8524件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

堺市議会 2019-12-20 令和 元年第 6回定例会-12月20日-05号

支援制度の改正を求める意見書       議員提出議案第33号 気候非常事態宣言に関する決議       議員提出議案第34号 障がい児・者の生きる基盤となる「暮らしの場」の拡充を求める意見書  日程第八 議員提出議案第35号 選択的夫婦別姓制度の法制化に関する意見書  日程第九 議員提出議案第36号 新たな国民負担が伴う地方議会議員厚生年金加入に断固反対する意見書  日程第十 議員提出議案第37

堺市議会 2019-12-05 令和 元年第 6回定例会−12月05日-02号

市長は学力の今の現状について物足りなく感じておらっしゃるということもこの日も発言にあり、生の英語生き英語というと語弊がありますけれども、そういったスピーキングの能力等々を、能力まで言いませんね、これぐらいの開催でしたら、その楽しさみたいなものを子どもたちに伝えていくことはいいけれども、それを進めていくがゆえに授業時間が減っていって、実際に学力のところと今のところ、これ結びついていないとかいう指摘

仙台市議会 2019-11-21 健康福祉委員会 本文 2019-11-21

今回仙台市衛生研究所が移転建てかえになるに当たって、視察してきた内容が生きていけばと思いまして、私のほうからも質問をさせていただきます。  今回建てかえ案が出されましたけれども、私たちの社民党会派としてもこれまで老朽化に伴い建てかえを求めてきたところでありますし、また環境諸問題にも対応できるように衛生環境研究所として新たな組織施設にするということを求めてまいりました。

神戸市議会 2019-10-15 開催日:2019-10-15 令和元年決算特別委員会〔30年度決算〕 (意見表明) 本文

そこで,学力向上に向けて学習支援ツールを活用するためにも,各学校フリーに動いている,学ぶ力・生きる力向上支援員を,放課後学習コンピュータールームでの指導を業務とする,設置要綱第2条「次に掲げる業務などを行う」項目に明文化することで,新たな予算の発生もなく,小・中学校が全て平等学力向上へと動き出すと本会議で提案しました。

熊本市議会 2019-10-11 令和 元年10月11日熊本市議会歯と口腔の健康づくりの推進に関する政策条例検討会−10月11日-01号

御承知のとおり、生涯にわたって自分の歯を20本以上持つこと、これは8020運動というふうに言われていますし、私たちは生きるためには口から物を入れていかなければならない、その最初がやはり歯であるわけです。特に生涯にわたって自分の歯を20本以上持つということは、その前に例えば、乳歯や永久歯が次々に生えてくる1歳から中学校ぐらいまでの間が一番虫歯になりやすいという時期であります。

堺市議会 2019-10-03 令和 元年第 5回定例会−10月03日-05号

いま、性的マイノリティへの差別をなくし尊厳をもって生きることを求める世論は、世界でも日本でも大きく広がっている。今年は、アジアで初の同性婚を認める法律台湾で制定された。日本でも、日本学術会議が2017年に、「性的マイノリティの権利保障をめざして」との提言で、性的マイノリティ差別を解消する法律の制定や婚姻の平等を求めている。

仙台市議会 2019-10-02 令和元年第3回定例会(第6日目) 本文 2019-10-02

英語教育に充てる時間も他都市の一・五倍を確保し、将来グローバル社会主体的に行動できる、たくましく生きる児童生徒を育成するとしています。  小学生に英語を教えることで、どこに向かおうとしているのか、明確なビジョンが仙台市にも必要なのではないでしょうか。さいたま市が英語教育で特に大事にしている点は、身につけた英語力を発揮する機会を与えていることです。言葉はコミュニケーションのスキルです。

熊本市議会 2019-09-30 令和 元年第 3回予算決算委員会−09月30日-03号

市民の払った税金で建てた公共施設は、多くの市民に利用されてこそ設置の意義があり、使われた税金が生きてきます。利用促進の目標もなく、維持管理にお金がかかるからその分は利用者の負担だという今の答弁からは、多くの人に使ってもらおう、利用促進していこうという姿勢は見られません。そもそも自治体が設置する公の施設は、正当な理由なく利用を拒むことや利用に当たり差別的な扱いをすることを禁止しています。

仙台市議会 2019-09-27 令和元年第3回定例会(第3日目) 本文 2019-09-27

総合計画の「仙台で暮らす」という視点には、市が地元新聞に全面広告を出したその紙面に、「ひとり暮らしでも心は独りではない仙台」「百歳まで健康生きられるまち」という声を吹き出しで紹介しています。  高齢者にとって、住みなれた場所や地域で安心して暮らし続けることは何よりの願いです。そのための介護の充実をどう図っていくのかは、市の大事な仕事の一つです。

堺市議会 2019-09-27 令和 元年 9月27日健康福祉委員会-09月27日-01号

私も実はずっと犬と暮らす期間が長くて、最近では19年間、ビアデッドコリーという犬と、大型犬なんですが、19年生きまして、最期に安らかに尻尾を振って振って、愛想を振りまいて天国に行きました。僕の場合は、民間の焼却炉つきの家の庭で焼いていただく、焼却していただいて、そこで骨をいただいて、そして供養したという経緯がございます。  

仙台市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第2日目) 本文 2019-09-26

東日本大震災であれだけのことがあったのだから、それを深く心に刻んで生きていくことはもちろん重要であります。  しかし、残された私たちにとってより重要なのは、これまで以上の災害があったとき、どうすれば家族の命を守れるだろうかということではないでしょうか。市民の方々を対象とする災害訓練センターというものが本市にはありません。それがなくて、どうして防災環境都市という看板を背負っていけるのでしょうか。

熊本市議会 2019-09-26 令和 元年 9月26日庁舎整備に関する特別委員会−09月26日-01号

ですから、この資料を見てみますと、ライフサイクルコストの計算ですね、ここを見ると、やはりほら、最初の学者の話は別にして、例えばここは耐震基準適応していると、大丈夫だというときに設備のみ改修ということが生きてくるわけですから、これは、この比較は出てきて当然なものというふうに思っているんです。  ただ、これでお尋ねしたいのが、地下の設備、これは上に上げるということがこの中に入っているのですかね。

川崎市議会 2019-09-26 令和 1年 決算審査特別委員会(文教分科会 第2日)-09月26日-05号

子どもたちの社会的自立や、共生、協働精神を培う視点から、自立に必要な能力態度を育てる教育として、自分をつくる、みんな一緒に生きている、わたしたちのまち川崎の3つの視点で、学ぶこと、働くこと、生きることの尊さを実感して、ふるさと川崎への愛着をもち、将来の川崎の担い手となる人材育成すると理念を掲げているキャリア在り方生き方教育は、将来の川崎市の人材確保のためにとてもすばらしい教育です。

堺市議会 2019-09-26 令和 元年 9月26日建設委員会-09月26日-01号

この考える会より、ことしの4月に3,003名の署名を添えて、市長に対して歴史的町並みが生きるまち、歴史文化を生かしたまちづくりが実現できるように、堺市が当地区の整備並びに規制を実行することを趣旨とします要望書が提出されました。以上でございます。 ◆石谷 委員  昨年建設予定と発表されて、既にもう着工されている11階建ての高層マンションです。工事が進んで、もう高い建物として、今そびえております。