567件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北九州市議会 2020-12-05 12月05日-02号

急迫した状況については、生活保護法解釈と運用において、生存が危うくされるとか、その他社会通念上放置しがたいと認められる程度に状況が切迫している場合、したがって、単に最低生活の維持ができないということだけでは、必ずしもこの場合に該当するとは言えないとされておりまして、本市もこの定義に基づいて判断しているところでございます。 

堺市議会 2020-07-13 令和 2年 7月13日議員総会-07月13日-01号

伊豆丸精二 議員  社会通念上、常識的に考えると、8人でマージャンをしていて、そのうち7人の名前が挙がった。ところが唯一、一人A職員名前が挙がっていない。話の出どころとすれば、唯一名前の出ていないあなたに確認をするというのが、話としては筋が通ると思うんですが、いかがですか。 ◎A職員 そういったことがあるかもしれませんが、なぜ7人しか挙がってなかったのかについては、私は分かりません。

名古屋市議会 2020-07-06 07月06日-16号

外食産業小売業等のサービスを提供する現場で、人格を否定する暴言や謝罪要求など、社会通念上許される範囲を超えた悪質クレームが深刻な問題となっております。 そこで、本意見書は、お手元配付の文案のとおり、国会及び政府に対し、悪質クレームについてのさらなる実態把握調査研究を行うとともに、ガイドラインの策定や法整備を含めた対策の検討消費者に対する啓発等を推進するよう強く要望いたすものであります。 

北九州市議会 2020-03-17 03月17日-03号

柱の4番目、男女共同参画意識が浸透した社会実現では、これまでの社会通念、習慣にとらわれることなく、誰もがその個性や能力を発揮できる社会地域づくりのため、市民団体共同で地道な意識改革に取り組んでおります。更に、柱の5番目、女性に対する暴力の根絶など、安心して暮らせる社会実現では、女性に対する暴力ハラスメントなど人権侵害行為を防止するため、相談窓口の周知など広報啓発を行ってまいりました。

大阪市議会 2020-03-06 03月06日-03号

実際に他の公務のため欠席する場合もございますし、またその行事の趣旨、内容規模等を勘案して、市長ではなく副市長や区長、局長等で対応させていただくケースもございますので、市長公務日程の有無にかかわらず、社会通念上、行事等主催者やその出席者参加者への配慮として、そういった表現を用いているものと考えられます。以上でございます。

堺市議会 2020-02-07 令和 2年 2月 7日竹山修身前市長の選挙資金問題等調査特別委員会−02月07日-01号

これは通常ですね、社会通念上、この敷き引き金というのは、もともと保証金や敷金が幾らかあって、そして使用期間の間に破損したりいろんなものがあった分を引いて、そして敷き引き、引いて返すということになるものなんですね。ところがこれは保証金、敷き引き金という記入になっているので、前回お尋ねをしたんですけれども、この点については保証金は幾らだったんでしょうか。

堺市議会 2020-01-30 令和 2年 1月30日竹山修身前市長の選挙資金問題等調査特別委員会−01月30日-01号

◆宮本 委員  28万円の中に光熱水費、またコピー代ということで、社会通念上、光熱水費が含まれているということはよくあることでございますが、コピー代が含まれている、幾らかかるかも全く枚数等もわからない中でコピー代も含まれているというのは、私のほうからとしては考えにくいというふうに、2万円の中でですね、1日、光熱水費コピー代も含まれて無償提供されているというのは考えにくいなと思っております。

神戸市議会 2019-12-27 開催日:2019-12-27 令和元年文教こども委員会 本文

さらに,別室指導が必要だったとしても,個人の尊厳,もしくは学習権保障の観点からすると,必要最小限とすべきであり,2日間,計16時間の別室指導が必要だったとは考えにくく,指導目的を超えた一種のハラスメント解釈する余地もあり,かかる別室指導社会通念上妥当と言えるか疑問であるとされております。  

川崎市議会 2019-12-18 令和 1年 第5回定例会−12月18日-09号

そこには、道路法第58条第1項に基づく原因者負担金については、公法上の金銭給付義務たる原因者負担金制度の性格から、機能復旧に必要な費用全額負担を命令することの適法性解釈・判例上是認されている一方で、当該費用全額負担させることが社会通念上不当と認められる場合においては、その一部を負担させることとするのが適当であると解されている。

新潟市議会 2019-12-11 令和 元年12月定例会本会議−12月11日-04号

両立支援に必要なことは,休暇制度,それから勤務体制とともに,がんとともに生き,働く時代になったんだと,社会通念を変えていく必要があると考えます。市長が最初に言われましたが,国は大きな流れの中で,両立支援のための動きを加速しています。そして,厚生労働省所管の,治療と仕事の両立支援を目指している新潟産業保健総合支援センターも活発に動いています。  

新潟市議会 2019-12-09 令和 元年12月定例会本会議−12月09日-02号

育児休業については9月定例会で質問していますが,その際「会計年度任用職員制度への移行後は,残された任期の長短ではなく,その雇用が社会通念上,中断されないと認められるかどうかにより判断されますが,国の取り扱いを参考にしつつ,取得を認める方向で今現在,検討を進めている」との答弁でした。検討結果について伺います。 ○議長(佐藤豊美) 井崎総務部長。                  

川崎市議会 2019-11-14 令和 1年 11月文教委員会-11月14日-01号

日本国憲法の保障する法のもとの平等については、各人における現実差異前提として、こうした差異と、法令における取扱い上の違いとの関係が、社会通念から見て合理的である限り、その取扱い上の違いは平等違反ではないとされております。  なお、本邦外出身者に対する不当な差別的言動については、何人も行ってはならないとしておりますので、区分をDといたしました。  続きまして、25ページをごらんください。