11422件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

堺市議会 2020-09-30 令和 2年第 4回定例会−09月30日-05号

とりわけ、ものづくり本市基幹産業であることから、市内事業所の99%│ │を占める中小小規模事業者経営をしっかりと下支えし、生産性の向上を図るとともに、成│ │長産業分野への進出や、第二創業など新たな事業展開を積極的に応援するための施策推進を│ │求めておきます。さらに、中小企業人材確保は大きな課題であり、中でも、伝統産業におけ│ │る後継者育成は喫緊の課題であります。

堺市議会 2020-09-24 令和 2年 9月24日総務財政委員会-09月24日-01号

現在の日本では総人口減少が続き、少子高齢化が加速、労働の中核とされる生産年齢人口減少、その中で育児や介護との両立など働き方のニーズ多様化などの課題解決のため、個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現し、一人一人が将来の展望を持てることをめざし、昨年度には働き方改革関連法が施行され、長時間労働に関する上限規制も行われました。

堺市議会 2020-09-23 令和 2年 9月23日建設委員会-09月23日-01号

堺市は大阪府内で最大の農業生産地でもあります。  2つの漁港では、4漁業協同組合が操業しています。ベイエリアで活性化する前に市内産業育成すること、このコロナ禍で大変になっている地元のなりわいを育成することが必要であります。  成長戦略起爆剤だといってカジノ業者1者に頼る開発は危険であると、このことは誰が見てもこの状況では明らかです。世界中のカジノ業者が撤退、縮小している中であります。

北九州市議会 2020-09-16 09月16日-06号

地元産の農作物が安定して流通するには、農作物生産性の確保が必要であり、本市においても北九州市農林水産業振興計画が定められており、農業振興に努めています。 しかし、最近では稲作農家を困らせる外来生物が問題となっています。いわゆるジャンボタニシと呼ばれている外来種のスクミリンゴガイは農業用水路や水田などで繁殖し、放っておくと田植直後の柔らかい稲を食べてしまい、大きな農作物被害をもたらします。 

北九州市議会 2020-09-14 09月14日-04号

次に、8月17日、内閣府が公表した実質国内生産GDPは、前期比7.8%減、年率換算では27.8%減となり、いわゆる経済面でのコロナショックが浮き彫りになっています。このようなときこそ、行政から経済を回していく施策が必要と考えます。 仮に行政投資的経費を削れば削るほど、経済の死を座して待つのみになってしまうのではないでしょうか。

北九州市議会 2020-09-11 09月11日-03号

本市は、全国有数竹林面積を持ち、合馬タケノコというブランド農産物生産されている一方、森林面積の10%を占める竹林1,905ヘクタールのうち適正に管理されている竹林は8%程度で、残りの竹林は放置された状態と推定されます。放置竹林は、竹が周囲の森林に侵入することで、杉、ヒノキといった人工林の健全な生育を阻害しています。

熊本市議会 2020-09-10 令和 2年第 3回定例会−09月10日-04号

先日発表された2020年4月から6月期の実質GDP国内生産前期比年率で28.1%減と、戦後最悪落ち込みと言われております。しかし、前期比でいえば7.9%減であり、他国に比べれば低い状況です。さらに言えば、リーマンショックのときと違い、意図して経済を止めた影響です。  そこで、大事なのはやはり雇用です。

熊本市議会 2020-09-09 令和 2年第 3回定例会−09月09日-03号

これまで健康づくりは、単なる投資、あるいは医療費の削減として捉えられていましたが、健康経営では、健康づくり生産性の向上創造性向上、さらには企業イメージ向上し、人材確保にもつながる重要な経営戦略として捉えています。  企業成長を支援するために、熊本市が積極的に健康経営支援を行う必要があります。

堺市議会 2020-08-07 令和 2年 8月 7日危機に強い安心社会実現調査特別委員会−08月07日-01号

紙の間仕切りシステム業者大阪府と協定を結んでおりまして、大阪北部を震源とする地震でも10台の導入実績がございますが、導入コスト段ボール製と比較いたしまして10倍程度かかること、また導入には受注生産方式によりまして、10台で3日間を要したことなど、実績があることから、本市での調達の対象から外すことといたしました。  

堺市議会 2020-08-05 令和 2年 8月 5日持続可能で魅力的なまちづくり調査特別委員会−08月05日-01号

日本労働生産性を高めるためにはどうしていくのかという部分で、ダイバーシティーという考え方があったと思うんですけれどもね、そういう考え方で取り組む視点も必要なんじゃないかなと私は思っているんですね。そこはちょっと欠けてる部分かなというふうに思います。