46件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本市議会 2018-09-18 平成30年第 3回経済分科会−09月18日-01号

産業振興資金につきましては、29年度より農林業及び畜産業に係る2つの資金を廃止いたしまして、水産業振興資金のみとさせていただいておったところですが、今回の不用額につきましては、主にノリ養殖に係る施設設備等の更新が進み、当初の見込みより貸し付け需要が減ったことによるものでございます。  次に2ページをお願いいたします。  平成29年度決算に係る取り組み一覧でございます。  

福岡市議会 2017-12-14 平成29年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2017-12-14

977 ◯24番(楠 正信) お答えいただいたように、下水道の普及による水質改善に加え、高度処理によって一定の水質改善が進んでいますが、今なお夏場の赤潮の発生、冬場のリン不足によるノリワカメ色落ちなど漁業養殖といった水産業に悪影響をもたらしています。特に夏場の窒素もリンも含んだ水が問題のようです。

新潟市議会 2017-03-06 平成29年 2月定例会本会議-03月06日-07号

議員御指摘のとおり,養殖人為的管理のもとで計画的な生産品質の統一が可能な生産方法と認識しています。しかしながら,陸上養殖については,水槽並びにろ過循環設備温度調節等に係る高コストなどの課題があり,海面養殖についても,本市の遠浅で単調な海岸線,それから夏季の高水温,冬季の風浪などが影響し,本市では普及していない現状です。

広島市議会 2017-03-03 平成29年度予算特別委員会-03月03日-06号

◎藤岡 都市機能調整担当課長  広島西飛行場跡地沖合ですとか,太田川放水路,天満川におきましてはワカメカキ養殖を営む権利のある区画漁業権と,漁業協同組合組合員アサリやナマコを採取する共同漁業権が設定されております。 ◆定野 委員         沖合にもあるんですよね,いかだが。

熊本市議会 2016-03-04 平成28年第 1回定例会−03月04日-05号

また、水産業においても、有明海沿岸ノリ養殖が盛んに行われており、熊本県の産出量の約6割を占めております。  しかしながら、近年の農水産業を取り巻く環境は非常に厳しくなっており、食生活の変化による消費量減少輸入品の増加、担い手不足価格低迷、燃料や生産資材の高騰など農水産業活力低下が懸念されているところであります。  

神戸市議会 2015-10-20 開催日:2015-10-20 平成27年産業港湾委員会 本文

最近は,ここから出た,工場でつくられた製品というか魚の餌になる──今は特に養殖というのが結構盛んで,また生のイワシというのがペルーとか,あの辺が不漁で,なかなかそういうのも──このフィッシュミールの工場から出る,そういう製品が結構高価で,今,取引されておるということも聞いておるんですけれども。  

熊本市議会 2015-01-23 平成27年 1月23日総合的なまちづくり対策に関する特別委員会-01月23日-01号

現在の状況といたしましては、本市基幹漁業でありますノリ養殖において、各生産者乾ノリ加工場における異物除去機導入取り組みがございます。異物除去機導入率は、平成22年度には100%に達し、その後、異物混入によるクレーム件数は表のように減少しております。  しかしながら、機械メンテナンス不足や感度の設定に問題があるなどの事例があることから、運用面についての改善すべき点が見受けられます。

広島市議会 2014-12-12 平成26年第 5回12月定例会−12月12日-04号

まさに,この採苗の好不調がカキ養殖に大きな影響を与えてしまうと言っても過言ではありません。  ことしの採苗の実態を踏まえると,来期後半の減産は避けられず,平成28年1月から生産量減少する見込みのため,経営資金の調達について対策を講じて経営の安定を図っていく必要があると思います。  

熊本市議会 2013-05-29 平成25年 5月29日財政運営のあり方に関する特別委員会−05月29日-01号

水産業分野につきましては2点、経営基盤の強化に向けたノリ養殖の協業化、また漁業協同組合が行う漁業環境保全施設設備導入への支援等を挙げさせていただいております。  続きまして、7ページでございますが、基本施策事業方向性ということで、4ページにございました体系図に合わせて事業方向性をお示しさせていただいているところでございます。

北九州市議会 2012-06-15 06月15日-03号

現在、福岡県では漁業者に対する技術支援海洋情報の提供、新たな養殖支援などを行うため、水産海洋技術センターとその研究所が3カ所設置されております。このうち、筑前海におきましては福岡市にある福岡水産海洋技術センター研究部、それから、豊前海におきましては同センター豊前研究所がそれぞれの海区を管轄し、漁業者ニーズに合った業務を行ってございます。 

広島市議会 2010-11-19 平成22年11月19日経済環境委員会-11月19日-01号

現在、59業者養殖を営んでいますが、消費低迷等から経営状況は厳しく、業者数減少傾向にあります。  次に、2のカキ養殖指導です。カキ養殖は、多くの労力と時間を掛けて営まれており、養殖業者が持っている知識と経験に加え、漁場環境に関する基礎調査と的確な技術指導がなければ良品良質特産広島かき生産することはできません。