46件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2020-02-28 令和2年度 予算等審査特別委員会(第5日目) 本文 2020-02-28

4: ◯認知症対策担当課長  認知症と診断された方の実数値につきましては、統計がなく把握しておりませんが、平成26年度厚生労働科学研究補助特別研究事業として行われた日本における認知症高齢者人口の将来推計に関する研究によりますと、認知症有病率は65歳以上人口の約17%から18%とされておりますので、それをもとにいたしますと、本市認知症高齢者は令和2年1月1日現在では約4万5000人と推計されます

神戸市議会 2019-11-01 開催日:2019-11-01 令和元年外郭団体に関する特別委員会 本文

2高度な学術研究推進でございますが,(1)外国学研究拠点としての役割充実では,科学研究補助獲得支援を行ったほか,14ページに参りまして,(2)研究成果等公表促進に取り組むとともに,(3)海外研究機関との学術提携では,インド工科大学学術提携を締結いたしました。  

川崎市議会 2019-01-24 平成31年  1月健康福祉委員会-01月24日-01号

平成29年度から平成31年度にかけて、厚生労働省科学研究補助による研究におきまして、臓器提供施設及び移植施設におけるそれぞれの課題について対応が検討されているところでございます。左下の図、臓器提供施設における課題対応につきましては、図の左側の枠囲い、患者搬送から、意思決定脳死判定臓器摘出術を経て、事後の検証会議までの一連の流れの中での課題対応丸囲い部分となっております。  

堺市議会 2018-09-12 平成30年 9月12日文教委員会-09月12日-01号

そして、これは以前より、きょう初めてではなくて、前から求めてきたことなんですけども、ここに日高先生がつくられた厚生労働科学研究補助エイズ対策政策研究事業ということで、国からの事業でやってるんですけども、これは多様な性を考える事業という冊子がございます。教育長、これはごらんになったことありますか。

川崎市議会 2016-12-19 平成28年 第4回定例会-12月19日-07号

これは厚生労働科学研究補助を活用した全日本墓園協会研究報告が昨年の3月にありましたけれども、こちらでも同様の指摘がされております。本市市営霊園に関する市民意識調査では、墓所を保有している方のうち4%の方が近いうちに無縁化する可能性があると回答をしていただいております。単純計算でも3万区画の4%で1,200区画であります。

熊本市議会 2015-12-03 平成27年第 4回定例会−12月03日-04号

もう一つが、平成26年度厚生労働科学研究補助エイズ対策研究事業により、宝塚大学看護学部研究代表者日高庸晴教授が作成した性的マイノリティの子を持つ父母の手記をまとめた冊子です。  私は、資料を見た瞬間、性的マイノリティは、人口の3から5%、熊本市2万2,000から3万6,500人の文字と数字が目に入りました。

神戸市議会 2014-11-10 開催日:2014-11-10 平成26年外郭団体に関する特別委員会 本文

また,14ページに参りまして,外部資金を活用した研究活動の拡大を図るため,外部講師を招いた説明会を開催するほか,科学研究補助申請アドバイジング窓口継続設置など,運用面も含め総合的に支援いたしました。  (2)研究成果等公表促進では,学術論文などを保存公開するリポジトリシステムを本格実施いたしました。  

札幌市議会 2012-10-31 平成24年第一部決算特別委員会−10月31日-09号

次に、市長政策室に関してですが、札幌市立大学に関する平成23年度の評価報告書の中に、科学研究補助申請率が低く、研究意欲が乏しいとの評価があります。このような教員がいること自体、信じられません。また、学生からの授業評価、卒業生によるアカデミックポリシー評価及びカリキュラムポリシー評価の仕組みが十分に機能していない点についても改善が見られていない旨、指摘されています。

札幌市議会 2012-10-12 平成24年第一部決算特別委員会−10月12日-03号

今後の課題とする項目がございまして、その中に、科学研究補助いわゆる科研費と言っているものがありますが、申請率が低く、研究意欲が乏しい旨の表現があるのですね。このような教員がいるということ自体が私は信じられないのですが、この点について理事者のお考えをお聞かせ願います。

神戸市議会 2012-09-07 開催日:2012-09-07 平成24年外郭団体に関する特別委員会 本文

(1)外国学研究拠点研究成果発信では,科学研究補助申請相談窓口を設置するなど,申請支援体制を強化しました。また,第17回国際ヒマラヤ言語学シンポジウムを開催し,当該学術分野の国際的な研究拠点としての役割を果たしました。  14ページをお開きください。  (2)研究教育をリンクさせた大学院教育では,博士課程研究者海外国際会議研究発表する際の助成制度を新たに実施しました。

札幌市議会 2011-12-12 平成23年(常任)総務委員会−12月12日-記録

次に、外部からの資金調達状況でございますけれども、22年度の外部資金で調達した主な研究費は、お話にもありましたように、科学研究補助というもので29件、3,200万円程度、それから、受託研究費ということで17件、約1,600万円程度となってございます。また、寄附金が約300万円ございまして、外部資金で調達した研究費は、合計して約5,100万円となっているところでございます。  

神戸市議会 2011-11-10 開催日:2011-11-10 平成23年外郭団体に関する特別委員会 本文

2高度な研究教育推進でございますが,(1)外国学研究拠点研究成果発信では,若手教員等科学研究補助への申請支援するほか,国際会議の開催や海外研究機関等との学術提携推進します。  (2)研究教育をリンクさせた大学院教育では,新たな大学院教育の理念に基づいたカリキュラム改革の検討を進め,大学院生を対象とした学術国際会議研究発表助成制度を実施するなど,研究者の育成に努めます。

広島市議会 2010-06-17 平成22年第 3回 6月定例会−06月17日-04号

また,文部科学省独立行政法人日本学術振興会科学研究補助等が66件あり,資金額は約1億3000万円となっております。  こうした外部資金については,開学時から獲得に取り組んでおり,法人化に伴い,新たに資金調達が必要となったものではございません。  次に,外部資金獲得することによる自由な学問等ができなくなるのではないかと,そういう御懸念についての御質問でございます。