391件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2019-03-12 平成31年 3月12日市民厚生常任委員会−03月12日-01号

次に,試験・検査及び調査研究等の充実,試験・検査事業は,ノロウイルスなどによる食中毒,風疹などの感染症,魚類へい死などの異常水質事案といった危機事象に伴う試験,検査に迅速に対応するとともに,計画的に庁内各課から依頼される食品や河川水,排水などの試験,検査を行うもので,施設の維持管理に係る費用や検査機器の借り上げ料,老朽化した機器の更新費用及び検査試薬,ガラス器具などの衛生材料費です。

熊本市議会 2019-03-06 平成31年第 1回予算決算委員会−03月06日-02号

一、江津湖地域における外来魚駆除等業務について、今年度は県からの特別採捕許可がおくれ、年4回の魚類生息状況調査のうち2回が未実施となったことから、来年度は円滑に業務が実施できるよう県との連携を密にするなど、手続に万全を期してもらいたい。また、業務の進捗状況を議会へ随時報告してもらいたい。  旨、意見要望が述べられました。  これをもちまして、環境水道分科会長の報告を終わります。

川崎市議会 2019-02-26 平成31年 第1回定例会-02月26日-04号

工事前と比べ、水質、干潟地形、植物、鳥類、魚類、その他の生物への影響はどのように変化したのか、それぞれお答えください。工事費について、市の負担170億円、そこから国や県の補助を除いた実質的な市負担は68億円とされていますが、今後、工事費がふえることはないのか伺います。 ○議長(松原成文) 市民文化局長。 ◎市民文化局長(鈴木賢二) 市民文化局関係の御質問にお答え申し上げます。  

熊本市議会 2019-02-22 平成31年第 1回定例会−02月22日-04号

〔46番 北口和皇議員 登壇〕 ◆北口和皇 議員  次に、契約事務に関する指摘に関連し、個別外部監査報告書7ページに、本件委託業務・補助業務の以前より、江津湖において、河川環境調査(魚類)に伴う魚類捕獲業務委託をおこなっていた熊本市上下水道局に対し、資料の提出を要請するとともに書面により質問を行い、資料の提出並びに書面回答を得たとありますが、これに関しては、その後一切記述がないということは、上下水道局

札幌市議会 2018-10-24 平成30年第一部決算特別委員会−10月24日-07号

また、水槽内に空気を注入しなければいけない魚類のアジアアロワナにつきまして、エアポンプを作動させたところでございます。また、先ほどお伝えしましたとおり、動物逸走防止用の電気柵が使えなかったために、動物を終日屋内で飼育するなど、安全確保に努めたところでございます。  

相模原市議会 2018-09-03 平成30年  9月定例会議-09月03日−03号

平成28年度の残食率の比較調査は、先ほど少し触れましたが、単独調理の小学校では主食の白米の8%が最も高くて、麺で3%、主菜で、魚類でも5%と、全て1桁台なんです。単独調理校の残食率の平均は5.5%です。でも、上溝学校給食センターになると平均で11.5%、城山の場合、13.8%、津久井の場合、12.9%です。つまり、自校方式の給食のほうが残食率がかなり少ないんですよね。

北九州市議会 2018-08-10 平成30年 8月10日 環境水道委員会-08月10日−01号

これはそれぞれ750万円ずつ国の委託を受けて調査されたのですけれども、それこそ植物、ほ乳類、鳥類、昆虫類、両生類、は虫類、魚類等の調査がなされていました。これは、国交省のホームページにも掲載されていると思いますが、この調査に対して、環境局としてはどのような評価をされているのでしょうか。これについて見解があれば教えてください。 ○委員長(上野照弘君) 環境保全担当課長。

相模原市議会 2018-07-06 平成30年  7月 水源地域対策特別委員会-07月06日−01号

アオコによる被害は、水道原水の取水や魚類への影響に至る可能性があると承知しているが、具体的な被害については把握していない。 ◆南波秀樹委員 アオコに対する具体的な被害は把握していないということだが、実際に発生しており、リンや窒素も未達成ということで、生活排水に対する対策が効果的だと思う。

熊本市議会 2018-06-08 平成30年第 2回定例会−06月08日-04号

当然ながら、農作物を荒らしますが、アライグマは肉食性もあり、魚類や両生類、小型哺乳類や鳥類まで幅広く食します。特に鳥を狙う場合、手先が器用な特性もあってか、巣の中の卵を片っ端から平らげていきます。国内の生態系に順応してきた国内の鳥類は、アライグマに対する防衛策が十分でない可能性もあり、例えば茂みや低木に巣をつくる種は、アライグマの繁殖ペースに負けてしまう可能性もあります。

静岡市議会 2018-06-02 平成30年6月定例会(第2日目) 本文

12 ◯経済局長(池田文信君) 開発地点に生息する魚類を把握するため、事業者による調査が行われ、アマゴ、アユ等の生息が確認されております。  本市としては、事業の動向を注視するとともに、安倍川において漁業権を持つ安倍藁科川漁業協同組合と十分話し合いを行うよう事業者に伝えたところです。  

広島市議会 2018-04-20 平成30年 4月20日消防上下水道委員会−04月20日-01号

次に、(2)の取水場では、水源の水質異常を早期に発見するため、水中油分自動監視装置や魚類自動監視装置等の水質自動監視装置を設置し、24時間連続監視をしています。  (3)の浄水場では、職員が24時間体制で、浄水処理工程において水道水の安全性が確保されているかを監視するとともに、魚類自動監視装置による24時間連続監視も行っています。  (4)の蛇口です。  

熊本市議会 2018-03-26 平成30年第 1回定例会−03月26日-08号

が熊本市から河川環境調査に伴う魚類捕獲業務委託│ │  (以下「業務B」という。)を請け負い、その一部を熊本市漁協が再委託によ│ │  り請け負っていたことから、地方自治法(以下「法」という。)第92条の2に│ │  規定する議員の兼業禁止に該当するかどうかについて、資格審査を実施するも│ │  の。                                 

熊本市議会 2018-03-19 平成30年 3月19日北口和皇議員の不当要求行為等に関する調査特別委員会-03月19日-01号

⑨、平成23年3月16日にも魚類捕獲調査の打ち合わせが建設会館であっておりまして、内水面漁連から北口会長、緑川漁協組合長他1名、上下水道局から総務部長、下水道部長、下水道維持課長が出席しております。この内容についてもわかっておりません。  以上の、当時のこのような北口会長からの要望、関与の事実を総合的、客観的に見まして、強い働きかけと発言したものでございます。

広島市議会 2018-03-09 平成30年度予算特別委員会−03月09日-08号

藻場ブロックを設置することによりまして,クロメやワカメ,アカモクなどの藻が着生しまして,メバルやカサゴなどの魚類が集まっていることが確認されております。 ◆中原 委員         成功事例もあるようですから,期待をするところでありますけれども,藻場ブロックを設置して,あとは知らないというわけにもいかないんでしょうが,定期的に調査も必要だと思いますが,それはどのようにお考えでしょうか。

熊本市議会 2018-03-02 平成30年第 1回定例会−03月02日-02号

内水面漁連は、平成22年度から平成27年度までの間において、熊本市か│ │   ら随意契約により「河川環境調査に伴う魚類捕獲業務委託」を継続的に請負│ │   い、当該業務委託の一部を熊本市漁協に再委託し、平成27年度は委託料の内│ │   1,150,000円が、内水面漁連を通し熊本市漁協に支払われている。    

熊本市議会 2018-02-20 平成30年 2月20日北口和皇議員の不当要求行為等に関する調査特別委員会-02月20日-01号

次に、⑧平成23年3月上旬には、河川環境調査に伴います魚類捕獲業務委託の契約を実施しております。  その後に、⑨平成23年3月24日から26日にかけまして、第1回目となります河川環境調査を実施したものということです。  説明は以上でございます。 ○竹原孝昭 委員長  以上で、説明は終わりました。  

熊本市議会 2018-01-26 平成30年 1月26日北口和皇議員の不当要求行為等に関する調査特別委員会-01月26日-01号

◎船津浩一 総務課長  私からは、熊本県内水面漁業協同組合連合会の実態につきまして、平成29年11月20日付、河川環境調査に伴う魚類捕獲業務委託における委託料の調査についての協力依頼結果、水産庁への開示請求の結果について、熊本県内水面漁連への河川環境調査に伴う魚類捕獲業務に係る内部検証につきまして説明させていただきます。  まず、平成29年11月20日付での協力依頼の結果についてでございます。

仙台市議会 2017-12-19 平成29年第4回定例会(第6日目) 本文 2017-12-19

魚類の異常行動に基づく水質異常を検出するバイオアッセイにつきましては、主要浄水場四カ所並びに小規模浄水場二カ所に設置しております。残る小規模浄水場二カ所につきましては、従来の目視確認を継続しておりますが、検出方法の比較検証を行いながら、導入の検討を行ってまいります。