8141件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会本会議-06月24日-05号

利用基準には,就労,保護者の病気,病人の看護,母親の出産,就学,技能習得,ひとり親の求職活動などの要件があり,就労については,両親ともに勤務時間が午後1時半以降まで,かつ勤務日数が週3日以上であることが要件となっています。  次に,ひまわりクラブの基準の見直しについてです。  議員御指摘のとおり,働き方が多様化していることや家庭の事情によって,状況はさまざまと認識しています。

新潟市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会本会議−06月21日-04号

文部科学省が実施した児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査によれば,平成29年度,病気や経済的理由以外で年30日以上欠席した,文部科学省が定義するいわゆる不登校児童生徒数は,全国で14万4,031人と,過去最多を記録したとありました。平成28年度は,児童生徒1,000人当たりの不登校の児童生徒が13.5人であったものが,平成29年度には14.7人にふえたとしています。

新潟市議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会本会議-06月13日-目次

について     (2) 重度障がい者用グループホームの整備について     (3) 障がいの特性を踏まえた市の障がい者採用試験について    4 市組織におけるハラスメント対策について     (1) 過去5年間におけるハラスメント被害の相談件数と対応状況,及びハラスメントを原因と      する懲戒処分者数について(市長部局,教育委員会)(教育長)(市長)(教育長)     (2) ハラスメントが病気

新潟市議会 2019-03-18 平成31年 3月18日市民厚生常任委員会−03月18日-01号

生活保護担当のケースワーカーが持つケースは,約80件となっていますが,年度途中の職員の退職,病気休暇,特別休暇による職員の不在,長期欠席がある場合,1人の担当ケースが100件を超える場合もあることから,年度途中であっても人員配置を積極的に行い,状況の改善を早急に図るべきと考えます。  障がい福祉課,意思疎通支援事業について,当事者団体や関係者から改善が求められています。

仙台市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第8日目) 本文 2019-03-12

また、「会計年度任用職員には認められない休暇」について質疑があり、これに対しまして、「国から示されている考え方に基づき、有給か無給かの違いもあるが、病気休暇や忌引休暇など、正職員に設けられている休暇の多くは、会計年度任用職員にも認められる。会計年度任用職員に設定されない休暇は、危篤休暇、祭日休暇、ボランティア休暇、配偶者出産補助休暇、男性職員の育児参加のための休暇、妊娠障害休暇である。」

新潟市議会 2019-03-12 平成31年 3月12日市民厚生常任委員会−03月12日-01号

そもそも検診は病気のない方の早期発見,早期治療が目的ですので,毎年,あるいは半年に1回の検査が必要な方は,主治医の先生とよく相談して,保険診療の中での検査,診療という形をとっていただければよろしいと思います。 ◆渡辺有子 委員  胃のエックス線検査をすると必ずひっかかって胃カメラをのまなければいけないが,異常がないという繰り返しになる方は,保険診療にはならないですよね。

横浜市議会 2019-03-12 平成31年 水道・交通委員会

そうすると、そこにいたときにメンタル的な病気が発症したり、そこの職場環境が誘因されて発症したりということもあったのに、しっかり頑張って治療して、また、そこに戻すわけだよね。そうすると、非常にメンタル的に負担の方が多分いるはずなのですね。 

新潟市議会 2019-03-11 平成31年 3月11日市民厚生常任委員会−03月11日-01号

そのうち主なものは,収入や生活費のことなどが約3割,健康や病気,障がいについてが約1割,住まいや仕事探しがそれぞれ約1割を占めているところです。 ◆野本孝子 委員  新規相談の943人のうち,1人が複数の相談を抱えて来ている実態がわかりましたが,私はパーソナル・サポート・センターの職員に知り合いがいるのですが,とにかく相当複雑で困難な事例の相談を受けると悩みを漏らしていました。

堺市議会 2019-03-08 平成31年度予算審査特別委員会-03月08日-03号

◆小堀 委員  先ほど御答弁にあった酸素ボンベキャリアなんですけれども、喫煙される方は1階のそこにポスター張っているのをごらんになったことあると思うんですけど、COPD、この病気が重くなると、ボンベキャリアを持たなきゃならないということで、これ、やっぱり需要も高い。

川崎市議会 2019-03-08 平成31年  3月健康福祉委員会-03月08日-01号

老人は多年にわたり社会に貢献してきた者として敬愛され、健全で安らかな生活を保障するとその理念にうたわれている、そのことから見て、かつては60歳以上の医療費負担がゼロだったというような、長年社会に貢献されてきた方々がお年を召して、いざ病気になったときには安心してお医者さんにかかれるというのが国のあり方だというふうにまずは前提としてお話ししたいと思います。  

北九州市議会 2019-03-07 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月07日−04号

ヤングケアラーにつきましては、年齢につり合わない不適切な家事や家族の世話、それから介護、このどちらかというのがなかなか判別しにくいということ、それからケアが必要な人は、高齢の祖父母に限らず、障害や病気のある親や兄弟姉妹など広範囲にわたり得るということ、それから家族の内情を把握することが難しく、実態が表面化しにくい、こういったことがありますので、調査の実施については、幾らか課題があると思っております。

新潟市議会 2019-03-06 平成31年 2月定例会本会議−03月06日-07号

これらの制度を持続可能なものにしていくためには,私たち市民一人ひとりが健康寿命の延伸を心がけ,認知症にならないように,寝たきりにならないように,病気を重症化させないように,みずからが取り組み,心がけていかなければなりません。それには,医療関係者の理解と後押しが必要ですし,仲間や地域の皆さんの御協力がなければなりません。若いから自分たちは関係ないのではありません。

札幌市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会−03月06日-06号

病気などの不安を抱えた患者さんが、よりよい治療成果を得、また、高度な知識と技術を身につけた医療従事者が厳しい医療現場でモチベーションを保ちながら働き続けるためには、医療の質をマネジメントしていくことが極めて重要であると考えます。  

神戸市議会 2019-03-06 開催日:2019-03-06 平成31年予算特別委員会〔31年度予算〕 (総括質疑) 本文

親が病気のときや育児疲れという理由でも利用ができ,利用者のハードルを低くすることを主眼とした制度であるようです。  神戸市では,児童養護施設などの一時保護の受け入れ先が十分にあると聞いておりますが,保護には至らないけれど,何らかの事情で子供が宿泊できる場所に預けたい場合に,ハードルの低い預かり先があることが虐待の未然防止につながるのであれば導入してはどうかと考えますが,いかがでしょうか。