運営者 Bitlet 姉妹サービス
3693件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 堺市議会 平成31年第 1回定例会−03月14日-05号 │ │ また、歩行者と自転車の分離を基本とする通行空間整備はもとより、府道大阪和泉泉南線西側の│ │阪堺線大和川停留所に隣接する同敷地において、サイクルサポート機能の充実を図るとしています│ │。さらに、本エリアへのアクセスは、阪堺線大和川停留所からのアクセスを生かすよう、検討を進│ │めていくとしています。 もっと読む
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月まちづくり委員会-03月08日-01号 本当に当時、都市計画課にいたころは、川崎駅の西側も、まだ東芝の工場、明治製菓の工場、また鹿島田の駅前にも工場があり、武蔵小杉も、武蔵溝ノ口も、宿河原のあたりにもまだまだ工場があった時代でございまして、川崎市って工業都市なんだなというところと、また、小田急線や田園都市線の沿線でもまだまだ今よりももっと大規模な宅地開発が進行しておりまして、東京のベッドタウンという印象も強かったところでございます。 もっと読む
2019-03-07 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月07日-04号 その前提として、輸送人員の予測においては、発生・集中量や目的、手段分担など現況交通の動向に基づく推計が行われているものでございまして、西側ルートでは1日当たり約7万8,000人、中央ルートでは約8万人、東側ルートでは約7万9,000人となっており、どのルートも大きな差異がないものと考えております。 もっと読む
2019-03-05 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月05日-02号 これは西側の部分なのですけれども、こんなに広い土地がぽっかりとあいたような形になっております。そこで、この公募が不調となった理由と、今後どのように見直していくのか、見直しの内容について伺います。 もっと読む
2019-03-04 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月04日-01号 川崎マリエン西側信号と東扇島中央信号の間のT字型の交差点は、西側がコンテナターミナルや東扇島西公園、東扇島福利厚生センターなどがあり、交通量も多いのですが、信号機がありません。そのため、東扇島福利厚生センター側からこの道に入ろうとしても、なかなか入れないというような状況になっています。また、西側、かわさきファズ物流センター付近の交差点も同様に信号機がありません。 もっと読む
2019-02-25 川崎市議会 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号 平成37年度の事業完了に向けて、登戸駅西側まちづくり方針の公表、事業計画の変更等が進む中、総事業費は約166億円増大し、936億円となることが示されました。早期の事業完了は重要な点でありますが、事業全体の進捗状況を伺います。 もっと読む
2019-02-20 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月20日-04号 ◆34番(池尻秀樹君) この打ち合わせのときに、観光バスや乗用車、それは西側から来るように誘導するんですと言いますけれども、今、ナビでね、ぽっとナビを入れれば、そのナビどおり案内されます。そのナビが堺市の言うてるようなとおりのナビで案内されることはないと思います。 もっと読む
2019-02-19 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月19日-03号 また、府道大阪和泉泉南線西側の議員御指摘の阪堺線の大和川停留場に隣接する約1.7ヘクタールの敷地におきまして、サイクルサポート機能の充実を図るとともに、河川敷との一体活用も視野に入れた、にぎわい機能を兼ね備えた拠点施設の検討を進めるものでございます。以上でございます。 ◆11番(森田晃一君) 議長。 ○副議長(芝田一君) 11番森田晃一議員。 もっと読む
2019-02-18 堺市議会 平成31年第 1回定例会-02月18日-02号 このような中、地元でもまちづくりへの機運が高まり、平成29年2月に好きやねん津久野の会が設立され、西側の駅前広場を活用した夜店やイルミネーションなど、まちのにぎわいづくりに資する取り組みが行われております。 もっと読む
2019-01-31 川崎市議会 平成31年  1月総務委員会-01月31日-01号 ちなみに、本市の区域につきましては、中原区の上空に境界がございまして、それより西側の高津区、宮前区、多摩区、麻生区といったところの上空がその範囲内となっております。  空域の高さにつきましては、図2でお示ししてございますけれども、8,000フィートから2万3,000フィート、メートル換算しますと大体2,400メートルから7,000メートル。 もっと読む
2019-01-24 川崎市議会 平成31年  1月まちづくり委員会-01月24日-01号 次に、(2)概略ルート及び駅位置に関する検討でございますが、川崎市側の概略ルート・中間駅につきましては、右図に示しておりますように、緑色の白山付近を通る西側ルート、青色の王禅寺公園付近を通る中央ルート、赤色のヨネッティー王禅寺付近を通る東側ルートの現実的かつ合理的な3案を設定した上で、①の費用対効果や事業採算性の確認に加え、②のまちづくりや地域交通に関する視点から、比較検討・評価を実施いたしました。 もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回都市整備委員会−12月19日-01号 それと、西側にお住まいの方が結構、福岡空港などを利用されている方もいらっしゃるかと思いますけれども、今回の鉄道との結節で時間が読めますので、熊本空港利用というのも今後ふえてくるのかなということで、市民にとってのメリットも高まっていくというふうに感じております。  そういう中で今回の自衛隊ルートでございます。 もっと読む
2018-12-17 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月17日-04号 新町戸坂線は同地区への西側からのメーン接続道路となります。しばらく停滞したままです。一日も早くの開通が市域全域への都市計画上の重要な意味ある道路となります。都市建設局長、お答えください。  (6)北岡自然公園、細川刑部邸、夏目漱石内坪井旧居復旧について。  震災直後に各文化財を視察し、早急の復旧のお願いをいたしました。3施設はまだのようです。一日も早くの復旧が望まれております。 もっと読む
2018-12-13 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-12-13 ことしの9月から舞鶴公園の西側にてバーベキュー施設が開設をいたしました。私も地域の方々とともに、プレオープンのイベントに参加をいたしましたが、いい雰囲気の中、食事もおいしく、これから利用者もふえるだろうなと感じた次第です。 もっと読む
2018-12-12 堺市議会 平成30年12月12日産業環境委員会−12月12日-01号 事業計画といたしましては、平成9年度に区間西側の市営区間1.2キロメートルより着手し、その後、平成12年度に東側区間1.4キロメートルの延伸要望が地元の上神谷地区自治連合会からありました。 もっと読む
2018-12-07 堺市議会 平成30年第 4回定例会−12月07日-04号 東は住宅地、西側が商業地を中心としているというところから、西側からどんどん開発していくべきだと、このように思っています。いつの間にか、連立合わせた20年後というのが事実、既成の事実になっているというところがあって、それは私は違うというふうに思っています。この点について、ちょっとまた議論したいと思いますが、スクリーン2をお願いしたいと思います。   もっと読む
2018-12-06 堺市議会 平成30年第 4回定例会−12月06日-03号 津久野駅については、昭和40年代に土地区画整理事業により、東側及び西側に駅前広場が整備されたにもかかわらず、現在、改札口が東側しか設置されず、長年地元より西側への改札口の要望がなされてきたところでございます。その後、東西を結ぶ自由路線が整備されましたが、バリアフリーの基準を満たしておらず、車椅子で津久野駅を利用する方は大変苦労されていることをお聞きしております。 もっと読む
2018-11-20 堺市議会 平成30年11月20日歴史文化魅力発信調査特別委員会(研修会)−11月20日-01号 西側、図面の左側から順に、1トレンチ、2トレンチ、3トレンチというふうに名前がつけられておりまして、調査といたしましては、機械など入れずに、完全に人力で表面の土から堤がつくられている当時の基盤となる層までを掘削していきながら、堤の断面のですね、土の状況、またはその土の中に含まれる遺物なんかを確認して、写真撮影をして、図面を作成して、記録していくという手順で進めていっております。   もっと読む
2018-11-07 堺市議会 平成30年11月 7日都市活力再生・創出調査特別委員会−11月07日-01号 整備の経過といたしましては、平成9年度に区間西側の市営区間1.2キロから着手し、その後、地元要望による東側の延伸区間1.4キロが府営事業として採択されるなど、大阪府とともに整備を進め、平成27年の11月には全長2.6キロの道路本体の大部分の整備を完了しております。 もっと読む
2018-10-25 熊本市議会 平成30年10月25日公共施設マネジメント調査特別委員会−10月25日-01号 ここでは本庁舎の歴史を説明しておりますが、市制施行後の本庁舎は、現在の白川公園西側に県庁舎と向かい合う形で位置し、その後、大正12年に現在のこの場所に移転しております。さらに、昭和40年代に入りまして、庁舎の老朽化、狭隘化等の課題が顕在化してきたことから、新庁舎の建てかえの議論が始まり、昭和56年10月に現庁舎に建てかえられております。  次のページをごらんください。   もっと読む