417件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2019-11-25 令和 1年 第5回定例会−11月25日-01号

条例案の内容でございますが、32条から構成されておりまして、下段の第1章総則で「趣旨」を定めた第1条から、50ページに参りまして、上段「無料低額宿泊所の範囲」を定めた第3条まで、下段に参りまして、第2章基本方針で、51ページに参りまして、「基本方針」を定めた第4条、下段、第3章設備及び運営に関する基準で、「配置、構造及び設備の一般原則」を定めた第5条から、64ページに参りまして、下段の「事故発生時の

川崎市議会 2019-11-20 令和 1年 11月環境委員会-11月20日-01号

第1条は総則でございます。  第2条は、当初予算の第5条に定めた債務負担行為をすることができる事項、期間及び限度額を追加するものでございまして、まちづくり局で実施する路線バス利用実態調査委託に係る一般会計への負担金について、期間を令和2年度とし、限度額を1,000万円とするものでございます。  

川崎市議会 2019-11-14 令和 1年 11月文教委員会-11月14日-01号

御意見を整理した結果につきましては、その下の意見の件数と対応区分の表に記載のとおり、(1)の条例制定の趣旨、背景等に関することが9,489件、(2)の前文に関することが52件、(3)の総則に関することが902件、(4)の不当差別のない人権尊重のまちづくりの推進に関することが1,542件、(5)の本邦外出身者に対する不当差別的言動の解消に向けた取組の推進に関することが8,930件、(6)の雑則、罰則

千葉市議会 2019-09-25 令和元年決算審査特別委員会環境経済分科会 本文 開催日: 2019-09-25

260 ◯委員(酒井伸二君) 御存じかどうか、先ほども触れた、例えば、SDGsなんていう話は、もう国のほうでも、新年度の学習指導要領なんかにも組み込まれていっておりまして、ちょうど来年からの学習指導要領なんかを見ると、もう前文とか総則に、要するに持続可能な社会のつくり手の育成なんていうのは、もう具体的に掲げられておりまして、本市の教育委員会としても、8月

川崎市議会 2019-08-23 令和 1年  8月総務委員会-08月23日-01号

第1章、総則の(1)取扱品目でございますが、現行市場業務条例では部類ごとに取扱品目が限定されていましたが、これを緩和し、部類の枠組みを超えて取り扱えるように改正するものでございます。  第2章、市場関係事業者の(1)卸売業者の許可取消、事業譲渡等でございますが、現行は国等が行っていたものですが、改正により卸売市場法から規定が削除されたために市場業務条例に新たに規定を新設するものでございます。  

仙台市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会〔  子育て環境調査特別委員会報告書 〕 2019-06-24

・アプローチカリキュラム      就学前からの取り組み       小学校生活への適応意識した内容       小学校での学習を予期した内容       小学校生活を予期した内容  ○仙台市における幼保小連携・接続の課題   1)保育指針・教育保育要領「総則」の原則を堅持する。   2)資質・能力や10の姿を読み違えて準備説に陥らないこと。   

川崎市議会 2019-03-11 平成31年  3月文教委員会-03月11日-01号

次に、総則でございますが、(1)の目的につきましては、「人権尊重のまちづくりを総合的かつ計画的に推進し、もって人権を尊重し、共に生きる社会の実現に資すること」を定めてまいります。  次に、(2)の定義につきましては、「不当差別」と「本邦外出身者に対する不当差別的言動」の2つの用語について、資料記載のとおり、その意義を定めてまいります。  

川崎市議会 2019-02-08 平成31年  2月環境委員会-02月08日-01号

第1条は総則でございます。  第2条は業務の予定量で、車両数は、乗合344両、貸切5両、年間走行キロは、乗合1,313万7,000キロメートル、貸切6万キロメートル、年間輸送人員は、乗合4,944万人、貸切38万5,000人、1日平均輸送人員は、乗合13万5,082人、貸切1,052人と予定するものでございます。  

川崎市議会 2019-02-06 平成31年  2月環境委員会-02月06日-01号

第1章が総則でございまして、計画の位置付け、対象とする災害災害時に発生する廃棄物についてまとめております。  第2章が基本方針等でございまして、基本方針、災害時の対応における重要な視点、時期区分における対応、災害廃棄物等処理実行計画の策定、処理期間組織体制と時期区分における業務、協力・支援体制、研修・訓練の実施についてまとめております。  

堺市議会 2018-09-12 平成30年 9月12日文教委員会-09月12日-01号

◎後藤 学校指導課長  中学校道徳科の目標につきましては、学習指導要領において第1章総則の第1の2に示す道徳教育の目標に基づき、よりよく生きるための基盤となる道徳性を養うため、道徳的諸価値についての理解をもとに、自己を見詰め、物事を広い視野から多面的・多角的に考え、人間としての生き方についての考えを深める学習を通して、道徳的な判断力、心情、実践意欲態度を育てると示されております。

川崎市議会 2018-06-22 平成30年 第2回定例会-06月22日-05号

教育次長(小椋信也) SDGsについての御質問でございますが、新学習指導要領前文及び総則、各教科等におきましては、持続可能な社会の構築の観点が盛り込まれ、SDGsと理念を共有する姿勢が示されております。持続可能な社会のつくり手を育成し、SDGsの目標達成につなげるためには、その観点を教職員が理解することが大切であると考えております。