24673件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

堺市議会 2019-05-24 令和 元年第 3回定例会−05月24日-03号

男   調査法制課主査  中 西 和 義       調査法制課副主査 西 井 園 絵   議会事務職員   柚木崎 綾 香                〇 議 事 説 明 員   市長職務代理者副市長             副市長      狭 間 惠三子            中 條 良 一   副市長      佐 藤 道 彦       財政局長     坂 本 隆 哉   健康福祉局長

堺市議会 2019-05-24 令和 元年 5月24日健康福祉委員会−05月24日-目次

令和 元年 5月24日健康福祉委員会−05月24日-目次令和 元年 5月24日健康福祉委員会                  目    次             ┌───────────────┐             │ 健康福祉委員会(5月24日)│             └───────────────┘ 出欠席委員……………………………………………………………………………………

堺市議会 2019-05-24 令和 元年 5月24日健康福祉委員会−05月24日-01号

令和 元年 5月24日健康福祉委員会−05月24日-01号令和 元年 5月24日健康福祉委員会  〇出席委員( 8名)        中 野 貴 文            上 田 勝 人        青 谷 幸 浩            西 川 良 平        田 代 優 子            小 堀 清 次        上 村 太 一            長谷川 俊 英  〇

川崎市議会 2019-05-21 令和 1年 議員選出の監査委員に関する全員協議会−05月21日-01号

その間、川崎港港湾審議会委員、都市計画審議会委員、社会福祉審議会委員、神奈川県内広域水道企業団議会議員、神奈川県後期高齢者医療広域連合議会議員など、各種委員を歴任し、それぞれの職責を全力で果たすとともに、また、公明党川崎市議会議員団の団長として、その重責を担ってまいりました。

川崎市議会 2019-05-21 令和 1年 第2回臨時会−05月21日-02号

健康福祉委員会は委員長に押本吉司議員、副委員長に重冨達也議員。まちづくり委員会は委員長に末永直議員、副委員長に後藤真左美議員。環境委員会は委員長に大庭裕子議員、副委員長に露木明美議員。議会運営委員会は委員長に青木功雄議員、副委員長にかわの忠正議員。大都市税財政制度調査特別委員会は委員長に青木功雄議員、副委員長に浜田昌利議員。以上の議員が選任されましたので、御報告申し上げます。           

福岡市議会 2019-05-20 令和元年第2回臨時会(第1日)  本文 開催日:2019-05-20

総務財政委員会  委員長   打 越 基 安 議員      〃     副委員長  古 川 清 文 議員   教育こども委員会 委員長   稲 員 稔 夫 議員      〃     副委員長  山 口 湧 人 議員   経済振興委員会  委員長   はしだ 和 義 議員      〃     副委員長  堤 田   寛 議員   福祉都市委員会  委員長   大 坪 真由美 議員      〃     

福岡市議会 2019-05-20 令和元年第2回臨時会(第1日)  資料 開催日:2019-05-20

─────────────────────── ※議席表 ────────────────────────────────────────────────────                    常 任 委 員 一 覧 表 ┏━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━┓ ┃委員会名│総務財政委員会 │教育こども委員会│経済振興委員会 │福祉都市委員会

川崎市議会 2019-05-20 令和 1年  5月総務委員会−05月20日-01号

総務委員会関係の各種委員のポストは、健康福祉局所管の社会福祉審議会の1つでございます。したがいまして、1名の委員の選出について、御協議をお願い申し上げます。  なお、参考までに、慣例といたしまして例年、委員長の充て職とする方法がとられておりますことを申し添えさせていただきます。以上でございます。

川崎市議会 2019-05-20 令和 1年  5月健康福祉委員会−05月20日-01号

令和 1年  5月健康福祉委員会−05月20日-01号令和 1年  5月健康福祉委員会 健康福祉委員会記録 令和元年5月20日(月)   午後1時00分開会                午後1時13分閉会 場所:605会議室 出席委員:押本吉司委員長、重冨達也副委員長、鏑木茂哉、大島 明、橋本 勝、斎藤伸志、      渡辺 学、小堀祥子、かわの忠正、浦田大輔、織田勝久、三宅隆介各委員 欠席委員

川崎市議会 2019-05-20 令和 1年 第2回臨時会-05月20日-01号

川崎市議会においては、環境委員会委員長、健康福祉委員会委員長を歴任し、その職責を十分に果たしてまいりました。また、市民の切実な願いを我が事として受けとめ、課題解決に粘り強く取り組んでまいりました。気さくで誠実なその人柄から、多くの同僚議員の皆様からも信頼をいただいているところでございます。  

堺市議会 2019-04-26 平成31年第 2回臨時会−04月26日-01号

以前にもお示しをしたスライドでありますが、竹山市長が1期目、2012年の3月の健康福祉委員会で、私は市内の学校法人が経営する幼稚園が、竹山市長の後援会が主催するパーティー券を購入していることについて市長にただしました。その折に、竹山市長は、政治家個人に対する企業団体献金は受け取るべきではないというふうに思っておりますとお答えになっています。

川崎市議会 2019-03-15 平成31年 第1回定例会-03月15日-05号

次に、議案第65号、川崎市児童福祉施設の設備及び運営の基準に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでありますが、審査の結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、請願について申し上げます。請願第54号、川崎市中原消防団住吉分団市ノ坪班器具置場の跡地の活用に関する請願であります。  

北九州市議会 2019-03-14 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月14日−06号

の設備及び運営の基準に関する条例の一部改正につ         いて第36 議案第36号 北九州市放課後児童健全育成事業の設備及び運営の基準に関する条例の一         部改正について第37 議案第37号 北九州市社会福祉施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について第38 議案第38号 北九州市土地改良事業に係る賦課金及び特別徴収金に関する条例の一部改         正について第39 議案第

堺市議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会−03月14日-05号

次に、予算審査特別委員会委員長及び総務財政、市民人権、健康福祉、産業環境、建設、文教の各常任委員会委員長から、去る2月20日の本会議におきまして、各委員会に付託されました案件について、お手元に配布いたしておりますとおり、審査結果報告書がそれぞれ議長に提出されております。

川崎市議会 2019-03-14 平成31年  3月議会運営委員会-03月14日-01号

委員長報告でございますが、総務、文教、健康福祉、まちづくり、環境の各委員長の順でお願いいたします。なお、予算審査特別委員会の委員長報告は、慣例により省略いたします。委員長報告の所要時間でございますが、約30分と見込んでおります。終わりますと、委員長報告に対する質疑となります。  

福岡市議会 2019-03-13 平成31年議会運営委員会 開催日:2019-03-13

なお、委員会条例改正後の各委員会室の利用について、運営理事会で決定したとおり、総務財政委員会は第1委員会室、教育こども委員会は第2委員会室、経済振興委員会は第3委員会室、福祉都市委員会は第4委員会室、生活環境委員会は第5委員会室を利用することになった。

福岡市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第6日)  資料 開催日:2019-03-13

属する事項   オ 会計室の主管に属する事項   カ 他の委員会の所管に属しない事項  (2) 教育こども委員会 13人   ア こども未来局の主管に属する事項   イ 教育委員会の主管に属する事項  (3) 経済振興委員会 12人   ア 経済観光文化局の主管に属する事項   イ 農林水産局の主管に属する事項   ウ 港湾空港局の主管に属する事項   エ 農業委員会の主管に属する事項  (4) 福祉都市委員会

福岡市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第6日)  本文 開催日:2019-03-13

障がい者の移動支援について、福祉乗車証は廃止せず、障がい者のニーズに沿って拡充するとともに、ガイドヘルプの利用や福祉タクシー利用券の交付など、施設入所者に対する外出支援を行うべきとの意見。障がい者の日常生活用具について、人工鼻を発声目的に限定することなく給付されたいとの要望。  

横浜市議会 2019-03-13 平成31年 市民・文化観光・消防委員会

としましては、超高齢社会における救急業務のあり方をテーマとして審議していただき、1、人生の最終段階にある心肺停止傷病者に対する救急隊の応急処置のあり方として、(1)日本臨床救急医学会の提言を受けた横浜市の救急隊の救急活動要領、(2)市民、在宅医療関係者への周知普及方策、2、超高齢社会における救急広報のあり方として、(1)人生の最終段階にある心肺停止傷病者の対応についての広報、(2)在宅医療関係者、福祉施設等