3343件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2019-06-06 令和 元年 6月 6日議会運営委員会−06月06日-01号

○佐藤豊美 議長  市政調査会の役員については,規約に基づき,会長には議長である私が,副会長には副議長が,それぞれ就任することになっていますが,幹事及び監事については,各会派から,会長である私が選任することになっています。幹事については,従来どおり,各会派のクラブ長,議会運営委員会の委員長,副委員長にお願いしたいと考えています。

新潟市議会 2019-05-21 令和 元年 5月臨時会本会議−05月21日-01号

これは,同組合規約の規定により,組合議会議員1名を選挙するものです。  お諮りします。選挙の方法は,地方自治法第118条第2項の規定により指名推選とし,議長において指名することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(佐藤豊美) 御異議なしと認め,そのように決定しました。  

札幌市議会 2019-05-13 令和 元年第 1回臨時会−05月13日-01号

この選挙は、本市選出の同企業団議会議員が去る5月1日をもって任期満了となったことに伴い、同企業団規約第6条の規定により、本市議会議員のうちから5人を同企業団議会議員として選挙するものです。  お諮りします。  選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によることとし、当職において指名人を指名したいと思いますが、ご異議ありませんか。  

新潟市議会 2019-03-22 平成31年 2月定例会本会議−03月22日-09号

一部改正について…………………………………………文教経済   第 33 号 新潟市建築関係手数料条例の一部改正について…………………………………………環境建設   第 34 号 新潟市と燕市の境界変更の申請について…………………………………………………総  務   第 35 号 町(字)の区域及び名称の変更について…………………………………………………市民厚生   第 36 号 新潟県市町村総合事務組合規約

北九州市議会 2019-03-14 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月14日−06号

本選挙は、同組合議会議員2名の欠員に伴い、同組合規約第6条第2項の規定により、補欠選挙するものであります。  お諮りいたします。選挙の方法は指名推選とし、議長において指名したいと思います。これに御異議ありませんか。                 (「異議なし」の声あり。)  御異議なしと認めます。よって、そのとおり決定いたしました。  

新潟市議会 2019-03-12 平成31年 3月12日総務常任委員会-03月12日-01号

また,予算の説明の後に,当課所管の議案,新潟市と燕市の境界変更の申請について及び新潟県市町村総合事務組合規約の変更についてを続けて説明します。  まず,総務部の当初予算説明資料をごらんください。説明の都合上,歳出から説明します。2ページ,歳出の総額は58億6,069万円で,対前年度比50億3,430万5,000円の増です。

堺市議会 2019-03-08 平成31年度予算審査特別委員会-03月08日-03号

◎坂本 財政局長  地方自治法の234条の2でございますが、規約の履行の確保ということで、普通地方公共団体が工事若しくは製造その他についての請負契約又は物件の買入れその他の契約を締結した場合においては、普通地方公共団体の職員は、政令の定めるところにより、契約の適正な履行を確保するため、ちょっと省略しまして、必要な監督又は検査をしなければならない、というふうに規定されております。以上でございます。

熊本市議会 2019-03-08 平成31年第 1回定例会−03月08日-06号

                       │ │ 第 90 議第 90号 同                       │ │ 第 91 議第 91号 包括外部監査契約締結について          │ │ 第 92 議第 92号 熊本市及び菊池市における連携中枢都市圏の形成に係│ │             る連携協約の締結について            │ │ 第 93 議第 93号 事務の委託に関する規約

札幌市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会−03月06日-06号

議案第38号 札幌市及び新篠津村における連携中枢都市圏形成に係る連携協約の締結に関する協議の   件  議案第39号 札幌市及び南幌町における連携中枢都市圏形成に係る連携協約の締結に関する協議の件  議案第40号 札幌市及び長沼町における連携中枢都市圏形成に係る連携協約の締結に関する協議の件  議案第41号 札幌広域圏組合の解散及び解散に伴う財産処分に関する協議の件  議案第42号 札幌広域圏組合規約変更

新潟市議会 2019-03-05 平成31年 2月定例会本会議−03月05日-06号

こういった一定の規約,枠を設けながら運営を補助するような仕組みの構築についても,ぜひ御検討いただきたいと思います。  次に(4),国からの通知についてお聞きします。  昨年6月,7月に文部科学省,厚生労働省ともに子ども食堂に関する通知を出しました。

川崎市議会 2019-03-04 平成31年 予算審査特別委員会-03月04日-01号

ただ、一方で、このマチマチも、将来的にはトラブル防止のため、登録ユーザーの個人情報の利用目的などが記載された利用規約をよくお読みいただくなどの周知、また、町内会・自治会等が利用運営する際の相談支援、また、さらにスマートフォンを利用するために高齢者等への研修説明会などを実施していただき、丁寧に取り組んでいただきたいなと思っています。

札幌市議会 2019-03-01 平成31年第一部予算特別委員会−03月01日-04号

最初に、第2款 総務費 第1項 総務管理費中まちづくり政策局関係分、連携中枢都市圏形成に係る連携協約の締結に関する協議の件に係る議案第30号から第40号まで、議案第41号 札幌広域圏組合の解散及び解散に伴う財産処分に関する協議の件、議案第42号 札幌広域圏組合規約変更に関する協議の件及び議案第43号 札幌広域圏組合と札幌市との間の公平委員会の事務の委託に関する規約廃止に関する協議の件について、一括して

堺市議会 2019-03-01 平成31年 3月 1日総務財政委員会-03月01日-01号

◎藤川 資金課長  利益配分につきましては、大阪府都市競艇企業団規約に定められており、企業団に剰余金等が生じた際に、100分の64に相当する額は16構成市に均等に、また100分の36に相当する額は人口に応じて構成市に分配されております。なお、平成29年度開催分に係る本市の利益の配分割合は、均等割4%と人口割6.75%を合わせまして、10.75%となっております。以上でございます。

熊本市議会 2019-02-28 平成31年第 1回都市整備委員会−02月28日-01号

2点目は、管理規約を整備する際に、マンション管理士等の専門家を活用される場合の助成を5年間考えております。規約改正には区分所有者が集まり議論する必要があるため、管理意識の向上やコミュニティの向上につながると考えております。予算といたしましては、規約の見直し上限の10万円と考えております。一応20件で200万円を計上しております。  最後、3点目が耐震化の助成でございます。

熊本市議会 2019-02-28 平成31年第 1回教育市民委員会−02月28日-01号

委員         齊 藤   聰 委員     藤 岡 照 代 委員         古 川 泰 三 委員     田 尻 将 博 委員 議題・協議事項   (1)議案の審査(3件)      議第52号「熊本市自治基本条例の一部改正について」      議第55号「熊本市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について」      議第93号「事務の委託に関する規約

仙台市議会 2019-02-28 平成31年度 予算等審査特別委員会(第6日目) 本文 2019-02-28

ほとんど全部あったんですけれども、1カ所だけ何でここエスコートゾーンないんだろうというところがあったんですけれども、そもそもこの、県の規約かもしれませんが、エスコートゾーンの設置の基準、考え方というのはどういうふうになっているのか教えていただいてよろしいですか。

熊本市議会 2019-02-28 平成31年第 1回都市整備分科会−02月28日-01号

マンションの適正管理に向けた取り組みを行うために、管理規約の整備やマンションの耐震化に要する費用に対する補助等の経費でございます。  次に、5のブロック塀等安全対策緊急支援事業については、6,910万円を計上しております。安全性が確認できない道路、公園等に面するブロック塀の撤去費用を助成する経費でございます。 ◎吉住和征 震災住宅支援課長  354ページをお願いいたします。  

神戸市議会 2019-02-27 開催日:2019-02-27 平成31年予算特別委員会第3分科会〔31年度予算〕(住宅都市局) 本文

現在の取り組みですけども,できるだけ早期のまちづくり協議会発足に向けて地域も取り組んでおり,規約づくりなどを検討しているところでございます。今後も市としては,最大限に地域のまちづくりをサポートしてまいりたいというふうに考えてございます。