運営者 Bitlet 姉妹サービス
1032件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-27 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月27日-06号 について               │ │ 第 42 議第328号 同                       │ │ 第 43 議第329号 同                       │ │ 第 44 議第330号 市道の認定について               │ │ 第 45 議第331号 市道の廃止について               │ │ 第 46 議第332号 山鹿植木広域行政事務組合 もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回環境水道分科会−12月19日-01号 まず、1の背景といたしまして、現在、植木地区のごみ処理は山鹿植木広域行政事務組合で行っておりますことから、植木地区以外の熊本市とはごみ処理の制度が異なっております。そのような中、同組合の焼却施設が老朽化によりまして、平成31年3月に閉鎖をすることに伴いまして、平成31年4月から植木地区の燃やすごみにつきましては、本市の東西環境工場で処理することになります。 もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回総務委員会-12月19日-01号     総務委員会室 出席委員    8名         寺 本 義 勝 委員長    福 永 洋 一 副委員長         山 部 洋 史 委員     井 本 正 広 委員         原 口 亮 志 委員     重 村 和 征 委員         三 島 良 之 委員     北 口 和 皇 委員 議題・協議事項   (1)議案の審査(8件)      議第 332号「山鹿植木広域行政事務組合 もっと読む
2018-12-11 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月11日-目次 同  日程第 38 議第323号 同  日程第 39 議第324号 同  日程第 40 議第325号 同  日程第 41 議第326号 同  日程第 42 議第327号 市道の廃止について  日程第 43 議第328号 同  日程第 44 議第329号 同  日程第 45 議第330号 市道の認定について  日程第 46 議第331号 市道の廃止について  日程第 47 議第332号 山鹿植木広域行政事務組合 もっと読む
2018-12-11 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月11日-01号 について               │ │ 第 43 議第328号 同                       │ │ 第 44 議第329号 同                       │ │ 第 45 議第330号 市道の認定について               │ │ 第 46 議第331号 市道の廃止について               │ │ 第 47 議第332号 山鹿植木広域行政事務組合 もっと読む
2018-12-04 熊本市議会 平成30年第 3回(閉会中)議会運営委員会−12月04日-01号 整理番号5と6は、先ほど条例議案のところでも触れましたが、山鹿植木広域行政事務組合の事務に関し、山鹿市と協議して定める内容を同文議決するものでございます。  整理番号5は、燃やすごみの処理施設に係る事務を廃止するものであり、整理番号6は燃やすごみの処理施設の解体に伴い、その土地等の財産の帰属を定めるものでございます。  12ページをお願いします。   もっと読む
2018-09-27 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月27日−07号 本市の行政事務における今後の取り組みについて、御見解をお伺いいたします。  次に、自治体における働き方改革について。政府における働き方改革等を初め、スマートシティにおける働き方改革など、総合的に実施する準備を進めるべきと考えております。市の組織における情報通信技術ICTを活用した働き方改革の現状や今後の取り組みについて、御見解をお伺いいたします。  次に、地域医療の充実について。   もっと読む
2018-09-21 千葉市議会 2018.09.21 平成30年決算審査特別委員会環境経済分科会 本文 5の町内自治会の育成と連絡調整1億6,900万円は、各区の町内自治会連絡協議会に市の行政情報の回覧等について委託した経費である行政事務委託料のほか、新築等3件、修繕12件など合計29件の補助を行った集会所建設等補助などでございます。  続きまして、区政推進課の所管でございます。   もっと読む
2018-06-11 熊本市議会 平成30年第 2回経済分科会−06月11日-01号 それから、スケールメリットとして、一般管理費の削減でありましたり、共通事務の集約、またサービス水準の均衡、行政事務の効率化を総合的に判断しまして、一括して同一の指定管理者に行わせることが効果的と判断したものでございます。 ◆那須円 委員  施設を運営する側のいろいろな理由、費用の削減面なども今御説明ありましたけれども、利用する市民の側からいくと、何かメリットはあるんですか。   もっと読む
2018-05-21 広島市議会 平成30年 5月21日消防上下水道委員会-05月21日-01号 この度、行政事務の効率化や事業者の事務負担の軽減を図るため、本市を含む23市町による下水道指定工事店の指定制度の広域的運用を開始いたします。参加する市町は、表1に記載してございます。  次に、2の広域的運用の背景です。  まず、(1)の下水道指定工事店の指定制度とはでございます。   もっと読む
2018-03-27 広島市議会 平成30年第 1回 2月定例会−03月27日-07号 そもそも市の行政事務を業務委託し,受託した業務について受託者が手数料を受け取ることは,市の事務に関して手数料を負担させるべきということは法的には定められていないのです。この枠組みの提案者は,予算特別委員会でも明らかになったように,広島市からの提案という答弁がありました。手数料徴収はあくまでも中央市場連合会の自治という説明ですが,その自治に行政が介入してはいけません。 もっと読む
2018-03-16 熊本市議会 平成30年第 1回教育市民委員会−03月16日-01号 オで、市民生活及び行政事務の執行に著しい支障を来していることとしてあります。  次の手続の流れにつきましては、分区、合区などの行政区の再編成の場合は、行政区画等審議会を設置し、審議することとしてあります。   もっと読む
2018-03-15 熊本市議会 平成30年第 1回環境水道委員会-03月15日-01号 植木地区のごみ処理につきましては、合併以前から引き続き山鹿植木広域行政事務組合で行っておりますことから、他の地区とはルールが異なっております。そのような中、組合所有の焼却施設の老朽化に伴いまして、山鹿市は単独による新焼却施設を平成31年度から稼働いたします。 もっと読む
2018-03-15 熊本市議会 平成30年第 1回環境水道分科会-03月15日-02号 山鹿植木広域行政事務組合の衛生処理センター負担金、し尿処理負担金となっていますけれども、これはこちらではないはずですから、状況的にはいつまで続くのでしょうか。 もっと読む
2018-03-15 熊本市議会 平成30年第 1回総務分科会−03月15日-02号 主なものといたしまして、1番、山鹿・植木広域行政事務組合負担金でございますが、植木地域のごみ収集やし尿処理事務につきまして、山鹿市との一部事務組合で行っておりまして、組合事務局の人件費、あるいは事務運営経費の熊本市負担分2,270万3,000円を計上しているところでございます。 ◎宮崎由之 復興総室副室長  引き続き説明資料69ページでございます。   もっと読む
2018-03-13 京都市議会 平成30年  3月 総務消防委員会(第20回)-03月13日−20号 マイナンバー制度は国民の利便性の向上,公平公正な社会の実現及び行政事務の効率化を目的とする重要な社会基盤となるもので,税関係の行政手続におきましても,法令に基づきマイナンバーの活用を行っております。   もっと読む
2018-03-13 熊本市議会 平成30年第 1回予算決算委員会-03月13日-03号 おおむね30年ほど前から今日に至るまで、平成の代に入りまして本格的なコンピューター時代が到来し、行政事務は大きく様変わりをしてまいりました。そして、IT立国を宣言した20年以上前から、各家庭の中にもパーソナルコンピューターの普及が図られて、その進化の度合いが著しかったことは御承知のとおりでございます。また、さまざまなIT関連機器の登場に付随して、通信網の整備も図られてまいりました。   もっと読む
2018-03-12 広島市議会 平成30年度予算特別委員会−03月12日-09号 ◆馬庭 委員         つまり,その入場証の委託業務っていうのは,行政の委託業務なので,行政事務ですよね。そこで中央市場連合会にお願いしたのは,あくまでも資格確認と,入場証,このぺらぺらのこの紙をつくって渡すっていうところまでが,業務委託ですよね。 もっと読む
2018-03-12 浜松市議会 平成30年  2月 定例会(第1回)-03月12日−05号 見方を変えますと、自治体の行政事務の大半は人間が行う労働集約型で、ロボットなどで生産性を上げる資本集約型とは異なります。したがって、職員が少ないということは、提供されるサービスの量も少ないということになり、市民サービスが低水準だということも言えるわけであります。  公共施設に関しても、将来に備え無駄をなくすために公共施設等総合管理計画を28年3月に策定して、統廃合や長寿命化を進めております。   もっと読む
2018-03-07 熊本市議会 平成30年第 1回定例会−03月07日-05号 平成29年11月には、各種行政事務の手続において、他都市との情報連携が開始され、さまざまな手続において、これまで必要であった添付資料が不要になるなど、行政事務へのマイナンバー制度の利用が拡大されています。  聞くところによりますと、国においては健康保険証としての活用など、将来に向けてさらに利便性を高めていくことが検討されており、今後ますます国民生活に身近な制度になるものと思われます。   もっと読む