3件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

広島市議会 2018-06-27 平成30年 6月27日経済観光環境委員会-06月27日-01号

次に、効用の年間見込額でございますが、農業生産向上効果については、2,303万8,000円から664万2,000円に減少し、農業経営向上効果については、1,076万9,000円から1,137万8,000円に増加しており、全体で3,380万7,000円から1,802万円に減少しております。これは、整地工事の面積が減少したことなどによるものでございます。  

広島市議会 2003-12-17 平成15年12月17日経済環境委員会−12月17日-01号

次に農業経営向上効果についてであるが、この内容は、水稲、里芋、みぶ菜、小松菜、広島菜、これらの経費を積算して労賃あるいは、機械の作業の時間、こういったものをすべて計算して、水稲では、現在207万3,000円の経費が、ほ場整備後、農地の集団化、受委託を進め、機械共同利用を進めることによって、102万9,000円に減ってくる。この差額が104万4,000円というように積算している。

広島市議会 2002-12-13 平成14年12月13日経済環境委員会−12月13日-01号

◎大井 農林水産部長   農業生産向上効果農業経営向上効果というのが、この議案書の方に記載しているが、この農業生産向上効果というのは、ほ場整備をし、稲以外の作物を導入し、これが収益性の高いものを導入するので、それによる経営向上効果というのが680万2,000円というふうに書いている。  それから、もう一方でほ場整備をすると、非常に農業機械効率利用が図れる。

  • 1