運営者 Bitlet 姉妹サービス
597件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-26 千葉市議会 2018.09.26 平成30年決算審査特別委員会環境経済分科会 本文 カラスの追い払い対策は花見川区及び緑区の2カ所、同じく箱わな設置は花見川区に1基となっています。   もっと読む
2018-09-25 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月25日−05号 次は、カラスへの餌づけ対策についてです。  本市に限らず、全国的にカラスの市民生活に対する被害は多く報告されています。カラスは、繁殖期、およそ4月上旬から7月下旬になると、卵やひなを守ろうとする野生の習性から、巣の近くに人を寄せつけないようにするため威嚇してきます。また、威嚇行為だけでなく、ふん尿、騒音など市民生活に与える影響は甚大です。 もっと読む
2018-09-21 千葉市議会 2018.09.21 平成30年決算審査特別委員会環境経済分科会 本文 ◯収集業務課長 貸し付けにつきましては、団体数で552団体に対しまして、カラスネットを5,081枚、それからほうきやちり取り4,574セットを貸し出しているところでございまして、実際、相談内容につきましては手続的なことが多いんですけれども、中には被害についての相談もございまして、そういったものがあった場合には、カラス対策を明記したホームページ、それからチラシによる説明やごみステーションの管理支援である もっと読む
2018-09-18 熊本市議会 平成30年第 3回環境水道委員会−09月18日-01号 ◆満永寿博 委員  カラスがいっぱいいて、あの道を通って僕は私の施設に行くんですよ。カラスがたくさんいるんです。何か残飯かなんか出るのかな。出ないでしょう。 ◎永田努 水保全課長  委員がおっしゃったのは多分餌として例えばホテルなんかからの残飯を集めてきまして、中に野菜とかが入っていますと、豚は野菜を食べませんので、それを畑にまいていたというのが一時期ございました。 もっと読む
2018-09-06 熊本市議会 平成30年第 3回定例会−09月06日-03号 特に熊本地震後から下通アーケード周辺などで不法投棄がふえており、生ごみのほか、業務用冷蔵庫やソファーが捨てられていたケースもあり、大量のごみが放置されていることも多く、その状況がさらなる不法投棄を誘発し、それらのごみは収集されないままカラスによって道路上に散乱し、衛生上、景観上の問題も発生しています。   もっと読む
2018-09-01 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-目次   古内 明議員 (一括・一問一答)………………………………………………188     1 歳入確保に向けた取り組みについて     2 本市の災害対応体制について     3 東清掃事業所跡地の活用について   鈴木晃地議員 (一括・一問一答)………………………………………………196     1 都市計画道路の有効活用について     2 空家等対策特別措置法における空き家について     3 カラス もっと読む
2018-07-25 神戸市議会 開催日:2018-07-25 平成30年福祉環境委員会 本文 具体的な取り組み内容といたしましては,1つ目に,外国人や若年単身者等対象を絞った情報発信の充実を,2つ目に,カラス対策ネットの支給及びマニュアルによる啓発を,3つ目に,クリーンステーション情報に基づく立ち番や開封調査等による直接的な排出指導の強化を,4つ目に,収集時間帯のお知らせや収集職員による簡易清掃及び簡易なネットの片づけといったごみ収集時における支援の強化を,5つ目に,優良クリーンステーション もっと読む
2018-06-22 広島市議会 平成30年第 2回 6月定例会−06月22日-03号 一方で,高齢化社会の進行やカラス等による被害の増加,収集場所の確保など,ごみ収集に当たっては常に課題が山積しています。  こうした中,広島市は,ごみニティ活動支援事業として収集枠やシートの貸与を3年前から事業化しています。とりわけ収集枠の貸与については,私の地元では設置場所をどこにするかなどの課題はあるものの,設置が実現をしたところではおおむね好評であり,この事業のさらなる継続を求めます。   もっと読む
2018-06-13 千葉市議会 2018.06.13 平成30年環境経済委員会 本文 ◯農政センター所長(農業経営支援課長事務取扱) イノシシ被害につきましても、これまでも県の補助金を活用いたしまして、カラスの対策ですとか、ハクビシンの対策を進めておりますけれども、この先も被害の状況に応じて県にも対応を求めていきたいと思います。  以上です。 ◯委員長(蛭田浩文君) 段木委員。 ◯委員(段木和彦君) ありがとうございました。   もっと読む
2018-06-04 静岡市議会 平成30年6月定例会(第4日目) 本文 結果、そのごみ袋をカラスがつついて、ごみが散乱をするということになってしまうかもしれません。そして、このショートストーリーは、2030年度の地球社会、国際社会が、この物語に描くような状態でないことを祈りつつという文章で締めくくられています。これはSDGsの本質を実によくついているものだと感心しました。  そこで、優先すべき項目は、SDGs最後の17の「パートナーシップで目標を達成しよう」。 もっと読む
2018-03-06 千葉市議会 2018.03.06 平成30年予算審査特別委員会環境経済分科会 本文 だから、カラスと一緒で、大変申しわけないけど、殺処分にしない限りはどんどんふえるわけですよ。だから、このスーパーモンスターウルフもある意味効果があるかなというふうには思うんですけども、先ほども三須委員がおっしゃっていましたけども、本当にこのイノシシの問題は、農家だけの問題ではなくって、それがもうあすみが丘にも来ているという話も聞いています。 もっと読む
2018-03-02 千葉市議会 2018.03.02 平成30年予算審査特別委員会環境経済分科会 本文 それに、さっきから出ていないけれども、カラス、これがまたどんどんひどくなって、知恵がいいんだな。 もっと読む
2018-02-20 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年  2月 市民生活委員会-02月20日−02号 実は、先般毎日新聞に記事が出ておりまして、ごみの集積所をやめたらごみの量が減ったとか、それからマナーが向上したとかというような記事が出ておりまして、見てみたのですが、少し古いデータのようなのですけれども、東京都品川区で戸別収集を導入したところ、ごみ袋をしっかりと閉めるとか、ごみの量が減ったとか、きちんと決められた時間に出すようになったとか、それに従ってカラスの被害も減ったみたいな記事が出ておりました もっと読む
2018-02-16 京都市議会 平成30年  2月 予算特別委員会第2分科会(第2回)-02月16日−02号 じゃ,回収する時間の何分前ぐらいには出してくださいとか,そういうところを担保していかないと,事業者がきっちり取りに来はるはいいけども,民泊を営む事業者が適当な時間に出して,それまでにカラスが突ついて道路が汚くなると。 もっと読む
2017-12-07 千葉市議会 2017.12.07 平成29年第4回定例会(第4日目) 本文 これまでの取り組みの評価と課題、今後の取り組みについてですが、本市では、有害鳥獣対策を的確かつ効率的に行うため、平成25年度に千葉市鳥獣被害防止対策協議会を立ち上げ、イノシシ、ハクビシンの箱わなの増設による捕獲やイノシシの侵入防止のための電気柵を延長して被害防止対策を行い、平成27年度からは、市内で被害の大きいカラスに対して、猛禽類による追い払いなどを試みてまいりました。   もっと読む
2017-10-23 札幌市議会 平成29年第一部決算特別委員会−10月23日-07号 生ごみの減量は、ごみステーションでのカラスによる被害などを減らし、ごみステーションを清潔に保つ効果があるほか、約8割が水分と言われている生ごみが減ることで、清掃工場においてごみが燃えやすくなり、廃棄物発電の効率化につながるなど、メリットが大きいものであります。そこで、札幌市においては、これまで、生ごみの減量として水切りを推進してきました。 もっと読む
2017-10-23 福岡市議会 平成29年決算特別委員会 本文 開催日:2017-10-23 ごみが夜間収集であるため、カラスの被害もなく、道路にごみが散乱することがないなど、本市のよいところが子どもたちに伝わっているので、うれしく思う。学校で学んだこと、感じたことを子どもたちが家庭に帰って親に伝える、例えば、お菓子の箱やティッシュの空き箱も、ごみではなく資源だと子どもから言われたら、捨てるわけにはいかなくなると思う。 もっと読む
2017-10-03 浜松市議会 平成29年 10月 建設消防委員会-10月03日−01号 ◎都市整備部次長(緑政課長) カラス対策としてそのようにしているとは聞いています。ただし、誰がその処置をしたかはわかりません。指定管理者との協定で、ごみ箱については市の所有ということになっていて、動物園の所管ということになります。ごみ箱は市が指定管理者へ提供することになっていますので、動物園と話をして見直しを考えていきたいです。 もっと読む
2017-10-03 浜松市議会 平成29年 10月 建設消防委員会-10月03日−01号 ◎都市整備部次長(緑政課長) カラス対策としてそのようにしているとは聞いています。ただし、誰がその処置をしたかはわかりません。指定管理者との協定で、ごみ箱については市の所有ということになっていて、動物園の所管ということになります。ごみ箱は市が指定管理者へ提供することになっていますので、動物園と話をして見直しを考えていきたいです。 もっと読む
2017-09-26 北九州市議会 平成29年 9月 定例会(第3回)-09月26日−06号 次に、環境費について委員から、北九州パワーの事業実績と将来展望、カラスによる家庭ごみの散乱被害防止策、食品ロスに対する取り組み状況等について質疑があり、当局から、北九州パワーの事業実績と将来展望については、平成28年4月に事業を開始し、現在公共施設365施設と民間企業62施設に電力を供給している。事業規模は4万3,000キロワットで、1億円を超える経常利益を計上している。 もっと読む