3666件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月文教委員会−03月08日-01号 だからこそ、全国大会のようなもの、県、市外、県外、関東圏以外からも川崎に来ていただいて、いや川崎のミューザ川崎シンフォニーホールはすごいなと、また来たいなと思っていただける取り組みは大変重要だと思うんですね。もちろん、市民の皆さんがミューザで演奏するというのはすばらしいと思います。 もっと読む
2019-03-06 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月06日-03号 ◎小椋信也 教育次長 市立学校部活動サポート奨励金についての御質問でございますが、奨励金の目的につきましては、学校教育活動の一環として行われる部活動において関東大会及び全国大会の競技会等に参加する生徒などに対し、旅費や宿泊費として奨励金を交付し、保護者等の費用負担の軽減を図ることなどを目的に実施しているものでございます。 もっと読む
2019-03-04 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月04日-01号 川崎市は、昨年夏以降に関東地方を中心に風疹の患者数が増加していることから、12月上旬から、特に患者数が多い30代から50代の男性を対象に追加した緊急対策事業を実施しました。この事業に伴いまして、抗体検査を受けた方の実績と、検査の結果、十分な抗体がなくワクチン接種が必要と診断された方はどの程度いたのか、実態についてお伺いします。 もっと読む
2019-02-25 川崎市議会 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号 昨年夏ごろより関東地方を中心に患者数が増加した風疹に対し、昨年の第4回定例会において、抗体検査とワクチン接種の費用負担が従来の対象者に加え、30代から50代の男性にも制度拡充がなされました。昨年12月より運用が開始され、約2カ月が経過いたしましたが、広く市民に制度の活用を促すための取り組みについて伺います。本制度の利用状況について、従来の対象者と拡充した男性対象者の利用状況について伺います。 もっと読む
2019-02-06 川崎市議会 平成31年  2月環境委員会-02月06日-01号 ◎山本 廃棄物政策担当課長 そういった調整も出てくるかと思いますけれども、先ほどの補足でございますが、そのほかに政令市ですとか、九都県市と呼ばれる関東近県の都市、そういったところでも災害時の相互協定を結ばせていただいてございますので、そういったところも含めまして、実際にどこに行くというような調整もさせていただくという流れになるかと思います。 もっと読む
2019-01-31 川崎市議会 平成31年  1月総務委員会-01月31日-01号 さらに申し上げますと、図1に関東周辺の進入管制区としてお示ししてございますが、国土交通省のほうで進入管制区というものを定めております。 もっと読む
2019-01-24 川崎市議会 平成31年  1月環境委員会-01月24日-01号 初めに、御報告の趣旨でございますが、臨港道路東扇島水江町線整備事業は国土交通省関東地方整備局の直轄事業であり、このたび国において、事業の継続を検討することを目的として、平成31年1月10日に事業評価監視委員会が開催されたところでございます。本日は、その内容及び結果について御報告させていただくものでございます。   もっと読む
2018-12-21 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月21日−07号 それに加え、関東エリアの原発に関しては、再稼働や運転期間を延長した場合、首都圏が大きな影響をこうむることから、首都圏の首長で首都圏原発監視首長会議をつくり、首都圏の原発を監視すべきです。最終的には、首都圏首長会議の承認なくして原発の再稼働あるいは運転期間延長を行えないようにすべきです。 もっと読む
2018-12-19 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月19日-09号 また、退職職員については、当該法人のホームページを見ると、本市の前教育次長が関東地区の事務局長に就任されております。さらに、ここからが問題なんですけれども、当該法人の常務理事を見ると、本市の元総務局長が就任されております。 もっと読む
2018-12-18 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月18日-08号 この踏切は関東労災病院の脇を通ります道路で、東急東横線の踏切をアンダーパス化するという工事でございますけれども、当初の予定から大幅にずれ込んでおりまして、早期の完成実現が望まれております。現状を伺います。また、通学路としての安全対策、そして近隣住民への広報等スケジュールとあわせて伺います。 ○副議長(後藤晶一) 建設緑政局長。 もっと読む
2018-12-17 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月17日-04号 ラジオ放送は5年後の大正12年の関東大震災をきっかけに、後藤新平の先導で大正14年に東京、名古屋、大阪3局でスタートしています。ついでに、映画はサイレント、無音声時代の映画、チャップリンの初期の時代です。   もっと読む
2018-12-14 堺市議会 平成30年12月14日健康福祉委員会-12月14日-01号 また、合わせて私、今、御答弁にあった、要支援の認定率が高い背景には、やっぱり使えるものは使わなあかんという発想は、私はどっちか言うと西高東低で、え、北高南低、え、ちゃうわ、まあ、関東圏よりも関西圏のほうが、そういった気性というのは強いのかなと思ったりはするところです。   もっと読む
2018-12-14 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月14日-06号 災害が相次いだことし、関東が免れたのはたまたまであって、いずれにしても将来にわたって集中豪雨や台風の襲来の可能性があるわけですから、どうやって市民の命と財産を守るのか考え続けなければなりません。どう考えても時間雨量35ミリの川というのはもう対応できないことは明らかです。あらゆる可能性を考えるべきです。 もっと読む
2018-12-14 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月14日-03号 多分、関東や関西の大都市の夜の仕事をされているのかと思っています。  3点目、介護技能実習生の受け入れが伸びないということで、日本語の要件がネックという記事が載りました。昨年の11月から、外国人実習生の業種として介護職も含まれることになっています。 もっと読む
2018-12-13 千葉市議会 平成30年第4回定例会(第9日目) 本文 開催日: 2018-12-13 42 ◯教育次長(神崎広史君) 両施設で使用している食材は、一般に流通している国の安全基準を下回っている全国各地の食材を使用しており、これは、関東近辺の他の青少年教育施設などでも使用されています。 もっと読む
2018-12-11 千葉市議会 平成30年第4回定例会(第7日目) 本文 開催日: 2018-12-11 140 ◯建設局長(佐藤寿之君) 国土交通省関東地方整備局が取りまとめた平成26年踏切台帳データによりますと、電車の運行本数は1日271本で、ピーク1時間当たり20本となっており、踏切の遮断時間は1日5.9時間で、ビーク1時間当たり25.1分となっております。 もっと読む
2018-12-10 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年 12月 文教委員会-12月10日−03号 幾つか条件に当てはまれば、一次試験を面接にかえるというものですが、その条件の一つが、さいたま市立の臨任教員として一定期間勤めた方を有資格とするというものですが、逆に埼玉県を見ると、同様の選考枠ではさいたま市の経験を除くというものになっておりまして、関東圏の他の県と政令市の関係では、市立、県立というので限って分けているのは見当たらないのです。 もっと読む
2018-12-10 千葉市議会 平成30年第4回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2018-12-10 本市が政令市となり、区制施行に当たり、東関東自動車道を行政区の境界とすることで、宮野木町から宮野木台が分離されましたが、検見川・稲毛土地区画整理事業の区域については、事業を完了してから町及び行政区の境界の変更を実施する方針と伺ってまいりました。 もっと読む
2018-12-10 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年 12月 まちづくり委員会-12月10日−02号 また、本市ホームページで建設工事の発注見通しを公表するとともに、関東地方整備局が行っている発注見通しの統合にも参画し、地域単位の発注見通しが一括で確認できるよう取り組んでおります。 もっと読む
2018-12-07 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年 12月 総合政策委員会-12月07日−02号 それと、あと関東・中部・東北自治宝くじといったものがございます。あと、他の自治体と共同でというお話につきましては、こちらにつきましては埼玉県と一緒に販売をしているというような状況でございます。  続きまして、過去の議事録等で、県内で売れれば売れるほどといったお話での御質疑につきましては、過去と全く違いはございませんで、現在も同一の方法でやっているというような状況でございます。 もっと読む