと思います。実際、私も小倉や福岡市などに出かけるときに利用しています。その際ネックになるのか料金の算定時間です。  

新潟市議会 2013-06-12 平成25年 6月12日環境建設常任委員協議会-06月12日-01号

また,都心アクセスの強化では,JR越後線の増便実験にあわせ,パークアンドライド駐車場の確保などを行うほか,南区方面の夜バス増便などを行います。次のモビリティ・マネジメントの推進では,エコ通勤を応援するチャレンジサイトの拡充など市民啓発活動を推進するとともに,りゅーとを活用した高齢者のお出かけ支援を通してマイカーから公共交通利用への転換の意識向上を図ります。

札幌市議会 2013-03-26 平成25年(常任)財政市民委員会−03月26日-記録

その後、本市との間で、今、申し上げました協議を重ねながら、事業実施に必要となる事項の詳細について詰めまして、事業実施に関する基本協定を締結し、最終的に定期借地権設定契約に至る流れとなるところでございます。 ○しのだ江里子 委員長  それでは、質疑を行います。 ◆川田ただひさ 委員  私から、大きく2点質問させていただきたいと思います。  

新潟市議会 2013-03-14 平成25年 3月14日環境建設常任委員会−03月14日-01号

次に,第23款3項4目土木費受託事業収入,第1節道路橋りょう費受託事業収入は,歳出で説明した新潟駅前広場の維持管理費について,協定に基づきJR東日本が負担するものです。  次に,第5項4目雑入です。第1節総務費雑入は,資料請求等に基づくコピー代です。  次の第7節土木費雑入は,新潟駅連絡通路の維持管理費について,協定に基づきJR東日本が負担するものなどです。  

新潟市議会 2013-03-05 平成25年 2月定例会本会議−03月05日-06号

今後まずは今年度末に運行予定事業者である新潟交通と基本協定を締結する。そうしますと,新潟交通は間違いなく当事者になりますので,来年度新潟交通とともに個々の路線や運行本数などの具体的な案を市民の皆様に丁寧に説明して御意見をいただきながら,ニーズに対応したより利便性の高いものとして運行事業協定に盛り込んでいきたいと思います。

新潟市議会 2013-02-25 平成25年 2月25日全員協議会(新年度議案勉強会)−02月25日-01号

それから,災害応援協定を結んでいる事業者の方に対して交通規制のサインやチョッキを配備させていただきます。  それから,東日本大震災避難者への支援は,現在2,400人ほどまだいらっしゃいますが,交流場所を1カ所拡充します。  一般議案は記載のとおりです。  続いて,経済・国際部です。予算状況は50ページ,51ページです。御承知のとおり,日本経済はまだまだ非常に厳しい状態です。

仙台市議会 2013-02-21 平成25年第1回定例会(第3日目) 本文 2013-02-21

先を見据え、五百台を超えるパークアンドライド駐車場がしっかり確保されます。このことによって、駅周辺に無秩序に駐車場が乱立するということがなくなり、美しい街並みに若い世代の張りつきも想定されます。支援の取り組みがあることにより、利用する方々もふえていくと考えるのであります。以上、お考えをお伺いいたします。  第二十八号議案平成二十五年度仙台市水道事業会計予算に関連してお伺いいたします。  

仙台市議会 2012-12-17 都市整備建設委員会 本文 2012-12-17

25: ◯東西線推進事業課長  (仮称)動物公園駅パークアンドライド駐車場の整備台数を、519台とした根拠について、御説明させていただきます。  これは、地下鉄東西線事業認可時で、動物公園駅で乗車されるパークアンドライド利用者を494人をベースといたしまして、それにパークアンドライド利用者以外の利用も加味したものでございます。  

仙台市議会 2012-12-14 平成24年第4回定例会(第6日目) 本文 2012-12-14

地区内の要援護者の避難状況を把握するとともに、より手当ての必要な被災者を、市が協定を結んでいる高齢者施設などの福祉避難所につなぐ役割を果たします。この提案を受けとめ、地区における要援護者対策を、市も責任を持って進めることを求めますが、いかがでしょうか。  大震災の直前に仙台市の防災行政無線がデジタル化され、全ての指定避難所に無線機が配備されたことは、ぎりぎりのタイミングでした。

仙台市議会 2012-12-11 平成24年第4回定例会(第3日目) 本文 2012-12-11

十一月三日に、ノルウェー王国と仙台市とせんだい男女共同参画財団の三者により、被災地の復興に携わる女性リーダーの人材育成を目的とした復興のための女性リーダー基金が設置され、協定が締結されました。  この締結に当たり、市長は、防災、復興の担い手となる女性の人材育成プログラムを実施すること、また、その力を有効に活用するため、全国的な女性のネットワークの構築を目指すと話されております。

新潟市議会 2012-10-10 平成24年決算特別委員会第2分科会-10月10日-04号

景観法に基づく行為の届け出や屋外広告物条例に基づく事前協議などに景観アドバイザー制度を活用し,事業者に助言を行ったほか,小須戸本町通り周辺地区で景観まちづくりのためのなじらね協定助成対象地域の認定を行いました。  次の屋外広告物適正化事業です。屋外広告物の現況調査を行うとともに,事業者に対して制度の周知や啓発を行いました。  次の羽越本線高速化促進です。

新潟市議会 2012-10-05 平成24年決算特別委員会第2分科会−10月05日-02号

道路橋りょう使用料は,主にガス埋設管や電力柱,電話柱の道路占用料,亀田駅東パークアンドライド駐車場や亀田駅東西駐車場の使用料などで,金額は記載のとおりです。公園緑地使用料は,電柱などの占用料です。  次に,第2項手数料,第5目土木手数料は,道路幅員証明の発行手数料です。  

新潟市議会 2012-06-22 平成24年 6月22日環境建設常任委員会−06月22日-01号

これは現在の住民バスという制度のイメージで,地域の方々の足となる交通を確保する団体による計画を市が受け,協定を結んで支援します。地域の方々から積極的に利用していただくということもこの計画の特徴です。  第17条から第19条は,市民の意識の転換と啓発にかかわるものです。ここではパークアンドライドやエコ通勤の推進となっています。

新潟市議会 2012-06-20 平成24年 6月定例会本会議-06月20日-04号

JR,新潟交通と一緒になってやっていくことが重要であり,また地域の公共交通を守るためには地域の住民の皆さんから公共交通を利用しようと,自分たちで盛り上げようという気持ち,そしてそのためには例えば今回の越後線の増便のように少しは昼間も便利になりますよと,そしてまたパークアンドライド,こういう方向で駅周辺の整備も進めますよという取り組みが一体となって前進していくものだと思っております。