55件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2019-06-28 令和 1年 第3回定例会-06月28日-05号

港湾局長      北出徹也  臨海部国際戦略本部長            鈴木 毅  中原区長      永山実幸  宮前区長      髙橋哲也  多摩区長      荻原圭一  麻生区長      多田貴栄  交通局長      邉見洋之  病院局長      田邊雅史  消防局長      原 悟志  市民オンブズマン事務局長            小椋信也  教育次長      石井宏之  監査事務局

仙台市議会 2019-03-08 平成31年度 予算等審査特別委員会(第12日目) 本文 2019-03-08

今後は、庁内の関係課を交えた情報交換定期的に行うなど、関係部署の連携をさらに深めてまいりたいと存じます。 47: ◯辻隆一委員  その場所がないという、例えば町内会の集会所のときは財政支援措置があるのですけどね。そういった場合にはなかなかないということで皆さん悩んでいるので、そういったことを意識して取り組んでいただきたいことを申し上げておきたいと思います。  

仙台市議会 2018-10-05 平成30年第3回定例会(第8日目) 本文 2018-10-05

委員会は、去る九月十二日の本会議において、議会選出の監査委員一名を除く議員五十一名をもって構成され、第九十一号議案から第九十七号議案までの議案の審査について付託を受けました。  同日、委員会を開催し、正副委員長の互選を行った後、翌九月十三日、十七名ずつの委員をもって構成する三つの分科会を設置し、九月十九日から九月二十六日まで、各分科会において、所管ごとに審査を行ってまいりました。  

堺市議会 2018-03-06 平成30年第 1回定例会-03月06日-04号

監査委員報告第16号 監査の結果に関する報告の提出について        監査委員報告第17号 監査の結果に関する報告の提出について        監査委員報告第18号 監査の結果に関する報告の提出について        監査委員報告第19号 監査の結果に関する報告の提出について        監査委員報告第20号 監査の結果に関する報告の提出について        監査委員報告第21号 監査の結果

広島市議会 2017-12-13 平成29年12月13日総務委員会−12月13日-01号

このように原爆資料の調査、研究、展示に関して専門的な知識を持つ職員を擁し、かつ被爆の実相及び平和に関する様々な情報や関連事業の実績を有する広島平和文化センター指定管理者としているものであり、定期的な異動により専門的知識や経験の蓄積が難しい市職員が直接担うよりも、効果的、効率的に管理ができると考えております。 ◆三宅 委員   今の御回答では、やりませんということですね。

川崎市議会 2013-12-11 平成25年 第4回定例会−12月11日-03号

    村田恭輔  監査事務局長    桑原賢治  人事委員会委員長  重見憲明  人事委員会事務局長 土方慎也 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−                 午前10時0分開議    〔局長「ただいまの出席議員副議長とも57人」と報告〕 ○副議長(飯塚正良) 昨日に引き続き、会議を開きます。           

川崎市議会 2010-12-17 平成22年 第5回定例会-12月17日-07号

こういう時代だからこそ、かつての篤志家が担ってきた社会福祉の理念というものは大事にされるべきであると思いますし、悪徳な民間企業には毅然とした態度を示さなければいけないと思っておりますけれども、本市としての監査指導の体制はどうなっているのか、これもこども本部長に伺います。 ○議長(潮田智信) こども本部長

堺市議会 2010-03-02 平成22年第 2回定例会−03月02日-02号

監査委員報告第16号 監査の結果に関する報告の提出について        監査委員報告第17号 監査の結果に関する報告の提出について        監査委員報告第18号 監査の結果に関する報告の提出について        監査委員報告第19号 監査の結果に関する報告の提出について        監査委員報告第20号 監査の結果に関する報告の提出について        監査委員報告第21号 監査の結果

札幌市議会 2009-10-26 平成21年(常任)経済委員会−10月26日-記録

私が言ったのは、行政実例、いわゆる当時の自治省地方団体からの問い合わせに対してこういう運用をしたらいかがですかといった一つの事例を示したものをよりどころにして言うから、それはあくまでも事例であって、おのおのの議会が必要と認めた者については呼ばなければいけない。議会が決めることではないんです。