178件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2019-07-01 令和 1年 第3回定例会-07月01日-06号

初めに、SDGs未来都市について伺います。未来都市とは、国がSDGs推進に関して高いポテンシャルを有している都市を選定するものでありまして、今年度の選定結果が6月中に決まるということを聞いていたため質問通告をさせていただきました。私も以前、この本会議場でSDGsに関連する質問をさせていただきまして、関心がございます。

福岡市議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第2日)  本文 開催日:2019-06-14

述べられておりますように、プラスチックが正しく処理されずに、ごみとして海に流出することによる生態系、生活環境漁業観光等への悪影響への懸念や、世界的なプラスチック製品の利用増加に伴う化石燃料消費、焼却における温室効果ガスの排出、アジア各国での廃プラスチックの輸入規制拡大など、地球規模での環境問題とされており、これらの問題への対応は2015年に国連サミットで採択されました持続可能な開発目標であるSDGs

川崎市議会 2019-06-10 令和 1年 第3回定例会−06月10日-目次

   空き家等の対策について〔まちづくり局長−358、359、多摩区長−359、消防局    長−359〕    わくわくプラザについて〔こども未来局長−360〕    特別支援教育における看護師の配置等について〔教育次長−361、362〕    教育委員会における障害者雇用について〔教育次長−363、364〕   末永 直議員…………………………………………………………………………… 364    SDGs

川崎市議会 2019-06-10 令和 1年 第3回定例会−06月10日-01号

持続可能な開発目標――SDGsの推進につきましては、誰一人取り残さない社会の実現に向けて、職員一人一人がその趣旨を十分に理解した上でSDGsの達成を目指す取り組みを進めていくことが重要だと考えております。経済社会環境の3側面において新たな価値を創出し、持続可能なまちを実現する先駆的な都市を目指すとともに、自律的な好循環の創出に向けて積極的に取り組んでまいります。  

福岡市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第6日)  本文 開催日:2019-03-13

行政運営は誰ひとり取り残さないというSDGsの理念を市政運営の柱に置き、高齢者や障がい者を初め、誰もが安心して住めるまち福岡の構築を求めておきます。  ふるさと納税は財源確保の点で重要な制度であり、福岡を応援したいという善意に応えるためにも、返礼品を活用し、福岡市の魅力を全国にアピールすることを求めておきます。  本市の基金運用は財政担当職員が取り組んだすばらしい運用政策です。

川崎市議会 2019-03-11 平成31年  3月文教委員会-03月11日-01号

昨年ちょうど秋のSDGsの部分で、本市の総合計画の部分とSDGsの対象としている分野というのを、施策を組み合わせて、どういった形で諸施策を反映させていっているかというところで出ている中で、人権全般という話に今回、全体の理念としてなっているということは、むしろ我が国がジェンダーの問題なんかでは、SDGsの17の項目のうち、なかなか目標達成がほど遠いという中で、人権全般という話になってきて、市民の対象者

堺市議会 2019-03-08 平成31年度予算審査特別委員会-03月08日-03号

◎坂本 環境政策課長  SDGs推進事業は、昨年6月に国からSDGs未来都市に選定されたことを踏まえ、SDGsに関する認知・理解度向上に向け、市民、事業者等への普及啓発を行うとともに、環境面の取り組みを推進することにより、本市におけるSDGsの達成及びSDGs未来都市計画の推進に寄与することを目的としたものでございます。  

北九州市議会 2019-03-08 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月08日−05号

この記念事業では、一過性のイベントで終わらせるのではなく、SDGsを念頭に、市民企業など多くの役割主体の参画と協力のもと、未来につながるような事業を実施したいと考えております。そのため、ことし1月に港湾経済、まちづくり団体などで構成する準備委員会を発足し、記念事業の内容など、さまざまな御意見をいただきながら検討しているところであります。

北九州市議会 2019-03-07 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月07日−04号

会長以外の委員15名のうち4名から出たSDGsに関する貴重な御意見の一部を紹介すると、SDGsの理解促進、市民自身の参画が大事な課題、M委員、北九州SDGsクラブが立ち上がり、広がりが生まれている、その評価を今後の評価の中で反映してほしい、N委員、教育について環境教育SDGs教育だけ強調して大丈夫なのかと経済界の意見がある、G委員、SDGsの陸や海の環境保全に関し、関係する他局のデータも活用して評価

北九州市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月06日−03号

最近は、SDGsのカードゲームなども開発されているようですし、特に子供たちに対しては、楽しく理解し取り組むことが大切であると考えます。昨年6月のSDGs未来都市の選定から間もなく1年がたとうとしています。これまでの本市のSDGsの取り組みの実績と、今後SDGs未来都市をどのように推進していこうとされているのか、お聞かせください。  

北九州市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月04日−01号

2つ目は、持続可能な開発目標SDGsトップランナーとして、持続可能で子供高齢者障害者など全ての人に優しい町、安全・安心な町への取り組みを加速させることです。3つ目は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会や、本市で開催される東アジア文化都市事業に向け、文化芸術やスポーツ振興を強化して、町のにぎわい、シビックプライドの醸成につなげることです。