4927件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2019-02-25 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号

次に、東京2020オリンピック・パラリンピックについての御質問でございますが、初めに、本市にゆかりのあるパラアスリートについてでございますが、例えば昨年10月に行われたアジアパラ競技大会においてメダルを獲得された水泳、陸上競技、自転車競技、車椅子フェンシング、バドミントンの選手を初め、さらには他の競技においても強化指定選手がおいでになることから、市を挙げてこうしたパラアスリートを応援してまいりたいと

堺市議会 2019-02-25 平成31年 2月25日産業環境委員会−02月25日-01号

◎田中 スポーツ推進課長  競技者の増に伴いまして、堺市民オリンピックへの競技追加希望や、競技内容の整理の検討、障害者スポーツの市民への関心向上に向けた取り組み等に関する御意見をいただいているところでございます。  校区からは、ソフトボール、バレーボール等、競技会場が分散しているため、一体感がないのではないか。選手団の結成や経費等に関する負担が大きいなどの御意見をいただいているところでございます。

堺市議会 2019-02-19 平成31年第 1回定例会−02月19日-03号

◆11番(森田晃一君) 幼児から高齢者まで各年齢層に合わせた参加・体験型の自転車安全教育の研究調査、競技用自転車の体験等を通じ、自転車利用者の裾野を拡大していくということでございます。とても興味深いんですけれども、まだ具体的な内容については検討段階だと思いますので、私から提案させていただきたいと思います。  

川崎市議会 2019-02-12 平成31年 第1回定例会-02月12日-01号

本市では、J1リーグ戦で見事2年連続の優勝を果たした川崎フロンターレや、ライスボウルで3連覇の偉業を成し遂げた富士通フロンティアーズ、さらには、ユースオリンピック競技大会のブレイキン競技で2つの金メダルを獲得した河合来夢さんなどのすばらしい活躍があり、スポーツを通じたまちの盛り上がりを感じました。

川崎市議会 2019-02-08 平成31年  2月まちづくり委員会-02月08日-01号

188ページに参りまして、8項1目公園緑地施設費は32億4,516万3,000円で、主に等々力緑地再編整備や東京オリンピック・パラリンピックに関連した補助競技場の整備、夢見ヶ崎動物公園などに関する公園緑地施設整備事業費、生田緑地などの公園緑地の用地取得事業費及び等々力陸上競技場整備基金積立金などでございます。  

川崎市議会 2019-02-06 平成31年  2月総務委員会-02月06日-01号

これは主に、公営競技全体の売上状況を考慮して、車券売上金の減を見込んだものでございます。市営競輪の開催は13回を予定しておりまして、この内訳は、記念競輪1回、普通競輪12回でございます。  2款繰入金は6,921万8,000円で、競輪施設等整備事業基金からの繰り入れでございます。  3款繰越金は2億円を計上しております。  以上によりまして、歳入合計は189億3,642万円となっております。  

川崎市議会 2019-02-06 平成31年  2月文教委員会-02月06日-01号

他方で、部活の顧問を今やられている先生の6割がその競技経験がないとかということが示されている中で、教諭の人事異動に関してですが、年次の問題とかもあると思うんですけれども、競技経験があるスポーツ、あるいは顧問を希望しているような先生方という、部活の側面から人事配置は影響はしているんでしょうか。

川崎市議会 2019-02-04 平成31年  2月総務委員会−02月04日-01号

、民間事業者と連携し、公共施設を活用したシェアサイクル実証実験を実施し、その効果検証を行うもの、137ページに参りまして、上段の◎、保全緑地整備事業費は、特別緑地保全地区の適正な管理に向けた計画の策定に向け、実態調査及び間伐等の実証実験を行うもの、このページの一番下、東京オリンピック・パラリンピック関連整備事業費は、英国オリンピック・パラリンピック代表チームの事前キャンプ受け入れに向け、等々力補助競技

川崎市議会 2019-01-31 平成31年  1月まちづくり委員会-01月31日-01号

事業対象エリアにつきましては、資料下段の図において赤で囲ったエリアでございまして、現在工事中である等々力水処理センター高度処理施設の上部約6.3ヘクタールを含む都市計画緑地事業の事業認可区域、約42.9ヘクタールとし、そのエリアにおいて、緑地内の一体的、横断的な管理運営手法等や等々力陸上競技場第2期整備やその他の公園施設の整備など、民間事業者から提案を求めたところでございます。  

熊本市議会 2018-12-27 平成30年第 4回定例会−12月27日-06号

                │   │ │    │     │ 北岡自然公園・細川刑部邸・夏目漱石内坪井旧居│142│ │    │     │ 復旧について                │   │ │    │     │ 旧制五高に関わった著名人の、本市としての活用│142│ │    │     │ について                  │   │ │    │     │ 石神山公園にオリンピック競技

さいたま市議会 2018-12-21 さいたま市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月21日−07号

そして、翌9日の代表チャレンジャーの部では、東京2020オリンピック競技大会出場をかけた日本人選手を初め招待選手たちの緊迫したレースが展開されるとともに、フルマラソン一般の部、フルマラソン女子ビギナーの部及び8キロメートルの部のランナーが市内を駆け抜けられました。沿道では地元のグループの方々が踊りや太鼓で応援されるなど、冬晴れの空のもと、声援と熱気に包まれた一日となりました。

相模原市議会 2018-12-20 平成30年 12月定例会議-12月20日−07号

2020年東京オリンピック競技大会に向けましては、カナダボート協会等との県立相模湖漕艇場での事前キャンプに関する覚書の締結や自転車ロードレース競技のコース誘致が実現したほか、ブラジル代表の水泳チームと女子バレーボールチームによるテストキャンプが実施され、選手団と市民との貴重な交流の機会を設けることができました。

川崎市議会 2018-12-19 平成30年 第4回定例会-12月19日-09号

それで、本来あそこをJリーグの試合とは関係なくて使うグラウンド使用の各種競技団体、またアリーナを使う競技団体が全く使えない状況になってしまっているわけです。これはやっぱりこの機会に直さなければいけないと思うんですが、特にこういう状況についての認識というのは御確認いただいているのか教えていただければと思います。 ○議長(松原成文) 中原区長。

熊本市議会 2018-12-19 平成30年第 4回経済委員会−12月19日-01号

3、アマチュア競技の練習や大会は、より短走路であることが望ましく、地元選手会が要望する周長である。4、最も収益性が見込まれ、売り上げが最も高いG1レースの誘致数も多いということでございます。  なお、競輪場の収容人員でございますが、5,000人を見込んでおります。メーンスタンド2,000人、立ち見3,000人、駐車場につきましては500台を見込んでおります。

川崎市議会 2018-12-18 平成30年 第4回定例会-12月18日-08号

周知の方法等について対応を伺いましたけれども、特にこの調査の項目の中でも、市民の関心の高さをうかがわせるのがJ1リーグ連覇を果たしました川崎フロンターレのホームスタジアムである陸上競技場のサイド・バックスタンド整備及び、その他の公園施設の整備等についての提案であります。

川崎市議会 2018-12-17 平成30年 第4回定例会-12月17日-07号

昨年、悲願のJ1リーグ優勝を果たし、ことしも連覇をなし遂げたクラブでありますので、ホームスタジアムである等々力陸上競技場の試合においては年々盛り上がりが増してきていると感じておりますが、メーンスタンドが完成して以降のJリーグ開催時の入場者数の推移について伺います。 ○議長(松原成文) 建設緑政局長。

熊本市議会 2018-12-17 平成30年第 4回定例会−12月17日-04号

(8)石神山公園にオリンピック競技のスポーツクライミング練習施設を。  田尻善裕議員や園川議員が触れられておりましたオリンピック競技、スポーツクライミングについてのお願いです。  今現在、本格的な施設は熊本にはないようです。石神山公園は、深くかかわった議員として思うに、好条件の立地かと思われます。御検討いただけませんでしょうか。都市建設局長、お答え願います。