運営者 Bitlet 姉妹サービス
14324件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-27 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月27日-06号 認定について               │ │ 第 45 議第331号 市道の廃止について               │ │ 第 46 議第332号 山鹿植木広域行政事務組合の共同処理する事務の変更│ │             について                    │ │ 第 47 議第333号 山鹿植木広域行政事務組合の共同処理する事務の変更│ │             に伴う財産処分 もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回経済分科会−12月19日-01号 今後のスケジュールとしましては、今議会で予算を可決いただけましたら、1月には仮契約を行い、次の第1回定例会に財産取得議案を提出する予定でございます。  説明は以上でございます。よろしくお願いいたします。 ◎濱田清美 熊本城総合事務所副所長  同じ資料92ページをお願いいたします。  熊本城災害復旧経費としまして、6億6,770万円を計上しております。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回経済委員会−12月19日-01号 次に、財産関係につきましては、全て社会教育振興事業団に引き継がれることとなります。  最後に、職員の処遇についてでございますが、駐車場公社の職員は、社会教育振興事業団の職員として引き続き雇用することとなり、公社時の勤務年数も通算されることとなります。   もっと読む
2018-12-19 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第5日)  資料 開催日:2018-12-19                            ┃ ┃第1委員会│ 上記4団体に関する次の事項について                          ┃ ┃     │ (ア)事業計画                                    ┃ ┃     │ (イ)資金計画                                    ┃ ┃     │ (ウ)決算に関する資料(事業報告書、財産目録 もっと読む
2018-12-19 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第5日)  本文 開催日:2018-12-19 このように、住民本位の跡地利用に反し、特定企業のもうけのために高島市政が市民の財産を売り渡すものであり、本議案に賛成することはできません。  次に、議案第236号、福岡市第2期展示場等整備事業に係る契約の締結についてです。  本議案は、福岡市第2期展示場と立体駐車場をPFI方式で整備、維持管理するために、九電工を代表企業とする株式会社にきてんPFIとの間で約102億円の契約を締結するものです。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回都市整備委員会−12月19日-01号 国道501号(飽田バイパス)道路改良事業の事業地であります熊本市南区内田町字屋敷2,482番の土地は、表示に関する登記しかされておりませんで、所有者の所在が不明であったために、熊本家庭裁判所において不在者財産管理人を選任し、不在者財産管理人と平成30年10月22日付で土地売買契約の締結を行っているところでございます。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回総務委員会-12月19日-01号 議第333号「山鹿植木広域行政事務組合の共同処理する事務の変更に伴う財産処分について」でございます。  続けて、44ページをお願いいたします。  これは、山鹿市との財産処分に関する協議書でございまして、山鹿市域にある財産は山鹿市に、熊本市域にある財産は熊本市に帰属するとの考えに基づき、協議を行いました。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回総務分科会−12月19日-01号 ◆北口和皇 委員  市民の生命・財産を守っていただく重要なお仕事の割には、長寿命化という名のもとに、南熊本出張所を見てみても、幽霊屋敷のような建物ですし、消防にはなかなか予算がつきにくいのではないかというような思いを日ごろ持っていますので、ぜひこうしたテロ対策のものについては遠慮せずに、予算要求というのは、もしものときの危機管理という観点に立った重要で必要不可欠なものであるので、十分過ぎるほど備えをしていただきたいというふうに もっと読む
2018-12-18 熊本市議会 平成30年12月18日公共施設マネジメント調査特別委員会−12月18日-01号 また、右側をごらんいただきますと、公有財産の利活用のイメージをお示ししておりまして、現地建てかえのケースの場合におきましては、上の図のように新庁舎の高さを高くすることにより、余剰の敷地を生み出し、これを利活用敷地として活用するケースをお示ししております。その下は、庁舎機能以外の、例えば商業施設との複合施設により民間活力を導入し、庁舎の建設費等を抑えるケースをお示ししております。   もっと読む
2018-12-18 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月18日-05号 例えば、少々うがった見方でございますが、人口減を背景に税収が目減りした場合には、自治体の基準財政需要額を補完し、行政運営を維持するために交付税がその調整機能を発揮するわけでございますが、この中には、市域の公有財産に応じて算定基準があるはずです。細かい点では、中心市街地人口や宅地の価格指数や経済状況にかかわる評価点。 もっと読む
2018-12-17 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月17日-04号 次に、備蓄物資についてでございますが、本市では熊本地震の教訓を踏まえまして、熊本市備蓄計画を全面的に改訂いたしまして、市民の生命・財産を守るために必要な物資を備蓄しております。  また、ブルーシートや土のう袋等につきましては、民間企業との物資供給協定に基づき、被災者に物資が行き渡る仕組みを構築したところでございます。   もっと読む
2018-12-14 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月14日-03号 本市のかけがえのない財産であります清冽な水の魅力を十分に伝え切れていないという思いから、水の都熊本をより身近に実感いただけるように、熊本駅や中心市街地などに、自噴する水の様子をイメージ映像として流すことができるようなモニター設置について、マニフェストの一つに掲げたところです。   もっと読む
2018-12-13 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-12-13 年版外交青書におきまして、慰安婦問題については、平成27年12月28日に行われた日韓外相会談における合意によって最終的かつ不可逆的な解決を確認したこと、「日本政府は、韓国が『最終的かつ不可逆的』な解決を確認した合意を着実に実施するよう、引き続き強く求めていく考えである」などと記載されており、また、旧朝鮮半島出身労働者問題につきましては、「朝鮮半島出身の『旧民間人徴用工」をめぐる裁判については、日韓間の財産 もっと読む
2018-12-13 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月13日-02号 これまでの市長の立ち振る舞いからはみじんも感じませんでしたが、市長御自身、74万市民の生命、財産を守るという職責の重さに幾度となく押しつぶされそうになられたこともあったのではないかと想像いたしております。  このような中、発災直後からけがを押して災害対策本部で陣頭指揮をとられ、ツイッターなどで災害情報を積極的に発信されるなど、全身全霊で復旧に当たられました。   もっと読む
2018-12-11 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月11日-目次 日程第 43 議第328号 同  日程第 44 議第329号 同  日程第 45 議第330号 市道の認定について  日程第 46 議第331号 市道の廃止について  日程第 47 議第332号 山鹿植木広域行政事務組合の共同処理                する事務の変更について  日程第 48 議第333号 山鹿植木広域行政事務組合の共同処理                する事務の変更に伴う財産処分 もっと読む
2018-12-11 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月11日-01号 認定について               │ │ 第 46 議第331号 市道の廃止について               │ │ 第 47 議第332号 山鹿植木広域行政事務組合の共同処理する事務の変更│ │             について                    │ │ 第 48 議第333号 山鹿植木広域行政事務組合の共同処理する事務の変更│ │             に伴う財産処分 もっと読む
2018-12-04 熊本市議会 平成30年第 3回(閉会中)議会運営委員会−12月04日-01号 平成14年にはハーバード大学ケネディ行政大学院を修了され、以来、文化庁伝統文化課課長補佐、熊本県教育庁社会教育課長、内閣官房知的財産戦略推進事務局総括補佐などの要職を歴任されました。   もっと読む
2018-12-01 大阪市議会 平成30年第3回定例会(平成30年9〜12月)-目次        2.災害対策、災害対応について         (1) 台風21号への対応について…………………………………………41         (2) 体育館への空調整備について………………………………………43        3.学力テスト結果の人事評価への反映について………………………44        4.塾代助成事業について…………………………………………………45        5.市有財産 もっと読む
2018-10-24 札幌市議会 平成30年(常任)建設委員会−10月24日-記録 ◎岡部 市街地整備部長  公費で個人財産の宅地に対して支援することの理由についてでございます。  個人財産の保全は、基本的に個人の責任で行うものでございますが、近年の大規模災害に対しては、住民生活の早期復旧、早期安定を図るため、国や関係自治体において公的支援策が導入されてきたところでございます。   もっと読む
2018-10-05 札幌市議会 平成30年(常任)建設委員会−10月05日-記録 市民の財産である土地をも売却して再開発を行わせることは、期間が終了する10年後からは民間に渡してしまうため、本市が関与できなくなるということであり、反対です。  よって、関連する道路の変更、廃止にも反対です。 ○伊藤理智子 委員長  ほかに討論はございませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり) ○伊藤理智子 委員長  なければ、討論を終了いたします。  それでは、採決を行います。   もっと読む