5851件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-07-03 令和 元年大都市税財政制度・災害対策調査特別委員会−07月03日-記録

これに対する改善に向けた取り組みといたしましては、右側の二つ目と三つ目の丸ですが、人工呼吸器等を使用している方に対し、停電時にも使用可能な用品等の給付を検討するとともに、社会福祉施設を対象とした非常用自家発電設備整備補助事業の実施を進めているところでございます。  最後に、(8)その他でございますが、アに記載のとおり、初動期における生活物資の確保に課題がございました。

川崎市議会 2019-07-02 令和 1年 第3回定例会−07月02日-07号

総務企画局長(大澤太郎) 新本庁舎についての御質問でございますが、初めに、新本庁舎の水害対策についてでございますが、新本庁舎は、大規模水害を想定した設計としておりまして、水害の影響を受けない高さ約18メートルに位置する超高層棟の4階以上に、非常用発電機など重要な設備を配置することとしております。

新潟市議会 2019-06-28 令和 元年 6月28日環境建設常任委員会−06月28日-01号

議案第44号令和元年度新潟市一般会計補正予算関係部分について,環境部環境政策課の地域電力事業は,新田清掃センターでの廃棄物発電の余剰電力など民間事業者と共同で設立する地域電力会社を通じて市有施設供給するもので,大いに評価するとともに,今後地域の低炭素化,地域経済の活性化につながるよう,エネルギー施策の推進に取り組まれたい。

札幌市議会 2019-06-27 令和 元年第一部議案審査特別委員会−06月27日-03号

一方、発電能力は、夏は発電に特化し、高効率発電を目指しておりますけれども、現在の1時間当たり約5,000キロワットを2倍の1万1,000キロワットにする計画であります。これを月間の発電量に直しますと約818万キロワットで、この発電量は一般的な世帯に直しますと約3万500世帯で使うことが可能となっております。

新潟市議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日環境建設常任委員会-06月26日-01号

この報告は,平成23年3月の福島第一原子力発電事故に伴い,本市浄水場で発生する放射性物質を含む浄水汚泥の保管や処分,東京電力に対する賠償金請求収入状況などについて,毎年本委員会において報告しているものです。報告事項は3点です。1点目が浄水汚泥の直近の放射性物質濃度です。2点目が平成30年度末の浄水汚泥の保管量等です。3点目が現在までの東京電力からの賠償金収入等についてです。  

新潟市議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日市民厚生常任委員会-06月26日-01号

また,障がい福祉施設整備事業は,国の補正予算に対応し,2月定例会で補正予算化したもので,国から交付決定のあった障がい者支援施設1棟の非常用自家発電設備整備に対する補助金です。ともにさきの2月定例会において繰越明許費設定の承認をいただき,令和元年度へ繰り越したことを報告するものです。 ○伊藤健太郎 委員長  ただいまの説明に質疑はありませんか。

札幌市議会 2019-06-25 令和 元年第二部議案審査特別委員会−06月25日-02号

最後に、要望になりますが、非常用自家発電設備で見ますと、用途をスプリンクラーなどの消防用設備に限定せず、施設機能の維持・継続に活用している施設は少数であると聞いております。施設の意向も確認しながら、さまざまな機会を捉えて非常用自家発電設備の強化を推進していただきたいと考えております。  また、昨年の地震の際に、一部の施設では非常用自家発電設備が作動しなかったという話も聞いております。

新潟市議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日市民厚生常任委員会-06月25日-01号

全46件のうち,危機管理防災局については,44番,原子力発電所の安全対策,45番,北朝鮮による拉致問題の早期解決,46番,東日本大震災に係る避難者支援の3点です。それぞれ説明します。  提案・要望書をごらんください。初めに,86ページ,44番,原子力発電所の安全対策についてです。

新潟市議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日総務常任委員会-06月25日-01号

次の再生可能エネルギー地産地消事業は,新田清掃センターで発電した電力を市有施設供給するため,民間事業者と共同で地域電力会社を設立するための出資金になります。  その他として,幼児教育保育無償化や会計年度任用職員制度など,制度改正に対応するためのシステム改修などを行うほか,来年4月に更新を迎えるコールセンター電話交換運営事業は,契約に向けた準備を行います。

仙台市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会〔  新たな本庁舎・議会棟の整備調査特別委員会報告書 〕 2019-06-24

1)オープンで安心して利用できる庁舎(バリアフリー化)    2)環境にやさしい庁舎(雨水利用や屋上緑化太陽発電)    3)高度情報化に対応した庁舎(庁内LAN)    4)危機管理に対応した庁舎(震度7に耐え得る構造、災害備蓄倉庫)    5)堺のまちづくりを先導する庁舎(市民交流促進スペース、市民広場)  (3)議事堂の概要   ・議会フロアは本館の10階から12階までの3フロア。

川崎市議会 2019-06-20 令和 1年 第3回定例会−06月20日-03号

この中の防災のための重要インフラ等の機能維持では、学校施設等の耐震性や災害拠点病院等の停電時の発電・給水設備内水・浸水対策などが掲げられており、また、国民経済・生活を支える重要インフラ等の機能維持では、電力エネルギー供給の確保や交通ネットワークの確保などが掲げられています。本市の対策について伺います。防災意識社会の構築についてです。

新潟市議会 2019-06-19 令和 元年 6月19日議会運営委員会−06月19日-01号

まちづくりの章では,平成27年3月に策定した新潟市国土強靱化地域計画の推進につながる要望項目を中心とし,また黄色のひと・しごとづくりの章では,創業促進や新たな雇用を生み出す産業への支援,子育て支援策の充実などの項目を,一般提案要望の章では,原子力発電所の安全対策や北朝鮮による拉致問題の早期解決など,昨年度に引き続き,国に要望していきたいと考えています。  次に,A4冊子をごらんください。

福岡市議会 2019-06-18 令和元年第3回定例会(第4日)  本文 開催日:2019-06-18

次に、今後の本庁舎のアセットマネジメントにつきましては、本庁舎は今後、重要な部位や設備等の本格的な大規模改修の時期となりますことから、屋上防水や西側広場の床の改修、受変電設備の更新など、建物の長寿命化や、空調設備の更新による省エネ化や非常用自家発電設備の更新による非常時の稼働時間延長など、機能向上に取り組んでまいります。