43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本市議会 2020-02-21 令和 2年第 1回環境水道分科会-02月21日-01号

11ページになるんですけれど、同じく環境局、さっき説明がなかったので、COOL CHOICE CITY くまもとのこの減額部分が国、県が大きいんですけれども、これの何か理由を教えてもらってもいいですか。 ◎桝田一郎 環境政策課長  COOL CHOICE CITY くまもと減額でございますが、これは当初予算で、まず例年1,000万円の補助ということで、1,000万円を計上してございました。

静岡市議会 2019-11-03 令和元年11月定例会(第3日目) 本文

一例として、本市清水エスパルスと連携した省エネなどの普及啓発企業、大学、団体などと連携した次世代エネルギーに関するイベント開催企業自治会と連携した水素エネルギーによる電力供給実証、また沼上清掃工場における社会科見学では、未来を担う子供たちに対して省資源に関する普及啓発を行うなど、多様な取り組みを通じて地球温暖化対策のための国民運動──COOL CHOICE推進しています。  

神戸市議会 2019-09-27 開催日:2019-09-27 令和元年決算特別委員会第2分科会〔30年度決算〕(環境局) 本文

本市では,地球温暖化対策につながりますあらゆる賢い選択を促す国民運動──これCOOL CHOICEと呼んでございますけれども,これを広げるためにクールビス,ウォームビズをはじめといたしまして,省エネ家電への買いかえ,あるいは公共交通機関の利用,エコドライブ,こういった地球に優しいさまざまな選択を呼びかける広報啓発イベント出前トーク等に取り組んでいるところでございます。  

熊本市議会 2019-09-24 令和 元年第 3回環境水道分科会−09月24日-01号

また、2030年度の温室効果ガス排出量を2013年度比で26%削減するという目標達成のために、省エネ・低炭素型の製品サービス行動など、温暖化対策に資するあらゆる賢い選択を促す国民運動COOL CHOICE推進平成27年度から取り組んでおりまして、イベント開催等を通しまして、ゼロエネルギーハウス普及啓発を行っております。  

川崎市議会 2019-08-22 令和 1年  8月総務委員会-08月22日-01号

あともう1点、行政コストの件で、当初、63万円のコストがかかるところが逆に500万円弱のマイナスのコストになったということで、これは幾つか要因を挙げていらっしゃるんですけれども、1つはCOOL CHOICEの申請が通ったということで、これの影響はどのぐらいあったのかということと、もう1点は、新アンテナの移設時期がおくれたことで費用が減になったということなんですが、どの程度影響があったのか。

川崎市議会 2019-05-30 令和 1年  5月環境委員会-05月30日-01号

さらに、国民運動COOL CHOICE推進し、省エネ・低炭素型の製品サービス行動など、温暖化対策に資するあらゆる賢い選択を促してまいります。  次に、市役所率先取組推進についてでございますが、川崎市環境配慮契約推進方針に基づき環境配慮電力入札を実施するなど、市役所から排出される温室効果ガス削減に向けて取り組んでまいります。  

静岡市議会 2019-03-08 平成31年 市民環境教育委員会 本文 2019-03-08

227 ◯佐藤委員 74ページ地球温暖化対策推進事業について、先ほども25%削減していくとか、2050年までには80%削減というようないろいろなお話をしていただいたんですけど、今、市民啓発するのに、COOL CHOICE啓発をしていると伺っていたんですが、このCOOL CHOICE普及率から、普及啓発活動をされて、どのような実感かというのを伺いたいんですけど

熊本市議会 2019-02-28 平成31年第 1回環境水道分科会−02月28日-01号

次に3、「COOL CHOICE CITYくまもと啓発推進事業といたしまして、1,000万円を計上しております。これは国の補助10分の10を活用する地球温暖化対策のための国民運動COOL CHOICEを踏まえた普及啓発事業でございまして、エコ住宅普及促進省エネ機器への買い替えなど、いわゆる賢い選択を促すものでございます。

横浜市議会 2018-12-06 12月06日-16号

温暖化対策普及啓発の進め方ですが、COOL CHOICE YOKOHAMAのキャッチフレーズのもと関係者と連携し、行動科学など最新の知見を活用しつつ、戦略的な広報、プロモーションを進めます。374万人の市民皆様省エネ行動機器・低炭素電気選択といった賢い選択を促し、サービス供給側の需要への対応を加速させることで、本市にとどまらない効果が期待されます。 

熊本市議会 2018-09-25 平成30年第 3回予算決算委員会−09月25日-03号

まず、議第221号「平成30年度熊本市一般会計補正予算」中、当分科会関係分については、COOL CHOICE CITY くまもと啓発推進事業について論議があり、クールチョイスに関する市民認知度が依然低いと感じることから、家庭における照明器具LED化など、身近な地球温暖化対策取り組み事例広報を強化し、啓発に努めてもらいたい。  旨、意見要望が述べられました。  

川崎市議会 2018-09-25 平成30年 決算審査特別委員会(環境分科会 第1日)-09月25日-10号

昨年度からは省エネ・低炭素型の製品サービス行動など、温暖化対策に資する、あらゆる賢い選択を促す国民運動COOL CHOICE推進しており、各種イベント住宅展示場商店街等普及促進コーナーを設置するほか、セミナーの開催やデジタルサイネージの活用など、COOL CHOICEへの賛同が広く市民方々に広がるよう取り組んでいるところでございます。

熊本市議会 2018-09-12 平成30年第 3回予算決算委員会-09月12日-01号

衛生費につきましては、地球温暖化対策のための国民運動COOL CHOICE普及啓発に係る経費933万円などを計上しております。  土木費につきましては、道路に面する民有ブロック塀に係る詳細調査等経費8,000万円などを計上しております。  教育費につきましては、学校施設におけるブロック塀の撤去及びフェンス設置経費4億6,810万円などを計上しております。