631件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北九州市議会 2020-10-01 10月01日-09号

イノシシによる被害については、捕獲のための箱わな設置に向けた地元住民 への働きかけをされたい。●総合農事センター設置目的及び使命を鑑み、新規就農者の育成や小倉牛の 生産振興などにしっかりと取り組まれたい。●不要となった老朽ため池については、財産区及び所有者と協議しながら埋め て宅地に活用するなど検討されたい。等の意見がありました。 

熊本市議会 2020-09-29 令和 2年第 3回定例会−09月29日-06号

西環状道路工事に伴う地盤沈下申出について   │ 25│ │    │     │ 住民からの申出に対しての所感        │ 25│ │    │     │ 因果関係調査内容範囲期間       │ 26│ │    │     │ 家屋内調査に対する要望への対応       │ 26│ │    │     │ 地盤沈下の新規申出に対する対応       │ 26│ │    │     │イノシシ

北九州市議会 2020-09-11 09月11日-03号

近年、イノシシなどの害獣が人里に下りてきて農産物などを食い荒らすのは、山が痩せて木の実などの餌が乏しくなるからだとも言われています。また、山が痩せれば、降った雨が流れ出ていく川も痩せてしまい、本来の河川の豊かな生態系が失われて、ひいては河川が流れ出る海までもその豊かさを失ってしまいます。 近年、集中豪雨による大災害が全国的に多発しています。この原因の一つとされているのが、やはり放置竹林です。

熊本市議会 2020-09-04 令和 2年第 3回定例会−09月04日-目次

    因果関係調査内容範囲期間………………………………………( 26)     家屋内調査に対する要望への対応………………………………………( 26)     地盤沈下の新規申出に対する対応………………………………………( 26)   田中都市建設局長答弁…………………………………………………………( 26)   島津哲也議員質問………………………………………………………………( 27)   ・イノシシ

熊本市議会 2020-03-17 令和 2年第 1回経済分科会−03月17日-02号

最後に、16番、鳥獣被害対策事業1,170万円でございますが、これは、鳥獣捕獲活動を担う駆除隊支援やわな免許取得に対する補助のほか、令和2年度は、イノシシ生息状況調査するための暗視カメラカラス用大型囲いわな導入経費等を計上させております。  説明は以上でございます。 ◎平見磨 農地整備課長  農地整備課でございます。  資料340ページをお願いいたします。  

福岡市議会 2020-03-10 令和2年第1回定例会(第4日)  本文 開催日:2020-03-10

まず、農林水産業生産環境改善強化については、農地情報の収集、活用耕作放棄地対策を進めるとともに、ICTIoT活用したイノシシ捕獲活動など、効果的な鳥獣被害対策を推進してまいります。  また、森林の適切な経営管理や林道の整備、博多湾の底質改善に取り組むなど、生産基盤の保全に努めてまいります。  

岡山市議会 2020-03-06 03月06日-06号

3,操山のイノシシ対策について。 イノシシ等有害鳥獣対策については,来年度も農作物被害対策事業として拡充して予算計上されています。 中区においてのイノシシ出没については,龍ノ口山周辺では,以前より被害が確認されていました。農作物被害も発生しており,また学校・園周辺でも出没することで危険度を増しています。 

岡山市議会 2020-02-27 02月27日-02号

(4)イノシシ等の有害鳥獣出没範囲が広がり,農作物等被害拡大しています。今年度の被害状況と,鳥獣被害調査からどのようなことがわかったのか,お示しください。 また,被害調査を来年度以降も引き続き実施していくことについて,我が党の政策提言により予算に盛り込んでいただいたことに大変感謝いたしますが,内容についてお示しください。 大きな22,岡山城について。 

仙台市議会 2020-02-20 令和2年第1回定例会(第6日目) 本文 2020-02-20

これにより隊員が安心して活動に従事できる環境整備され、今年度は十二月までにイノシシを六百六十一頭捕獲、これは前年度の同時期と比較して二割増加しております。捕獲によって農作物被害減少につながり、仙台市におけるイノシシ対策成果があらわれていることに対して一定評価をするものです。  一方、捕獲頭数増加は、処理しなければならない頭数増加するということでもあります。

仙台市議会 2020-02-20 令和2年第1回定例会(第6日目) 本文 2020-02-20

これにより隊員が安心して活動に従事できる環境整備され、今年度は十二月までにイノシシを六百六十一頭捕獲、これは前年度の同時期と比較して二割増加しております。捕獲によって農作物被害減少につながり、仙台市におけるイノシシ対策成果があらわれていることに対して一定評価をするものです。  一方、捕獲頭数増加は、処理しなければならない頭数増加するということでもあります。

熊本市議会 2019-12-18 令和 元年第 4回定例会−12月18日-07号

│ 2 今般の豚コレラ拡大の主要因となっている豚コレラに感染した野生イノシシ │  拡大を抑止するため、野生イノシシ捕獲強化や戦略的な経口ワクチンベル│ │  トの構築を行うこと。                         │ │ 3 現在、アジアにおいて発生が拡大しているアフリカ豚コレラ国内侵入防│ │  止するため、罰則の強化も含めた一層の水際対策強化、徹底を図ること。 

相模原市議会 2019-12-17 12月17日-04号

今後につきましては、野生イノシシ農場内に侵入することを防ぐための防護柵設置及びワクチン接種に対する支援について検討してまいります。 次に、豚コレラ市内で発生した場合の対応についてでございます。市内で発生した場合には、家畜伝染病予防法や国が定めた豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針に基づき、県が主体となり、感染農場における殺処分や消毒等の作業が行われることになります。

熊本市議会 2019-12-13 令和 元年第 4回予算決算委員会−12月13日-02号

議第111号「令和年度熊本一般会計補正予算」中、当分科会関係分については種々論議があり、まず立田山におけるICT活用したイノシシ対策強化について、  一、立田山は市民の憩いの場であり親子での散策も多いことから、イノシシと遭遇したときの注意喚起など安全対策を促す情報発信に積極的に努めてもらいたい。