10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

福岡市議会 2014-12-17 平成26年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2014-12-17

不正受給調査専任チームは、担当係長警察官OB及び嘱託職員の体制から成るチームで、日常のケースワーク業務では調査が困難である被保護者の詳細な生活実態把握などについて、主に就労や年金などによる収入の未申告過少申告、また世帯員など、居住実態虚偽申告、いわゆる偽装結婚や非居住、また、預貯金や車の保有などの資産の未申告などの重点調査実施するため、全行政区にチームを配置し、不正受給事案への対応を行っております

名古屋市議会 2012-09-18 09月18日-18号

予算額は、職員26人分の人件費を除く1億6700万円で、刑事告訴告発等法的手段視野に入れた重点調査実施しております。 本年2月の定例会において、我が党の丹羽ひろし議員から、警察官のOBなどを雇うなどして、不正受給に対する調査力を強化するなどの取り組みが必要であるのではないかとの質問があり、健康福祉局長からは、前向きに検討するとの答弁がございました。 

福岡市議会 2012-03-23 平成24年条例予算特別委員会 本文 開催日:2012-03-23

148万市民が住む本市の市街地直下にある警固断層帯地震が発生した場合、震度6強の可能性があり、社会的影響が大きいことや、他の断層と比較した場合、地震発生確率が相対的に高いことから、国は全国110カ所の主要断層の中から警固断層帯南東部重点的調査観測の対象として選定し、23~25年度までの3カ年をかけて調査されている。

  • 1