4385件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

堺市議会 2019-12-20 令和 元年第 6回定例会-12月20日-05号

4.環境保全と経済成長が両立した産業構造へと転換するとともに、エネルギー消費の少ない都市構造への変革を進め、自然環境の保全や花・緑や水辺を活用したまちづくりを進めること。  5.日本政府ならびに各自治体、特にSDGs未来都市に対し、「気候変動非常事態宣言」への連携及び取り組みを強く求めていくこと。  以上、決議する。  以上、よろしくお願いをいたします。

堺市議会 2019-12-06 令和 元年第 6回定例会-12月06日-03号

その席で報告をされた酒井和子さん、堺自然観察会に所属をしていらっしゃいまして、鉢ヶ峯の里山をフィールドとして植物観察や調査活動に取り組んでいる方でありますが、自然環境への影響を考えるというテーマで話をされました。今失ったら、もう二度と元に戻らないのではないかと。先ほどお示ししましたように、ゴルフ場やミカン畑、ハーベストの丘等に囲まれたこの緑地、これは辛くも残った自然林であるとお話をされました。

堺市議会 2019-11-28 令和 元年第 6回定例会−11月28日-01号

南部丘陵においては、散発的な開発や残土処分などによる土地利用転換により、依然として緑地が減少しており、当該地における自然環境や営農環境への影響のほか、昨今の異常気象に伴う風水害への備えが必要とされていることから、緑地がもつ洪水緩和や水資源貯留といった水源涵養機能への影響や残土埋め立て工事に伴う市民生活への影響を心配する市民の声が後を絶たない。  

川崎市議会 2019-10-07 令和 1年 10月まちづくり委員会-10月07日-01号

等々力緑地につきましては、今回の提案は、公園緑地緑地施設の問題にとどまらず、都市の利便性と自然環境を兼ね備えた多摩川流域全体の都市空間のさらなる発展に一石を投じる可能性がある。また、本事業は、我が国において、官民連携の先導的なモデルケースとなる可能性も秘めている。

川崎市議会 2019-09-26 令和 1年 決算審査特別委員会(まちづくり分科会 第2日)-09月26日-09号

最後の質問なんですけれども、公園緑地の魅力向上に向けた取り組みについて、千葉県野田市の清水公園では、公園自然環境の中でフィールドアスレチックをする施設が大変人気だと聞いており、本市でも公園の持つ自然環境を利用するなど、公園の魅力づくりが大変重要だと思います。見解と今後の進め方について伺います。

川崎市議会 2019-09-25 令和 1年 決算審査特別委員会(総務分科会 第2日)−09月25日-03号

臨海部ビジョンを貫く基本理念では、産業エリアとしてだけではなく、自然環境や暮らし、学びの機会が充足した地域を目指すべきであるとしています。ことしも夏休みの自由研究川崎市で世界最高水準の科学技術を体験し、科学を身近に感じてもらうことを目的としたキングスカイフロント夏の科学イベントが開催されました。同イベント開始以降の参加状況の推移について伺います。

熊本市議会 2019-09-24 令和 元年第 3回環境水道分科会−09月24日-01号

1番の施策といたしまして、魅力ある多様な自然環境の保全を掲げております。  まず、水保全課分でございますが、主な取り組みといたしまして、地下水の質と量の保全及び公共水域の水質保全でございます。  2番の実績としましては、まず、質の保全でございますが、水道水源の全てを地下水で賄います本市にとりましては、硝酸性窒素削減対策は喫緊の課題でございます。

熊本市議会 2019-09-24 令和 元年第 3回経済委員会−09月24日-01号

農水局では、第7章において、豊かな自然環境をいかした活力ある農水産業の振興とする基本方針のもと、中間見直しにおいては園芸農業などの地域の特色を生かした農水産業の振興、担い手への農地の集積・集約化と生産基盤の整備・保全の推進とともに、農水産物のブランド化や高付加価値化、販路開拓・拡大を強化することを明確にする方向で一部修正を行っているところでございます。  

熊本市議会 2019-09-24 令和 元年第 3回環境水道委員会-09月24日-01号

環境局所管の施策の基本方針でございますが、中間見直し以降も引き続き、誇るべき良好な自然環境の保全と地球環境問題への積極的な対応を基本方針に掲げ、地球温暖化対策の推進、恵まれた水資源の保全、生物多様性の保全、ごみ減量・リサイクルの推進等、良好な生活環境を維持・形成するための取り組みを進めてまいります。  

熊本市議会 2019-09-17 令和 元年第 3回予算決算委員会−09月17日-01号

魅力ある多様な自然環境の保全についてでございます。  まず、1点目ですが、検証指標実績値の状況等に関しまして、実績値が検証値よりも減少していることについてお尋ねいたします。  2点目ですが、平成31年4月から施行されたつながりの森づくり補助金に関し、現在の状況と今後の方針につきまして御見解を求めたいと思います。  

熊本市議会 2019-09-05 令和 元年第 3回定例会−09月05日-02号

これまで営々と築き上げてこられた地域農業農地を、それを取り巻く伝統や文化自然環境と一緒に子供や孫の世代にしっかりと引き継いでいくことができるよう地域における話し合いをしっかりと行っていただきまして、厳しい環境の中にあっても、夢のある農業の未来を描いていただきたいと思います。  続きまして、スポーツ振興についてお尋ねいたします。  

川崎市議会 2019-08-23 令和 1年  8月まちづくり委員会-08月23日-01号

◎新西 広域道路整備室羽田連絡道路建設担当課長 今回、設計施工一括発注方式にさせていただいたという背景でございますけれども、羽田連絡道路工事につきましては、やはり自然環境を保全するといったことですとか、航空制限があるとか、または構造的に結構複雑な部分がございまして、かなり難易度の高い工事になるということが予測されておりました。

川崎市議会 2019-07-02 令和 1年 第3回定例会−07月02日-07号

川崎の母なる川多摩川は、市内でも貴重な自然環境と多様な生命が共存する空間であるとともに、多摩川河川敷の運動施設は、総合計画にあるとおり、まさに市民共有の大切な財産となっております。さまざまなスポーツ・レクリエーションに利用され、市民スポーツの振興、健康づくり地域のきずなの強化に大変貢献しているところであります。そのため、利用者の方々からは、安全、快適に利用できるよう整備が求められております。

静岡市議会 2019-07-01 令和元年 市民環境教育委員会 本文 2019-07-01

本当に井川湖周辺の自然環境のよさは乗船しなければわからないぐらいのものがあるなと感じまして、ぜひとも観光客の皆さんに1年を通して乗船してもらいたいと思いますが、冬は若干寒いので、なかなか乗船する人も少ないのかもしれませんけれども、ぜひとも来た皆さんが乗船できるように水位の確保のため中部電力株式会社とできれば協議をしていただいて、ある程度計画的に管理できるように進めていただきたいことを最初にお願いいたします

川崎市議会 2019-07-01 令和 1年 第3回定例会-07月01日-06号

本市最大級の自然環境財産でもある生田緑地を初め、本市には、大規模な都市公園や一定の面積を有する公園においては、公園の敷地の一部を農的なありようとして活用して、子どもたちへの自然体験や農作業、収穫体験として有意義に活用して、川崎市において貴重な機会を提供している地域存在しているのが実態ですが、本市の公園における農的な利用の位置づけは現在どうなっているのか、今後の取り組みとあわせて伺います。