115件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

神戸市議会 2020-10-08 開催日:2020-10-08 令和2年決算特別委員会第2分科会〔元年度決算〕(環境局) 本文

次に,市における調達拡大といたしまして,障害優先調達推進方針を策定いたしまして,外郭団体を含む全局室区へ障害福祉サービス事業所物品役務調達協力要請をいたしました。元年度実績は,403件,約6億5,000万円となっております。  また,プロモーション活動といたしまして,神戸ふれあい工房において店頭で販売を行うとともに,イベントの出張販売外商販売を行い,販路の開拓を行っております。

川崎市議会 2020-10-05 令和 2年 決算審査特別委員会(全体会 第2日)−10月05日-12号

本市は2013年から川崎障害優先調達推進方針を策定し、各局区で障害者優先調達に取り組んできたとのことです。2019年度実績は120件、約4,300万円にとどまっており、2020年度目標額も4,333万円という答弁でした。川崎市とほぼ同じ人口の京都市では、昨年度1年間で約2億8,000万円から約3億2,700万円と、発注金額を伸ばしています。

川崎市議会 2020-09-24 令和 2年 決算審査特別委員会(総務分科会 第2日)-09月24日-03号

本市は2013年に障害優先調達推進法に基づき、川崎障害優先調達推進方針を策定しました。これは市役所内で発注できる物品役務障害者就労施設に優先的に発注するという制度で、本市障害者雇用就労施策も踏まえ、障害者就労施設等受注機会確保及び民間企業における雇用就労機会拡大を図ることにより、障害者自立促進に資することを目的としています。

さいたま市議会 2019-12-03 12月03日-04号

さらに、障害優先調達推進法に基づきまして、今年度障害優先調達推進方針を策定しまして、障害者就労施設等からの優先的、また積極的な物品あるいは役務調達に全庁的に取り組んでいるところであります。これらの取り組みによって、本市におきましてもB型事業所工賃上昇傾向を示しているところであり、引き続き工賃向上に取り組んでまいりたいと思います。 

川崎市議会 2019-10-04 令和 1年 決算審査特別委員会(全体会 第2日)-10月04日-12号

次に、財政局所管分でありますが、委員から、不納欠損額について、公契約制度について、本市債務残高等について、川崎障害優先調達推進方針に係る発注件数等について、平成30年度における公共用地先行取得等について、減債基金積立金における基金運用利子について、寄附金について、交通安全対策特別交付金について、障害優先調達推進の結果について、入札不調対策及び委託契約について、公契約制度運用状況について、

相模原市議会 2019-09-26 09月26日-05号

障害優先調達推進法に基づき行っている相模原市の発注は、例年500万円程度と、非常に少ない金額件数であります。真の共生社会実現に向けて取り組んでいる本市としては、残念な数字と言えるのではないでしょうか。障害者社会復帰促進及び社会経済活動への参加の促進を図る意味からも、拡充、拡大は必須であります。目指すべき姿や数値などはどのように考えているのか、また、どのように取り組んでいくのかを伺います。 

川崎市議会 2019-09-25 令和 1年 決算審査特別委員会(総務分科会 第2日)−09月25日-03号

次は、川崎障害優先調達推進方針について伺います。私も、この障害優先調達推進については、平成25年8月から、本市川崎障害優先調達推進方針を策定して以来、議会等質問をさせていただいております。そこで、平成29年度平成30年度発注件数発注金額を伺います。また、局区ごと契約件数を前年度比較で伺いたいと思います。

川崎市議会 2019-09-13 令和 1年 決算審査特別委員会−09月13日-目次

について………………………………………………………………63     市古次郎委員…………………………………………………………………………64      公契約制度について………………………………………………………………64     田村伸一郎委員………………………………………………………………………68      本市債務残高等について………………………………………………………68      川崎障害優先調達推進方針

川崎市議会 2018-09-26 平成30年 決算審査特別委員会(総務分科会 第2日)−09月26日-03号

障害優先調達推進法に基づき、本市は2013年、川崎障害優先調達推進方針を策定しました。市役所内で発注できる物品役務について、障害者施設で行えるものは優先的に発注するということで調達目標設定されております。2016年度と2017年度、2年間の発注件数発注金額を伺います。あわせて、局ごと契約件数を前年度比較で伺います。

浜松市議会 2018-06-11 06月11日-08号

残念ながら、障害優先調達推進法に基づく契約金額も毎年度ほぼ横ばい状態で、サービス事業所障害者の増加を考えますと、さらなる検討も必要と考えます。 また、天竜区に建設される清掃工場業者選定の時点で契約内容に含めていただいた事例もあることから、障害者が可能と思われる作業について、公共施設指定管理者との契約条件等に追加することも可能と思われます。 

川崎市議会 2017-12-18 平成29年 第4回定例会-12月18日-07号

私も、この障害者優先調達推進については、平成25年8月、本市川崎障害優先調達推進方針を策定して以来、議会等質問させていただいております。まず、目標額設定についてですが、前年度を上回るというような消極的な設定ではなく、独自の高い数値目標を掲げるべきだと求めてまいりました。

川崎市議会 2017-12-06 平成29年 第4回定例会-12月06日-03号

国では平成25年4月から障害優先調達推進法が施行され、本市でもこれに基づき、毎年度川崎障害優先調達推進方針を定め、障害者就労施設等受注機会確保民間企業における雇用拡大を図っています。しかし、施設側からは大変苦労している声も届いています。現状と推移を伺います。  また、障害者優先調達件数を2倍増としていますが、今後の取り組みについて市長に伺います。