10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

神戸市議会 2005-03-29 開催日:2005-03-29 平成17年第1回定例市会(第5日) 本文

部落問題は,今や長年の国民の努力と運動で解決に向かい,国では昨年3月,同和対策特別法体制が失効し,全国の自治体でも同和行政終結が基本的な流れとなっています。  神戸市でも当局,関係団体との話し合いが繰り返し行われ,真の同和問題解決に向けた取り組みがされてきました。この流れを絶ち切り,人権の名目で同和特別対策終了後の新たな同和対策利権・特権の維持をねらう動きを見過ごすわけにはいきません。  

神戸市議会 2005-03-24 開催日:2005-03-24 平成17年福祉環境委員会 本文

この請願は,表題では人権一般を指しておりますけれども,内容は同和地区を特定した誹謗中傷や差別落書きなどが多発している,よって人権救済に関する法律の早期制定は不可欠であると述べて,部落問題人権の中心に据えた法律の制定と地域での差別事象を処理する地方組織体制の設置を求めたものであります。これについては,先ほど申しましたように容認できません。  

広島市議会 2000-03-15 平成12年度予算特別委員会−03月15日-09号

これは,藝備人権新報といいまして,部落問題を特に取り上げた地方紙の一つのようですけれども,昨年の9月10日に発行されたものです。この対談をしておるのは,部落解放同盟顧問をしておる小森龍邦氏と。その人が今の発言をずっとやっておるんです。宮沢はこうだ,野中はこうだと。インタビューをした人は,この新聞社の人がしておるようですけれども。

川崎市議会 1991-12-05 平成 3年 第6回定例会-12月05日-04号

│     │ ├────┼─────┼───────┼─────────┼──────────────────────┼─────┤ │47   │3.11.22│部落解放基本法│足柄上郡     │ 特別措置法失効後における部落問題解決への │第3委員会│ │    │     │制定を要望する│部落解放基本法制定│法施策として,総合的かつ抜本的な対策を可能 │     │ │    │     

広島市議会 1988-03-07 昭和63年度予算特別委員会−03月07日-02号

私どもは,こういった部落問題の解消について,特定事業にいつまでも依存するのは適当ではないと考えている。この立場から,意見具申や財特法の方向をほぼ妥当と考えているが,地域の現状をつぶさに見ると,環境改善については,ほぼ完了に近い状況にあると考えるが,教育文化,人格形成の問題では,まだ行政の施策が必要ではないかというのが現状である。  

京都市議会 1985-05-20 05月20日-02号

本日は,本市にとって重要な課題である部落問題,同和問題について質問いたします。限られた時間ですが,私自身の感じてきたこと,考えていることを率直に述べて問題提起といたします。 私自身と部落問題のかかわりを振り返ることから始めたいと思います。私は,1949年,昭和24年左京区に生まれ育ちました。小,中学校当時,同和教育人権教育が熱心に行われていたという記憶はほとんどありません。

広島市議会 1985-03-19 昭和60年第 1回 2月定例会−03月19日-06号

また,部落問題が国の責務として地方自治体も含め行政施策に取り組んでいる中で,部落地名総鑑を購入し,職員採用時の就職差別を行うなど,法を無視し,公平な公安委員としての資格はないものと言わざるを得ません。  以上の理由からこの人事案件,同意するわけにはいきません。反対です。 ○議長(講元英雄君) 以上で討論を終結いたします。  これより採決いたします。  

岡山市議会 1983-07-11 07月11日-10号

昭和16年12月8日,真珠湾攻撃,まあ全国民戦争に突入をする,思想動員をされていく,戦争戦争へと,こういう状況の中で使われたということでありますが,岡山教育界の先人は,こういう状況の中からすぐれた先見性を持って,33年前民主教育という名称にして,部落問題基本的人権の問題である,民主主義の問題である,こういうことで取り組んでまいりました。 

大阪市議会 1975-01-29 01月29日-03号

同和地域と一般地域とを分け隔てた垣根を取り払って、自由社会的交流、連帯を図り、もって部落問題の解決に大きく足を踏み出すのか、それともなお不公正乱脈な同和事業を継続し、歴史の流れに逆行し続けるのか、重大な岐路に立っていると思います。 市当局は、同和利権の温存を図ろうとする解同の圧力に屈して、今後も事業を継続しようとしております。

  • 1