14928件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

静岡市議会 2019-09-05 令和元年 議案説明会 名簿 2019-09-05

年度静岡市農業集落排水事業会計歳入歳出決算の認定について 認定第 10号 平成30年度静岡市駐車場事業会計歳入歳出決算の認定について 認定第 11号 平成30年度静岡市介護保険事業会計歳入歳出決算の認定について 認定第 12号 平成30年度静岡市介護保険サービス会計歳入歳出決算の認定について 認定第 13号 平成30年度静岡市中央卸売市場事業会計歳入歳出決算の認定について 認定第 14号 平成30年度静岡市後期高齢医療事業会計歳入歳出決算

川崎市議会 2019-08-01 令和 1年  8月まちづくり委員会-08月01日-01号

道路の勾配に関係する法令の概要をお示ししたものでございまして、左側が道路法、右側が高齢障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律、いわゆるバリアフリー法をお示ししております。左側の道路法におきましては、全ての道路を対象とした技術的な基準政令で定めるものとし、また、勾配や幅員などにつきましては、政令を参酌して、地方公共団体条例で定めるものとされております。

静岡市議会 2019-07-09 令和元年 人口減少対策特別委員会 本文 2019-07-09

また、今年度からは企業の課題解決と高齢の活躍の場の創出の双方の視点から、企業ニーズや課題ヒアリング、それに対応するスキルを持つ人材の掘り起こしを行い、企業人材とのマッチングを進めてまいります。  提言3については以上です。  最後に、提言4の学生が市内企業に魅力を感じられるような情報提供と企業とのマッチング支援を拡充することについてです。

札幌市議会 2019-07-03 令和 元年大都市税財政制度・災害対策調査特別委員会−07月03日-記録

過去の災害や取り組み指針での考え方を踏まえ、要介護高齢、障がい者、外国人、妊産婦等の要配慮者に加えまして、小児、女性、ペット同行避難者等とし、これらを区分して配慮することにいたしました。  また、その下は、要配慮者スペースを増加することや、女性に配慮し、体育館でのエリア分けを行うなどスペースの拡充を行うとともに、備蓄物資の整備をあわせて実施するなど、対策の充実を図ることとしております。  

札幌市議会 2019-07-03 令和 元年第二部議案審査特別委員会−07月03日-05号

次に、おたふく風邪ワクチンの任意接種費用助成及び高齢肺炎球菌予防接種への対応についてです。  子どもの予防接種のうち、任意接種は複数回接種するものも多く、経済的負担が大きいことから、札幌市がおたふく風邪ワクチンの接種費用助成を決定したことで子どもの感染症対策が一層推進されることが期待でき、子育て支援対策を推進する我が党としても評価できるものであります。  

札幌市議会 2019-07-03 令和 元年第一部議案審査特別委員会−07月03日-05号

札幌市の自主夜間中学では、全国と比べ、外国籍の人より高齢が多く利用しており、今年度中に基本計画をつくるべきです。  特別支援教育についてです。  年々増加する医療的ケア児の支援について、本市は、モデル事業を昨年度の2校から今年度は9校に広げ、看護師を派遣するとしました。

新潟市議会 2019-07-03 令和 元年 6月定例会本会議−07月03日-06号

次に,陳情第8号75歳以上の医療費負担の原則2割化に反対する意見書の提出について,  保険料の負担増に続き,政府が進める医療費窓口負担の2割化は,高齢の生活と健康に大きな影響を及ぼすと主張する願意は妥当と考え,採択を主張する。 との意見がありましたが,委員会は採決の結果,多数をもって不採択とすべきものと決定しました。  以上で報告を終わります。

岡山市議会 2019-07-02 07月02日-11号

号議案 固定資産評価員の選任同意について第5 甲第57号議案 教育委員会教育長の任命同意について第6 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について第7 乙第2号議案 岡山市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について第8 備南衛生施設組合議会議員選挙について第9 旭川中部衛生施設組合議会議員補欠選挙について第10 岡山市久米南町国民健康保険病院組合議会議員補欠選挙について第11 岡山県後期高齢医療広域連合議会議員

川崎市議会 2019-07-02 令和 1年 第3回定例会−07月02日-07号

現在の取り組みとしましては、高齢への周知啓発を目的とした老人いこいの家などでの出張防犯講話の開催及び青色防犯パトロールカーによる広報防犯メールやFMラジオによる注意喚起、防犯アプリ「みんパト」による情報配信並びに県警察と連携し作成したチラシ等により、高齢家族を含めた幅広い世代を対象にした広報を実施しているところでございます。以上でございます。 ○副議長(花輪孝一) 浜田議員

静岡市議会 2019-07-02 令和元年 厚生委員会 名簿 2019-07-02

   参与福祉総務課長           吉 永 幸 生 君    監査指導担当課長            見 城 央 倫 君    健康づくり推進課長           森 島 一 也 君    健康福祉参与保健行政担当)     渡 邉 明 美 君    障害福祉企画課長            萩 原 弘 樹 君    障害者支援推進課長           戸 塚 直 子 君    高齢福祉課長

静岡市議会 2019-07-02 令和元年 厚生委員会 本文 2019-07-02

静岡市では、先ほど委員からもありましたが、現在、民生委員が担当する自治会加入世帯数ですとか、それから高齢数といった情報を提供した上で、地区の民児協さんのほうを通して定数変更希望調査を行って、増員の希望のあった地区については必要性を検討し、定数の増員を行い、条例改正の議案を提出したところでございます。  増員の背景としましては、やはり世帯数の増加ですとか高齢の増加が挙げられます。

川崎市議会 2019-07-01 令和 1年 第3回定例会-07月01日-06号

施設整備の検討にサウンディング調査で事業者からの提案を受け、結果を踏まえるとのことですが、高齢障害者を含む地域や利用者の意見が反映された施設であるかが一番重要です。地域への説明、意見募集はどのような形で、どの時期に行う予定にしているのか伺います。 ○議長(山崎直史) 環境局長

新潟市議会 2019-06-28 令和 元年 6月28日市民厚生常任委員会-06月28日-01号

新潟市の後期高齢医療制度の被保険者は,平成31年1月時点で11万3,713人です。そのうち,住民税非課税世帯に該当する年金収入のみの80万円以下世帯と168万円以下世帯の被保険者数は4万6,364人で,被保険者全体の40%を占め,半数近くが生活困窮状態にあります。後期高齢医療制度施行時に導入された低所得者の保険料軽減特例が2019年度から段階的に廃止となりました。

川崎市議会 2019-06-27 令和 1年 第3回定例会−06月27日-04号

委員から、総合リハビリテーション推進センター及び地域リハビリテーションセンターの役割について、これまでそれぞれ専門的に行ってきた高齢障害者への支援を一体的に行う理由について、高齢障害者に対する支援の一体化により、専門的な支援が多岐にわたることへの考えについて、再編整備後における地域リハビリテーションセンターの職員体制について、総合リハビリテーションセンターにおける人材育成及び人材確保の考えについて