1638件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 堺市議会 平成31年第 1回定例会−03月14日-05号 英語教育の早期化や小学校プログラミング教育の必修化など、新学習指導要領への対応│ │はもとより、ICTの活用による授業の質の向上や少人数学級、習熟度別授業による生徒一人一人│ │に応じたきめ細やかな教育の実践など、子どもたちの総合的な学力の育成に資するハード・ソフト│ │両面での取り組みを求めておきます。                            もっと読む
2019-03-14 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月14日−06号 次に、議案第53号のうち所管分について委員から、保育所等におけるICT化による業務の効率化等について質疑があり、当局から、保育業務支援システムの導入等により、書類作成など保育士の負担軽減が図られており、現場の保育士からも好評である等の答弁がありました。  なお、委員から、障害児と保護者への支援について、子ども家庭局や教育委員会などと連携して、今後も取り組まれたい。   もっと読む
2019-03-12 仙台市議会 平成31年第1回定例会(第8日目) 本文 2019-03-12 また、「職場環境改善の努力」について質疑があり、これに対しまして、「ICTの積極的な活用については、技術が非常に速く進んでおり、情報収集が重要だと認識している。そういったものを見きわめながら、より庁内の効率化に結びつくような部分は積極的に取り入れていく必要があると考えている。財政局で行っているフリーアドレスなど、より働きやすい環境整備も非常に重要な点だと考えている。 もっと読む
2019-03-11 川崎市議会 平成31年  3月文教委員会-03月11日-01号 ◆石田和子 委員 図書館ですけれども、ICTの活用、どのようなサービスの向上が図れると考えているんでしょうか。図書館の機能は、ICTの活用でサービスの向上を図るとしていますよね。ただ検索して本を借りるだけではなくて、やっぱり図書館は本との出会いの創出などがつくり出せる環境が本当に必要だと思っているので、サービスの質の問題ということだと思うんです。 もっと読む
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月文教委員会−03月08日-01号 今、ICT化も進んで、タブレット導入されて電子化されていると思うんですけれども、今後の方針的にはどのような形になりますか。 ◎佐藤 庶務課長 通常、公文書は保存文書という形で、今、文書管理システムというシステムを活用しまして、そこで登録をして保存年限、1年であったり、5年であったり、10年、30年であったりと、そういう形で公文書に整理して保存しておくという仕組みがございます。 もっと読む
2019-03-08 仙台市議会 平成31年度 予算等審査特別委員会(第12日目) 本文 2019-03-08 32: ◯経済局長  経済成長戦略におきましては、交流人口ビジネス活性化戦略との連携はもとより、ICTの活用による防災や健康福祉、医療などの地域産業の高度化、また都心再構築といったまちづくりとの連動など、部局間をまたがるさまざまな取り組みのほか、女性やシニア人材等の活躍推進など、他部局の取り組みも掲げております。   もっと読む
2019-03-08 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月08日−05号 ICT化が進んでも、首都圏に企業の本社機能が集積しているため、情報セキュリティー産業など、企業にサービスを提供する側もその周辺に集積するのは現状ではやむを得ないことかもしれません。しかし、災害リスクなども考慮し、本社機能の一極集中を見直す動きもあり、本市もそこに着目して誘致活動等に取り組んでいるものと思います。 もっと読む
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月総務委員会−03月08日-01号 特に支援については、以前ですと、工業は工業、商業は商業という形での支援でございましたけれども、最近は、何々連携と申しまして、農商工連携であるとか、医工連携とか、業種の壁を乗り越えた形での支援、さらには、ICTとかAIとか、新しい技術を介在させることによって、より広がりを持った取り組みを応援させていただくという業務に取り組んでおります。 もっと読む
2019-03-07 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月07日-04号 図書館サービスに対する市民の皆様のニーズは多岐にわたりますことから、引き続き、少子高齢化のさらなる進展など、社会状況の変化に留意しつつ、また、ICTの活用などによるサービスの向上を図りながら、地域の社会基盤の一翼を担う公共図書館としての役割をしっかりと果たし、誰もが利用しやすい図書館サービスの提供に努めてまいりたいと存じます。以上でございます。 ◆山田晴彦 委員 どうもありがとうございました。 もっと読む
2019-03-07 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月07日−04号 AIやICTの活用では、例えば、人型ロボットの活用の可能性を探るとともに、読み書きが苦手な児童生徒に対しては、タブレットを利用して文字の強調や読み上げの機能を活用した読解の指導を行ったり、知的障害のある児童生徒に対して、学習支援アプリを活用してコミュニケーションの指導を行ったりする、こういった先端技術を導入した、いわゆる個に応じた指導に既に着手をしているところであります。   もっと読む
2019-03-06 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月06日−03号 この構造的な課題を克服しつつ、公共サービスの向上に向けて行政機能を強化していくためには、自治体経営においてICTの活用、更にはAIの活用と共存が不可欠と考えます。  私は、昨年の2月定例会でAIの活用について質問しました。 もっと読む
2019-03-04 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月04日−01号 ・ ICTを利用したマイレージ事業など、若い世代が健康づくり事業に参加   するような取り組みをされたい。  ・ データを活用して健康寿命の延伸や医療費の削減など効率的な事業を検討   されたい。  ・ SNSなどを活用した効果的な広報を検討されたい。   もっと読む
2019-02-27 仙台市議会 平成31年度 予算等審査特別委員会(第5日目) 本文 2019-02-27 104: ◯産業振興課長  スマート農業推進の取り組みでございますが、こちらはICTの活用によりまして農業の省力化や高品質の生産を目指すものであり、本市が掲げておりますX-TECHの取り組みに該当するものと認識しております。 もっと読む
2019-02-25 川崎市議会 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号 都市農業についての御質問でございますが、本年1月に開催いたしました第6回都市農業活性化連携フォーラムにつきましては、生産者と消費者がつながる仕組みをテーマとし、全国のこだわりのある生産者と買い手である飲食店を結ぶICTを活用した画期的な農畜水産プラットホームを築き上げた事業者の代表から御講演をいただきました。 もっと読む
2019-02-19 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月19日-03号 このため、授業改善により、子どもが考える授業づくりを進めるとともに、政令市の権限を生かした教職員の採用や配置、また家庭・地域との教育目標の共有や地域人材による学校運営の推進、あわせまして、学校への空調整備や学校教育ICT化の推進等の教育環境の充実を図ってまいりました。   もっと読む
2019-02-18 堺市議会 平成31年第 1回定例会-02月18日-02号 現在はその移行期にあり、今回の予算では学校教育ICT化推進事業として、児童のタブレット端末の整備、英語教育推進事業といったネーティブスピーカーの派遣などが挙げられています。  今回の新学習指導要領は、前回の改訂でゆとり教育から大幅に方向修正をしたものをさらに進めるものと認識していますが、今回新学習指導要領で示された学力と堺市のめざす学力についてお示しをいただきたいと思います。   もっと読む
2019-02-12 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月12日-01号 新たな情報通信技術――ICTの活用につきましては、かわさきアプリを安定的に運用し、必要な情報を必要な人へ的確に提供するとともに、庁内保有データのオープン化の推進やAIなどの新たなICTの活用によって業務の効率化や市民利便性の向上を図ってまいります。   もっと読む
2019-02-08 川崎市議会 平成31年  2月総務委員会-02月08日-01号 詳細につきましては、ICT推進課担当課長の三上から御説明させていただきますので、よろしくお願いいたします。 ◎三上 ICT推進課担当課長 それでは、「「川崎市官民データ活用推進計画(案)」に対するパブリックコメントの実施結果について」御説明をさせていただきます。  初めに、本日お配りしている資料の確認をさせていただきますので、タブレット端末機の本日の委員会フォルダをごらんください。 もっと読む
2019-02-04 川崎市議会 平成31年  2月まちづくり委員会-02月04日-01号 具体的に何をどうするということではないんですけれども、同様に、そういった機能をどうやって高められるかというのは検討していかなければならないと考えておりますし、あと、行政サービスの提供の部分につきましても、これから地域にアウトリーチしていくいろんな相談ですとか、高齢者の方の相談ですとか、さまざまあると思うんですけれども、アウトリーチしていく際の拠点としてですとか、あるいは相談機能を果たすため、例えばICT もっと読む
2019-02-04 川崎市議会 平成31年  2月文教委員会-02月04日-01号 現の窓口がそのまま同じようになるというよりは、私たちの文教委員会というのは区役所改革も一つの大きなテーマとしてやっている以上、今まで以上に、例えばワンストップサービスがしっかりとした形になるとか、例えば今回、民間施設の中に入ってくるというような形になってきたときに、さまざまな情報提供とかということを含めた中で、ノンストップとか、そういういろんな今のICTを活用するような形での行政のあり方自体が、未来的 もっと読む