1062件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2019-09-30 令和元年第3回定例会(第4日目) 本文 2019-09-30

仙台港周辺に建設が計画されている二つのバイオマス発電所につきましては、現在、環境影響評価条例に基づく環境アセスメントの手続を行っているところでございます。  今後、有識者から成る審査会からの答申を踏まえ、東北地方の未利用材の活用を図るとともに、施設稼働に伴う環境負荷の低減を事業者に求めてまいりたいと考えております。  温室効果ガスの削減目標についてでございます。  

仙台市議会 2019-09-27 令和元年第3回定例会(第3日目) 本文 2019-09-27

今後も、環境アセスメント手続にのっとり、有識者による審査会等の意見を踏まえながら、事業者に対して環境負荷の低減を求めてまいります。  以上でございます。 51: ◯経済局長(遠藤和夫)私からは、経済局に係る二点の御質問にお答え申し上げます。  まず、仙台都心再構築プロジェクトに係る民間企業等へのヒアリングの進捗状況についてでございます。  

川崎市議会 2019-09-20 令和 1年 決算審査特別委員会(まちづくり分科会 第1日)−09月20日-08号

しかし、その中で、今回環境アセスメント手続で示された超高層巨大マンション計画は全く示されていませんでした。地上146メートル37階建てと、地上92メートル20階建ての建物、合わせて530戸の住宅が整備される計画です。こうした巨大マンションに区役所市民館・図書館が合築されるとなると、移転問題に対する評価も変わってくるのではないでしょうか。

川崎市議会 2019-09-12 令和 1年 第4回定例会-09月12日-04号

鷺沼駅前再開発事業に関する環境アセスメント手続の着手についてです。鷺沼駅前再開発事業について、準備組合環境影響評価方法書の縦覧が8月13日より9月26日まで行われております。これにより、駅前再開発に対する一部事業の概要が示されました。駅前街区の建物の高さは約146メートル、地下2階地上37階、北街区の建物は高さ約92メートル、地下2階地上20階を計画しています。

川崎市議会 2019-09-11 令和 1年 第4回定例会-09月11日-03号

鷺沼駅前地区再開発準備組合が再開発事業に関する環境アセスメント手続に着手し、条例環境影響評価方法書が今月26日まで縦覧されています。同時に、施設計画概要も初めて示され、駅前街区には、地上37階、地下2階、高さ約146メートルの超高層ビルが建設され、北街区においては、地上20階、地下2階、高さ約92メートルのビルがそれぞれ建設される計画となっていることが明らかとなりました。

熊本市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回定例会−06月19日-04号

これも、直接私も携わりましたけれども、もう二十数年以上も前の計画、既に環境アセスメントも何もかも済んでいる、ただ後は実施するのみの状態にあります。  この2路線が整備されますならば、横軸の環状線ともなり、市民病院へのアクセスも向上することが期待されます。これらの道路整備の見込みはどうなっているのでしょうか。  また、下南部画図線の一部の区間は健軍商店街の中を通っております。

川崎市議会 2019-05-31 令和 1年  5月文教委員会-05月31日-01号

次に、第6章、今後の取組といたしまして、再開発事業全体スケジュール(想定)でございますが、令和元年度の環境アセスメント手続、都市計画手続を経て、令和2年度には再開発組合を設立、令和3年度から令和7年度または8年度まで、市民館・図書館の整備を予定している駅前街区工事を、令和7年度または8年度から令和10年度から12年度まで、区役所の整備を予定している北街区工事の実施を想定しております。  

川崎市議会 2019-05-31 令和 1年  5月まちづくり委員会-05月31日-01号

次に、「(2)環境アセスメント都市計画手続の着実な推進」といたしまして、現在、再開発準備組合において、より詳細な検討が進められているところでございますが、今後のスケジュールにつきましては、令和元年度の環境アセスメント手続や都市計画手続を経て、令和3年度の工事着手を目指し、連携した取り組みを進めていくこととしております。  

川崎市議会 2019-03-07 平成31年 予算審査特別委員会-03月07日-04号

また、騒音・振動対策については、環境アセスメント等を踏まえ、その深さ等の状況を考慮しながら、必要に応じて具体的な内容について検討していくこととなります。また、駅間の高低差における勾配の考え方につきましては、鉄道に関する技術上の基準を定める省令第18条及び同省令解釈基準により、最急勾配1000分の35と定められており、その範囲内で検討するものと認識しております。以上でございます。

千葉市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2019-03-06

現在、環境アセスメントも実施されていることから、新年度の準備書段階では、市民に広く周知を図り、寄せられた意見を尊重していただけるよう要望します。また、焼却ごみのさらなる削減を推進するよう、市民や事業者に向けて効果的なPR活動を展開してくださるようお願いいたします。  

川崎市議会 2019-02-25 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号

再開発に関する取り組みにつきましては、再開発準備組合においてより詳細な検討が行われ、平成31年度の環境アセスメント手続や都市計画決定手続を経て、平成33年度の工事着手を目指して事業が進められます。市民意見聴取につきましては、平成31年度には都市計画決定手続の中で素案説明会や縦覧など都市計画について市民意見を伺ってまいります。

仙台市議会 2019-02-22 平成31年度 予算等審査特別委員会(第2日目) 本文 2019-02-22

54: ◯本庁舎建替準備室長  新年度でございますが、本庁舎の建替基本計画策定に約5300万円、新本庁舎の執務空間の検討に約4500万円、そのほか環境アセスメント関連の費用など含めますと、合計で約1億3100万円を計上させていただいてございます。 55: ◯赤間次彦委員  やっぱり市民の皆さんの大事な税金の部分での予算計上でありますので、しっかりとした部分で計画を立てていただければと。  

仙台市議会 2019-02-21 経済環境委員会 本文 2019-02-21

25: ◯環境企画課長  石炭火力発電所に関しましては、仙台パワーステーションの立地後、環境アセスメントの手続中の仙台高松発電所に対しましても、市からの指導によりバイオマス専焼となったところでございまして、今後とも指導方針に基づいて石炭火力発電所の立地については自粛するよう指導してまいりたいと存じます。  

川崎市議会 2019-02-04 平成31年  2月まちづくり委員会-02月04日-01号

◎若林 地域整備推進課長 基本方針策定後、環境アセスメントの手続だとか都市計画の手続の中で市民意見をお聞きする機会がございますので、そのときに意見を聞かせていただくことになると思います。 ◆石川建二 委員 このアセスメントは第何種になるんでしょうか。 ◎若林 地域整備推進課長 大規模建築の新設という事業の種類の第2種行為に該当するのと、第1種または第2種の行為に該当することが想定されております。

川崎市議会 2019-02-04 平成31年  2月文教委員会-02月04日-01号

◎宇留間 まちづくり局市街地整備部長 こちらの再開発事業におきましては、環境アセスメント手続にはかかると伺っておりまして、都市計画手続の前に環境アセスメントの手続を行うと伺っております。 ◆岩隈千尋 委員 アセスの対象事業ならば、だったら何で委員会資料の中に何もそういったものが示されていないんですか。それは示さないものなんですか。それとも、105ページの中のどこかに入っているんですか。

川崎市議会 2019-01-24 平成31年  1月文教委員会-01月24日-01号

◎宇留間 まちづくり局市街地整備部長 スケジュールは逆算する形になろうかと思うんですけれども、いつ工事を着工したいかで、その前に法的な手続をやっていかなくてはいけないというところで、基本的にはその前に再開発組合の設立認可であるとか、その前には都市計画手続、環境アセスメント

千葉市議会 2018-12-13 平成30年第4回定例会(第9日目) 本文 開催日: 2018-12-13

中央区蘇我地区の石炭火力発電所の新設計画ですが、2020年工事着工、2024年運転開始予定で、2017年から2019年の3年間の予定で環境影響評価、すなわち環境アセスメントが行われています。環境アセスメントには三つの段階がありますが、2016年12月から2017年1月にかけて、第1段階である配慮書への意見募集が行われ、本年1月から3月にかけては、第2段階である方法書への意見募集が行われました。

川崎市議会 2018-11-16 平成30年 11月まちづくり委員会-11月16日-01号

右側の下の概要の説明のところで、上段のところは環境アセスメント環境影響評価条例に基づく措置、下段のところは、それに加えて、対策指針、維持管理基準を加えたフローでございます。通常のアセスですと、風の評価を竣工後1年間行って、その報告を行う。それから、3年後に緑の育成状況の報告を市に提出していただくという状況でございます。  

神戸市議会 2018-11-10 平成30年第2回定例市会(11月議会)(第10日) 本文

また,その路線の整備に当たって必要な手続──例えば周辺環境への影響について,条例に準じた環境アセスメントの実施などについても,既にそれについては施してきたところであり,環境基準の維持・達成に支障を起こすことがないというようなことを確認した上で進めているものであり,そのお知らせもしているところでございます。