1459件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北九州市議会 2020-12-09 12月09日-05号

70号 │八幡市民会館及び駅前エリア保存について                   │├─────┼───────────────────────────────────────┤│ 第81号 │公共機関における国旗掲揚に関する内規作成及び内規の厳格な運用について    │├─────┼───────────────────────────────────────┤│ 第84号 │原発ゼロ、自然

仙台市議会 2020-11-20 経済環境協議会 本文 2020-11-20

91: ◯高村直也委員  最後に、住民の皆さんの暮らしを脅かすような乱開発には私も反対ですけれども、自然エネルギー普及というのは大いに進める必要がある、こういう状況だと思います。自然エネルギー普及を阻害する要因として、例えば託送料金の問題ですとか、自然エネルギーに対する出力抑制の問題も指摘されている中にあります。

川崎市議会 2020-11-12 令和 2年 11月環境委員会-11月12日-01号

それは引き続きやっていかなきゃいけないところで、省エネを徹底していくというのは非常に大事なことでございますので、それに合わせて、今後、再生可能エネルギー自然エネルギー活用について、より広く積極的な活用をしていけないかといったところで、新たな取組を検討していきたいと考えております。

仙台市議会 2020-10-21 経済環境協議会 本文 2020-10-21

ZEBはその建築物における一次エネルギー使用量の何%を自然エネルギー省エネ削減したかを示すわけです。エネルギー使用量を100%としたときに何%削減できたかということが明確になるという点があります。脱炭素を目指すということは、文字どおり100%削減することを目指すというわけですから、その意味でZEB指標がはっきりしているわけです。  

さいたま市議会 2020-10-15 10月15日-07号

市民生活委員会関係審査では、指定管理に再移行する市民活動サポートセンターの在り方及びウィズコロナを踏まえた市民活動の持続可能な支援体制空き家等対策事業について、空家特措法または条例に基づく指導を行った成果、食品ロス削減取組地球温暖化が深刻化する中、市として太陽光発電など自然エネルギー活用を広げる努力や、ごみ減量、特に事業系ごみ削減努力を進めることへの見解、消防水利の整備。 

北九州市議会 2020-10-06 10月06日-10号

八幡市民会館及び駅前エリア保存について                   │├──────┼───────────────────────────────────────┤│  第81号  │公共機関における国旗掲揚に関する内規作成及び内規の厳格な運用について    │├──────┼───────────────────────────────────────┤│  第84号  │原発ゼロ、自然

静岡市議会 2020-10-01 令和2年 企業消防委員会 本文 2020-10-01

さて、御質問の、広報活動におけるアウトカム指標としての市民理解度が年々低下していることの原因ですけれども、それまでのアンケートの設問、上下水道の水の循環に関する設問に加え、令和元年度は、自然エネルギー活用、あるいは資源のリサイクル、水源涵養林維持管理という具体的で少し難しい設問が取り入れられたことなどから、知っているとお答えになった方が若干減ったものと分析しております。  

静岡市議会 2020-10-01 令和2年 市民環境教育委員会 本文 2020-10-01

一方で、自然エネルギー普及啓発は必要で、今後ますます需要も増してくると思っています。ぜひ、風電君に代わる取組を推進してください。  環境保健研究所に関しては、老朽化した施設の中で対応しながらも業務をしているという説明をいただきました。視察させていただいたんですが、老朽化狭隘化は本当に喫緊の課題です。

仙台市議会 2020-09-23 令和元年度 決算等審査特別委員会(第1分科会) 本文 2020-09-23

本庁舎が外部から利用できる自然エネルギーとしては、太陽光地中熱、空気の三つがあるわけです。これらを最大限確保することが求められます。太陽光については、取り入れる面積をいかに増やすかということが大事になってくるわけです。  イメージ図では、この図の屋上にある黒色で示したものがありますけれども、空冷ヒートポンプチラーなど、高効率熱源機器と書いてあるものが屋上にあるんですね。

川崎市議会 2020-09-23 令和 2年 決算審査特別委員会(環境分科会 第1日)−09月23日-10号

では、住宅への太陽光設備と同じく、公共施設等への太陽光発電設置についても、設置計画を抜本的に引き上げ、自然エネルギーへの転換に取り組む必要があります。公共施設等への太陽光発電設置計画について、2018年度、2019年度実績と今後の設置計画について伺います。

仙台市議会 2020-09-17 経済環境委員会 本文 2020-09-17

142: ◯高村直也委員  ZEB基準はどれだけ1次エネルギー消費量自然エネルギーなどで賄っているかということなのですけれども、これトータルで、建築物全体でトータルで計算したものになるわけです。シミュレーションのシステムがありまして、数字を入れると機械的に計算されるというシステムになっているのですね。そのために、ZEB基準ですけれども、柔軟な対応ができないという課題があるわけです。

川崎市議会 2020-08-28 令和 2年  8月環境委員会-08月28日-01号

RE100というのは、100%自然エネルギーというか、再生可能エネルギーでやるよということなので、これを10年後までに市役所、区役所等でやるというのは非常に野心的で、私は、もちろん目標設定としてはいいと思いますし、これを実行できたらいいなと思いますので、応援をしたいんですけれども、これはしっかりと来年度とか、遅くとも再来年度には予算がつくようなイメージを皆さんはお持ちということですか。

神戸市議会 2020-07-07 開催日:2020-07-07 令和2年福祉環境委員会 本文

たちは,自然エネルギーによる発電など化石燃料にかわる技術を持っています。今すぐ社会システムを転換すれば気候変動を防ぎ,大気汚染人権侵害をなくすことにも貢献し,多くの人の望む社会が実現できるのです。  この先何十年も生きる私たち若者や子供は,気候変動の危機的な状況に対して無力感を感じながらも,デモやこのような陳情を通して世界各地で声を上げています。