4782件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2019-10-04 令和 1年 決算審査特別委員会(全体会 第2日)-10月04日-12号

分煙対策の財源について、障害者福祉事業費における日常生活用具等給付事業について、成人保健対策費におけるがん検診事業について、国民健康保険事業特別会計保健事業費における特定健診について、老人福祉総務費における紙おむつ等の介護用品について、障害者(児)ホームヘルプサービス事業について、発達障害児・者支援体制整備事業について、高齢者等緊急通報システム事業について、社会的ひきこもり対策事業について、要介護生活支援

川崎市議会 2019-09-27 令和 1年 決算審査特別委員会(健康福祉分科会 第2日)-09月27日-07号

◎田邊雅史 病院局長 患者総合サポートセンターについての御質問でございますが、地域包括ケアシステムにおいては、地域で疾患を抱えながら生活する高齢者の増加等に対し、医療のみでなく看護、介護福祉生活支援などを含めた必要なケアを地域において一体的に提供することを目指しております。

川崎市議会 2019-09-24 令和 1年 決算審査特別委員会(健康福祉分科会 第1日)−09月24日-06号

◎砂川康弘 障害福祉課長 重度障害者入浴援護事業についての御質問でございますが、本事業につきましては、障害者総合支援法の地域生活支援事業の一事業に位置づけられており、各自治体地域の特性等に応じて、要綱サービス利用の回数及び費用を定め事業を実施しております。

川崎市議会 2019-09-20 令和 1年 決算審査特別委員会(文教分科会 第1日)-09月20日-04号

そこで、ひとり親家庭等日常生活支援事業費について伺います。これは、ひとり親家庭の親がさまざまな事情により一時的に家事援助や未就学児保育サービスが必要になった際に、利用者の自宅に派遣されたり、支援員の居宅において預かり支援を行うなど、支援員に支払われる謝金ということです。

川崎市議会 2019-09-13 令和 1年 決算審査特別委員会(全体会 第1日)−09月13日-01号

12、ひとり親家庭生活支援では、親と子の将来の自立に向けた支援全体の再構築を行いました。  5款健康福祉費は、支出済額1,422億8,000万円余、翌年度繰越額8億円余で、不用額は56億4,000万円余となっておりますが、これは、生活保護扶助費などの減によるものでございます。  

川崎市議会 2019-09-12 令和 1年 第4回定例会-09月12日-04号

障害者施策は、社会福祉基礎構造改革の流れの中で、施設支援から地域生活支援へと転換が図られておりますが、精神障害のある方の住居の確保は年々困難になっており、加えて平成27年の消防法改正施行令による消防設備の設置義務により、深刻な問題になっております。大都市特有の問題の面もあるため、本市の直近3年の精神障害者数とグループホーム定員数の推移を伺います。

川崎市議会 2019-09-11 令和 1年 第4回定例会-09月11日-03号

次に、高齢者に対する補聴器購入助成についての御質問でございますが、本市におきましては、ひとり暮らし高齢者認知症高齢者等の増加を見据え、住みなれた地域での在宅生活の継続を図り、家族介護負担の軽減に資することができるよう、さまざまな在宅生活支援サービスを実施しているところでございます。

川崎市議会 2019-09-02 令和 1年 第4回定例会−09月02日-01号

12のひとり親家庭生活支援につきましては、親と子の将来の自立に向けた支援全体の再構築を行いました。  次に、健康福祉費でございますが、24ページに参りまして、2の地域包括ケアシステムの推進につきましては、効果的な情報発信により、市民や事業者、関係機関等の理解度の向上と意識の醸成を図りました。

川崎市議会 2019-08-22 令和 1年  8月健康福祉委員会-08月22日-01号

次に、これを受けまして、2、本市施策推進に向けた事業取組として、障害者社会参加推進事業生活支援事業、普及啓発・相互支援事業を位置づけております。その指標といたしまして、①障害者社会参加推進事業では、生活訓練等事業への参加者数とスポーツ大会等への参加者数、事業別の行政サービスコストの3項目を設定したところでございます。  

川崎市議会 2019-07-02 令和 1年 第3回定例会−07月02日-07号

また、高齢者在宅生活支援サービスの中の日常生活用具給付事業では、自動消火器と電磁調理器の2つが対象となっておりまして、これに自動通話録音機を追加することはできないものかと思うものですが、増加している振り込め詐欺対策への対応を強化するため、高齢者の在宅生活を支援する観点から、健康福祉局として新たな対策を講じられないものか、健康福祉局長に伺います。 ○副議長(花輪孝一) 健康福祉局長

静岡市議会 2019-07-02 令和元年 厚生委員会 名簿 2019-07-02

若者相談担当課長         桂 山 洋 一 君    幼保支援課長              安 本 暢 子 君    こども園課長              安 竹 純 一 君    参与兼子ども家庭課長          稲 葉 宣 明 君    児童相談所長              松 下 龍 一 君    葵区副区長兼葵福祉事務所長       荒 田 和 寿 君    葵福祉事務所生活支援課長

新潟市議会 2019-07-01 令和 元年 7月 1日大都市制度・行財政改革調査特別委員会−07月01日-01号

(2),地域支援事業について必要な財政措置を講じ,特に介護予防・日常生活支援総合事業における上限枠の個別判断に当たり,地方公共団体の実情に応じて柔軟に対応すること。(3),地域医療介護総合確保基金について,政令指定都市地域の実情を踏まえた主体的な取り組みができる仕組みになるよう,政令指定都市への配分枠を確保するなどの運営の改善を講ずること。

川崎市議会 2019-06-28 令和 1年 第3回定例会-06月28日-05号

健康福祉局長(北篤彦) 高齢者生活支援についての御質問でございますが、超高齢社会の到来に伴うひとり暮らし高齢者、高齢夫婦のみ世帯の増加等により、今後、高齢者に関する生活支援のニーズが高まり、また、必要とされる生活支援の内容も地域環境等に応じて複雑多様化していることから、専門職等による適切な相談支援や、困り事の解決につながる身近な地域の関係づくりが重要であると考えております。

新潟市議会 2019-06-27 令和 元年 6月27日市民厚生常任委員会−06月27日-01号

2012年には,介護保険法の改正で高齢者の見守りなどの生活支援が国や自治体義務づけられたことは周知のことです。この背景には,ひとり暮らしの増加,消費者トラブル,孤独死,認知症進行,増加などがあります。大江山の高齢者の40%は健康スポーツ,趣味,地域の行事などから少し遠ざかっていたり,家にこもりがちです。ですから,私たちは地域高齢者の支え合いに積極的に取り組んでいます。  

川崎市議会 2019-06-27 令和 1年 第3回定例会−06月27日-04号

チームを常設する等の体制強化の考えについて、平日の夜間、土曜日、日曜日及び祝日におけるアウトリーチ支援に対する医師の対応及び専門多職種のかかわり方について、平日の夜間、土曜日、日曜日及び祝日におけるアウトリーチ支援に対する改善の考えについて、精神障害者の家族からの平日の夜間、土曜日、日曜日及び祝日の対応に関する相談について、新設するひきこもり地域支援センターの位置づけについて、南部地域における地域生活支援

神戸市議会 2019-06-26 開催日:2019-06-26 令和元年福祉環境委員会 本文

具体的な取り組みとして3項目を表に記載しておりますが,このうち令和元年度は表の下段に記載のとおり,(イ)高齢者・障がい者への支援として,生活支援サービスを提供する事業者等の調査や紹介,事業者の存在しない地域でのごみ出し支援の仕組みづくりの検討など,共助によるごみ出し支援を拡大いたします。  

神戸市議会 2019-06-26 開催日:2019-06-26 令和元年総務財政委員会 本文

どこの職場でも病気で休んでいる方というのはもちろんいらっしゃるんですけども,やっぱりそういう病気で休んでいる方,職員のかわりに,係長がかなりかわりに業務をしたりして,ただでさえ,特に生活保護だと,やっぱり対人処遇というのが結構大きな位置を占めてまして,通常の職場の場合だと事務処理をきちんとするということがかなりメーンなのが,それプラス,やはりいろんな問題抱えた方の処遇について係員を指導するというのが生活支援

新潟市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会本会議−06月21日-04号

しかし,調査結果からも,運転免許証返納者に対しタクシー利用券支給など,公共交通の空白地域生活支援策の拡充が必要と考えますが,この点についていかがでしょうか。 ○副議長(佐藤誠) 上所市民生活部長。                 〔上所美樹子市民生活部長 登壇〕 ◎市民生活部長(上所美樹子) 県警の調査についてお答えします。