1693件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

神戸市議会 2019-12-27 開催日:2019-12-27 令和元年文教こども委員会 本文

警察がね,紙とUSBを証拠書類として押収して,それを勝手にPDFに変えることが許されるかといったら,許されないでしょう。明らかに証拠に手を加えたことになっちゃうんだから。ワードファイルには,ワードファイルにしかない情報がたくさん入ってるんですよ。それを,そのまま提出するというのは当然のことなんです。

福岡市議会 2019-12-18 令和元年第5回定例会(第5日)  本文 開催日:2019-12-18

市民局長指定管理者は定期モニタリングを行い、市から必要な指示を受けるとか、苦情には迅速に対応するものとしているなどと答えましたが、手洗い場が壊れたままで2カ月近くたった今でも放置されている証拠写真を突きつけられ、反論不能になりました。さらに、委員会審議でこの点をただされた市側は指定管理者が指定管理料の修繕費を使い果たした、つまりお金をやりくりしない指定管理者責任だと開き直ったのであります。

川崎市議会 2019-12-13 令和 1年 第5回定例会-12月13日-06号

また、本市においては、2015年2月の殺害事件では、逮捕起訴された3少年川崎区内の公園のトイレで衣類などを燃やし、証拠隠滅を図っていたことから、公園への防犯カメラ導入を求める声が高まり、市が民生委員や青少年指導員ら約500人に実施したアンケートでも、9割超が前向きな回答をしております。  

新潟市議会 2019-12-12 令和 元年12月定例会本会議-12月12日-05号

招待者名簿や関係文書などを一方的に廃棄し,証拠隠滅を図っていることも重大で,さらに,悪徳マルチ商法高齢者を食い物にしたジャパンライフの元会長が総理枠で招待されていたという疑惑は深刻です。被害者は7,000人,被害総額は2,000億円という巨大詐欺商法事件において,招待状が被害拡大に手をかすものとなっていました。

新潟市議会 2019-12-10 令和 元年12月定例会本会議−12月10日-03号

情報公開条例では,現に係争中であるもののほか,将来提起される蓋然性が高い事案に関し,作成途中の準備書面や,今後,裁判所に提出が予定されている証拠書類など,本市の対処方針がわかるものについては非公開情報に当たるとされており,単に訴訟に関する資料ということだけでは,非公開にならないものと考えています。                

堺市議会 2019-12-06 令和 元年第 6回定例会-12月06日-03号

その証拠に、2018年6月にカナダで開催されましたG7、シャルルボワ・サミットでは、世界で初めてジェンダー平等を阻むデジタルの文脈における性的及びジェンダーに基づく暴力等、いわゆるサイバー空間性暴力の撲滅に向けた連携強化が確認されています。ジェンダー平等社会の実現は、国際社会における最重要課題の1つとなっております。  

川崎市議会 2019-12-04 令和 1年 第5回定例会-12月04日-03号

川崎市当局からの懸念について主催者側は、市からの懸念はメールや文書などの証拠が残らない形で、しかし、かなりの強さを持って伝えられたと話しています。また、予算のおよそ半分を負担している川崎市との関係悪化は映画祭の存続にかかわるという認識を持ったということです。このように、予算を負担している市からの懸念は予算にかかわる圧力となっています。

新潟市議会 2019-12-03 令和 元年12月定例会本会議−12月03日-01号

施策決定について,  既存データを活用し,効果を予測した上で証拠に基づき判断すべき。データ解析検証には,専門的な外部の力を活用し,長期的視点で市民生活への影響を考えて施策決定されたい。  大型事業について,  新潟の拠点化に資する大型投資がもう少しで具現化されることになる。市民にその効果を還元できるよう知恵を絞り,中途半端な形で終わることなく,前に進めることを望む。  

堺市議会 2019-11-28 令和 元年11月28日竹山修身前市長の選挙資金問題等調査特別委員会−11月28日-01号

私、委員長としては、これまで委員会において決定した記録の提出において、当該資料が大阪地方検察庁に押収されているとの理由で提出できないと回答があったものについて、今回、竹山修身氏の政治資金に関する捜査は終了したことから、証拠品は14日経過すれば本人から還付を請求することが可能であるため、改めて提出を求めることとしてはどうかと考えます。  

川崎市議会 2019-11-25 令和 1年 第5回定例会−11月25日-01号

次に、自主改修における確認、認定についてでございますが、この事業においては、被災写真や領収書等の証拠書類があれば、市職員が現地を確認し、補助事業用の被災証明書を発行することで、補助金の交付対象にする弾力的な運用が認められているところでございます。以上でございます。 ○議長(山崎直史) まちづくり局長。 ◎まちづくり局長(岩田友利) まちづくり局関係の御質問にお答え申し上げます。  

川崎市議会 2019-11-01 令和 1年 11月健康福祉委員会-11月01日-01号

その次に、それに対する反論書、審査請求人からの反論書の提出を求めるといった手続、最低限ここまであるんですけれども、その後、口頭審理のほうを求めている場合には、準備書面というような書類の提出ですとか、あるいは証拠の提出とか、事前の手続がございます。そこに至るまでの中で、長くなって申しわけないんですけれども、公開を求めていても、後でそれを撤回するという可能性もございます。

新潟市議会 2019-10-21 令和 元年決算特別委員会−10月21日-04号

財政状況が厳しい中,ますます選択と集中が進められていますが,その際の政策決定においては証拠に基づく判断が重要と考えます。小規模な実験や既存データを活用し,効果予想した上で決定すべきであり,そのためにもデータ解析検証については専門性ある外部の力を活用していただきたいと思います。

熊本市議会 2019-10-11 令和 元年10月11日熊本市議会歯と口腔の健康づくりの推進に関する政策条例検討会−10月11日-01号

◆原口亮志 委員  先ほど、田上委員がおっしゃったことも科学的にそういった見解もあるということも承知をしておりますし、それも一つの、うがいはしないといいますか、軽くですよ、ぱっとうがいはしてもいいのですけど、うがいはしないという方法もあるということは知っておりますけれども、先ほどうちの高本委員の方からありましたようにこれこそが我が会派エビデンスということで、根拠、証拠に基づくお話ということで御理解

川崎市議会 2019-10-04 令和 1年 決算審査特別委員会(全体会 第2日)-10月04日-12号

この教員は、行ってもいない出張に対して復命報告を出し、研究費をだまし取ろうとし、隠蔽工作をも行い、すなわちみずから作成し、提出した復命報告書という動かしがたい明確な証拠文書がありながら、当該准教授は、破廉恥にも市を相手に処分の取り消し請求を行っております。この事実関係について相違ないのか伺います。また、この復命報告書は公開対象になるのかについても伺います。

堺市議会 2019-10-03 令和 元年第 5回定例会−10月03日-05号

その方策を具体化される上では、│ │将来にわたる持続可能な発展を指向し、経常経費の増加が将来に及ぼす影響なども勘案しながら、│ │弾力的かつ健全な行財政基盤の確保に向け、まず計画段階から費用対効果を客観的に評価できる仕│ │組みを構築し、効果的な予算執行が行える体制の確立、いわゆるEBPM、証拠に基づく政策立案│ │の取り組みを求めておきます。

新潟市議会 2019-10-01 令和 元年10月 1日総務常任委員会−10月01日-01号

却下の理由として,相談を受けた弁護士は記憶がないと言っている以上は証拠がないと結論づけられています。しかし,審査会に提出された県弁護士会の無料法律相談の担当者である中川弁護士から市側に申し出があり,市側が了解した意見書には弁護士紹介する行為自体に何ら問題ありませんと記載されていることについて,無視して記憶がないのを根拠として住民監査請求の結論を出しています。

熊本市議会 2019-09-26 令和 元年 9月26日庁舎整備に関する特別委員会−09月26日-01号

結局、先般も本会議で高本委員のほうからエビデンスという言葉が出ておりましたけれども、その証拠、証明ですね。科学的根拠を明確に出していただけなければ、皆さん方がスケジュールをつくったり、経済性の検討を先に出されても、まずその入り口のところで立ちどまってしまうわけですから。そこをしっかり、行政としては議会に対して提示していただきたい、そこから議論が始まるということでお願いしたいと思っております。

川崎市議会 2019-09-24 令和 1年 決算審査特別委員会(健康福祉分科会 第1日)−09月24日-06号

◎坂元昇 医務監・看護短期大学長 不祥事に伴う業務時間等についての御質問でございますが、平成31年3月末の懲戒処分につきましては、平成29年12月に研究交付金に関する疑義が発生して以降、全教員分の書類の確認、当該事案に関する証拠の保全、整理、他大学等の関係機関に対する照会、法律専門家への相談のほか、学内及び庁内関係部署におけるたび重なる打ち合わせを実施した上で発令したところでございます。