862件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

堺市議会 2019-10-21 令和 元年10月21日世界遺産と魅力的なまちづくり調査特別委員会−10月21日-01号

昭和22年と27年には、京都大学考古学研究室が中心となって発掘調査が実施され、3つの埋葬施設と甲冑などの鉄製武具や武器、装身具や埴輪などが出土し、古墳時代中期の副葬品を具体的に示す貴重な資料として学会でも著名な存在となりました。残念ながらこの発掘調査の後、昭和27年に土とり工事によって破壊されました。その後、本市が七観山古墳の堀跡を調査し、古墳の位置や墳丘の規模を明らかにしております。  

新潟市議会 2019-10-15 令和 元年決算特別委員会第2分科会−10月15日-04号

このうち不用額の主なものは,市内遺跡範囲等確認調査事業,これは各種開発や県の圃場整備に係り事前に試掘確認調査を行うものですが,その規模が縮小したことや,埋蔵文化財の本格発掘調査,これは試掘確認調査を行って本格調査が必要と判断された場合に行うものですが,それぞれ発掘調査の規模が縮小したことによるものです。  次に,8ページ,説明欄に沿って主なものを説明します。

川崎市議会 2019-09-26 令和 1年 決算審査特別委員会(文教分科会 第2日)-09月26日-05号

青木功雄 委員 次に、高津区の蟹ケ谷では、蟹ヶ谷古墳群から約1,400年前の前方後円墳が発見されて、今、発掘調査がなされています。ことし3月には発掘調査の現地見学会が開催されて多くの方が訪れていましたが、遠くは愛知県から小学生も来て楽しんでおられました。そこで、発掘調査についてどのような成果が出ているのかお伺いをしたいと思います。

堺市議会 2019-09-25 令和 元年 9月25日産業環境委員会−09月25日-01号

昭和22年に行われた発掘調査で、前方部の石室から、全国で最多24領もの鉄製甲冑が出土したことで知られており、昭和32年には、国の史跡に指定されております。平成5年に、当時の美原町によって埴輪列や葺石の一部を復元し、周辺はガイダンス施設を備えた約1万6,000平方メートル歴史広場として整備いたしました。以上でございます。 ◆白江 委員  ありがとうございます。

熊本市議会 2019-09-24 令和 元年第 3回経済分科会−09月24日-01号

委員会の冒頭にお時間をいただきまして、去る7月5日に中央区呉服町2丁目の遺跡の発掘調査中に発生いたしました事故について、おわびと御報告をさせていただきます。  当日は、民間の共同住宅建設予定地で、発掘調査を行っていたところでございます。壁面が崩落をし、職員1名がお亡くなりになり、職員2名が負傷されたものでございます。  

熊本市議会 2019-09-17 令和 元年第 3回予算決算委員会−09月17日-01号

文化財費の工事請負費270万円は、埋蔵文化財発掘調査現場の電気等工事費として平成30年度予算に計上いたしておりました。電気等工事は年間5件程度を見込んでおり、民間開発事業者等との受託契約に伴い、年度末まで必要となる可能性があったため、迅速に対応できるよう予算を確保し備えていたところでございます。

熊本市議会 2019-08-27 令和 元年第 2回(閉会中)議会運営委員会-08月27日-01号

説明に入ります前に、7月5日に中央区呉服町2丁目の遺跡発掘調査中に発生した事故について、おわびと御報告を申し上げます。  現場は民間の共同住宅建設予定地で、当日は職員計11名で発掘調査を行っていたところ壁面が崩落し、全身生き埋めとなった職員1名がお亡くなりになられ、下肢のみ生き埋めとなった職員2名が負傷されたものでございます。

川崎市議会 2019-07-02 令和 1年 第3回定例会−07月02日-07号

先月の6月から約1カ月、発掘調査が実施されるとお知らせが近隣に配付をされました。この古墳は塚越という名前の由来になったとされ、今回は平成27年3月に発見された石室を調査するとのことでした。そこでまず、塚越古墳の概要を伺います。そして、これまでの調査結果、今回の発掘調査の内容を伺います。 ○議長(山崎直史) 教育次長

新潟市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会本会議−06月21日-04号

1987年の第1次調査から2013年の第19次調査まで発掘調査を行い,2007年からは,遺跡の内容が明らかになった部分から史跡整備に着手し,竪穴住居7棟,環濠と土塁,方形周溝墓,前方後方型周溝墓などを復元し,2014年には古津八幡山古墳の復元整備が完了しました。こちらのパネルをごらんください。(資料を手に持って示す)こちらが復元された現在の遺跡の様子です。

新潟市議会 2019-06-14 令和 元年 6月14日文教経済常任委員協議会-06月14日-01号

③,埋蔵文化財本格発掘調査事業は,各種開発事業により現状保存できない埋蔵文化財包蔵地,いわゆる遺跡について,記録保存を目的とした本格発掘調査や出土品の整理などを行います。  9ページ,④,史跡古津八幡山遺跡確認調査事業は,国指定史跡である古津八幡山遺跡をより適切に保存管理し活用していくため,史跡内外において遺跡の内容把握のための確認調査を行います。  

新潟市議会 2019-03-11 平成31年 3月11日文教経済常任委員会−03月11日-01号

次の埋蔵文化財本格発掘調査事業は,秋葉区両新地区などで出土遺物の整理作業や調査報告書の作成などを行います。  次に,史跡歴史建造物等の保存整備と活用のうち,史跡古津八幡山遺跡確認調査事業以下3事業は,国指定文化財について,平成28年度作成の保存活用計画に基づいて調査や保存整備を行います。  

千葉市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-03-04

加曽利貝塚は、昨年度に特別史跡に指定されて以来、大規模な集客イベントの開催や45年ぶりに再開した発掘調査による新たな発見など、さまざまな取り組みが行われております。以前より、我が会派としても、世界に誇るべき本市の財産であり、市民がその価値や魅力を理解し、誇りを持てる遺跡となるよう、スピード感を持った整備に取り組んでいただきたいと申し上げてまいりました。  

仙台市議会 2019-02-15 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 2019-02-15

史跡における歴史建造物の復元のための条件としては、発掘調査により遺構が確認されること、建築構造の詳細を示す図面があること、古写真があることでございます。これらの条件につきましては、今般の法改正による変更はございません。  次に、仙台城跡整備基本計画の策定についてでございます。  現行の計画は策定から十年以上経過しております。

千葉市議会 2019-02-15 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2019-02-15

文化財産の保全と活用については、特別史跡加曽利貝塚の価値や魅力のさらなる向上を図るため、発掘調査研究を進め、成果を広く発信するとともに、特別史跡加曽利貝塚グランドデザインに基づき、新博物館の整備に向けた基本計画の策定や史跡環境整備を進めるほか、引き続き、縄文体験やイベントを実施いたします。