運営者 Bitlet 姉妹サービス
11005件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-27 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月27日-06号 契約や事業の執行に当たり、民間事業者のよりよい競争環境が担保されるとともに、事業実施主体として熊本市が専門的な知識と技術を持ち、事業を監修していくべきであることを指摘して、質疑を終わります。 ○くつき信哉 議長  以上で質疑は終わりました。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回環境水道委員会−12月19日-01号 ですから、私はそういう意味で、ここの実績を今言われたんだけれども、我々はそういう意味では知識が乏しいですけれども、村平さんのところはいろいろやられて、実際、今商品化されているというふうに聞きましたけれども、ここは今そういう実績はどういう事業というか、どういう商品をお持ちなんでしょうか。 もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回厚生委員会−12月19日-01号 この施設は、高齢者が要介護状態となることを予防するとともに介護知識や介護予防等の普及を図るための施設でございまして、熊本市お達者文化会館など、市内に3施設がございます。  指定管理者は株式会社パブリックビジネスジャパンを代表といたします2者で構成されます介護予防支援施設管理運営共同企業体でございまして、指定期間は2022年3月31日までの3年間でございます。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回教育市民委員会−12月19日-01号 これまで、本市における性的マイノリティに関する取り組みといたしましては、3に記載のとおりでございまして、性別記載欄の全庁調査及び不要な性別欄の見直し、LGBTなどのサポートハンドブック、熊本市職員として知っておくべき基礎知識の発行、職員、市民を対象とした研修などを行ってまいりました。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回教育市民分科会−12月19日-01号 規制のない部分での犯罪の知識を、私たちが想定できないような犯罪が多分起こる可能性があるということをとても心配していますけれども、ぜひそういう情報の専門家とかも入れていただいて、警察の中にもあるでしょうけれども、客観的な方々を入れられることも一つ抑制になっていくのかなというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。 もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回厚生分科会−12月19日-01号 ◆西岡誠也 委員  仕事をする中で連携だったり、委託する先がプロですから間違いないと思うけれども、その辺の検査が正しいとか、その辺の問題とか、トータルとしてやはり判断する必要があると思うんですが、どうも委託をするメリットが余りないような気がして、4,000万円安くなるけれども、その中で仕事をする人たちが専門的な知識を持ってやられるでしょうけれども、安くなるというのは、その人たちの人件費の分ではないかと もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回総務分科会−12月19日-01号 税務組織の改編についてですが、まず組織改編の趣旨ですが、業務の効率化・平準化を図るため、賦課と徴収の業務を本庁に集約化すること、また集約化することで税務知識を継承できる体制とし、高度な専門知識を有する人材を育成すること。その上で、各種証明発行や納税相談などの市民に身近な税務窓口については、各区役所に継続して設置するものであります。 もっと読む
2018-12-18 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月18日-05号 職員の再任用に当たりましては、在職中に培った知識や経験が活用できるよう、配属先について配慮を行いますとともに、後輩職員の指導育成を担うことも重要な役割として任用いたしております。   もっと読む
2018-12-17 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月17日-04号 議員御提案のスポーツクライミングは、道具などを使用せず、整備された安全な環境で行われる競技であり、その練習施設を新たに屋外に設置する場合、屋根を設けるなど非常に大がかりな施設となるため、既存施設を利用し設置されることが多く、さらに専門的な知識を持った人員配置も必要とされております。   もっと読む
2018-12-14 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月14日-03号 しかし、私は、子供や高齢者や人を相手にする職業については、専門的知識や経験が必要であり、言語や文化の違いのある外国人労働者では対応できないものと考えています。具体的には、医療、福祉、教育、保育、そしてバスや鉄軌道を担う公共交通関連の業務に携わる、医師、看護師、介護職、教師、保育士、運転手等については、日本人で対応すべき職種と考えるものです。  市長にお尋ねします。 もっと読む
2018-12-13 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-12-13 防災リーダーの養成については計画的に取り組み、29年度に塾修了者が当初目標の1,000名を超えたところではありますが、地域防災力の向上のため、防災知識を有する人材の育成の必要性はますます高まり、市内各地域に防災リーダーが居住されていることが望ましいと考えております。 もっと読む
2018-12-13 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月13日-02号 ここで、これからの子供たちにとって必要な知識や能力とはどのようなものなのか、改めて考えてみたいと思います。  この問いに対する答えのヒントとして、日本時間11日未明、ノーベル医学・生理学賞を受賞した京都大学名誉教授の本庶佑氏の言葉を紹介したいと思います。   もっと読む
2018-12-12 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第2日)  本文 開催日:2018-12-12 葛飾区の伝統工芸士の高齢化や後継者不足は深刻であり、そのすぐれた伝統工芸技術、技法を後世に継承するために、全国から伝統工芸に興味のある講習生を募り、伝統工芸士のもとで技能の概要や基本知識の学習、制作体験などの講習会を経て弟子入りへとつなげていくという事業であります。事業期間中の指導、育成料及び講習生の住居費、生活費の一部を区が伝統工芸士側に補助する事業であります。   もっと読む
2018-11-08 川崎市議会 平成30年 11月環境委員会-11月08日-01号 このページは目次となってございまして、全体の構成といたしまして、第1章では下水汚泥焼却灰の保管の経緯について、第2章では放射線の基礎知識、第3章では下水汚泥焼却灰(保管灰)の処分についてを説明するものとなっております。  それでは、各章の記載内容について簡単に御説明いたしますので、資料右下にページをお示ししています1ページをごらんください。 もっと読む
2018-10-05 川崎市議会 平成30年 決算審査特別委員会(全体会 第2日)−10月05日-12号 また、川崎大師周辺の商店街では商店主が講師となり、自身の持つ技術や知識をお客様にお伝えするまちゼミが実施されているほか、専門家を継続的に派遣するエリアプロデュース事業を活用し、お客様のニーズを捉えた個店の魅力を高める取り組みが行われております。 もっと読む
2018-10-04 神戸市議会 開催日:2018-10-04 平成30年決算特別委員会第2分科会〔29年度決算〕(保健福祉局) 本文 その中で国は来年度,予算の概算請求として外国人技能実習生が日本語や専門知識を学習する学費補助制度を新設することを発表しております。そのこと自体には賛否両論あることは承知しておりますが,自治体ベルでも外国人技能実習生の側面支援に力を入れていかなければならないと私は考えています。 もっと読む
2018-10-02 京都市議会 平成30年 10月 決算特別委員会第2分科会(第2回)-10月02日−02号 一番下の児童養護施設退所者等支援の充実は,327名の児童養護施設等の退所者を対象とした施設等退所者の生活状況及び支援に関する調査を実施するとともに,青少年活動センターを拠点とした相談窓口を設け,交流事業を行うなどの支援事業の実施や,退所者自身が退所後の社会生活を送るうえで必要な知識を入所中から身に付けるためのハンドブック,船出のためのナビの発行などを行いました。  母子保健対策でございます。   もっと読む
2018-09-28 熊本市議会 平成30年第 3回定例会-09月28日-06号 指定管理者は、美術館の設置目的を効果的に達成できる団体であって、1、美術館の運営が住民の平等利用を確保することができること、2、美術館の効用を最大限に発揮させる、その管理経費の縮減が図られる事業計画になっていること、3、事業計画に沿った管理を安定して行う能力を有していること、4、美術館教育の分野等において、十分な専門的知識を持つ学芸員を有していること。 もっと読む
2018-09-28 川崎市議会 平成30年 決算審査特別委員会(健康福祉分科会 第2日)−09月28日-07号 そんな中、本市には専門的な知識を有した消防職員が多く勤務しており、例年、定年退職などで多くのOBを輩出してきております。団員の不足状況を打開する取り組みが求められる今、最優先は、現在お力添えをいただいている消防団員の皆様の御意見を尊重しながら意見集約を図り、OBの入団を促すなどの制度づくりについて議論を進めていただきたく要望し、質問を終わります。 もっと読む
2018-09-28 川崎市議会 平成30年 決算審査特別委員会(環境分科会 第2日)-09月28日-11号 今後につきましては、経営の効率化や職員の退職動向などを踏まえながら、新規採用を適切かつ継続的に行うとともに、豊かな経験と知識を有する退職職員の再雇用を行うことなどにより、技術の継承に努めてまいりたいと考えております。以上でございます。 ◆井口真美 副会長 技術の継承というのは、期間を決めて、1年、2年でマニュアルどおりやってくださいというふうにできるものではないと思います。 もっと読む